ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「まちつく!」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「まちつく!」に関する情報が集まったページです。

ミクシィ森田仁基社長インタビュー:
「最後の希望の光」モンストと歩んだミクシィの4年間
4周年を迎えたスマホゲーム「モンスターストライク」は、ミクシィという会社を救ったタイトルとしても知られている。モンストのヒットで、ミクシィはどのように変わったのか? 「モンスト」に立ち上げから関わるミクシィ森田仁基社長インタビュー。(2017/10/30)

ジンガジャパン解散 「諸般の事情」で
米Zyngaの日本法人・ジンガジャパンは12月21日、来年1月31日付けで解散すると公式サイトで発表した。(2012/12/21)

ジンガジャパン、「まちつく!」「モントピア」「もじとも☆」終了
米Zyngaのリストラ方針に伴い、ジンガジャパンがソーシャルゲーム3タイトルを終了。(2012/11/6)

孫社長も大根をかぶって応援:
世界5400万人が遊ぶソーシャルゲーム「FarmVille」、日本に上陸
米ソーシャルゲーム最大手Zyngaとソフトバンクの合弁会社が、日本でゲーム第1弾をリリース。世界で5400万人がプレイする「FarmVille」の日本版を、「mixiモバイル」向けに提供する。(2010/12/1)

出張者に人気の位置情報サービス、トップは「国盗り合戦」
本社・支社や取引先などとの折衝に携わるビジネスパーソンにとって、切っても切り離せないのが出張。最近1年間に出張をした人のうち、出張が好きな人は77.1%と、嫌いな人の22.9%を大きく上回った。ライフネット生命保険調べ。(2010/11/15)

mixi meetup 2010:
「mixiアプリ」がスマートフォンにも 「世界初、3デバイス対応」
mixiのスマートフォン版で、「mixiアプリ」の提供がスタート。まずは「まちつく!」など人気の9アプリで対応。アプリで課金できるサービスも同時にスタートした。(2010/9/10)

米ソーシャルゲーム大手Zynga、「まちつく!」のウノウ買収
ソフトバンクと提携している米ソーシャルゲーム大手Zyngaが、「まちつく!」のウノウを買収。ウノウのゲームを、ジンガジャパンの事業展開のベースにする。(2010/8/6)

調査リポート:
ケータイGPS、サービスの利用実態は
MMD研究所が、携帯電話向けGPSサービスの利用実態調査の結果を発表。GPS機能については8割強が「知っている」と回答しており、現在地の取得や付近のショップ検索、位置情報活用のゲームなどで使われていることが分かった。(2010/5/14)

「サン牧」「まちつく」をモバゲーでも オープン化第1弾ゲーム公開
モバゲーAPIを使ってパートナー企業が開発したゲーム第1段が公開。サンシャイン牧場などmixiアプリで人気のゲームに加え、有料のお色気ゲームも。(2010/1/27)

杉山淳一の +R Style:
第25鉄 位置情報ゲーム『コロプラ』で“130円大回りの旅”を満喫(完結編)
位置情報ゲーム「コロプラ」をしながら、東京近郊区間を大回りする旅、いよいよ完結編。徹夜明けの筆者は予定の行程を無事こなせたのか。1日でたまったのは何プラ? そして旅の終わりに知った「130円大回り」の本質とは――。(2010/1/22)

iPhoneやめました
これまで普通の携帯電話とiPhoneの2台持ちをしていた筆者は、この12月から普通の携帯を1台だけ持ち歩いている。約1年間iPhoneを使い、その魅力も十分理解した上で、それでもiPhoneをやめた理由とは……?(2009/12/24)

ねとらぼ:
「mixiアプリ」モバイル版、アクセス殺到で利用制限 3日で60万ユーザーのアプリも
27日に始まった「mixiアプリ モバイル」にアクセスが殺到し、29日現在もつながりにくい状態が続いている。最も人気のアプリはすでに60万ユーザーを超えている。(2009/10/29)

マネタイズHacks:
ネットサービスにお金を払ってもらうには mixiやpixiv、はてなの“手の内”
広告不況の中、ネットサービスで稼ぐには。ミクシィやライブドア、ピクシブ、はてななどが集まり、自社サービスのマネタイズについて話した。(2009/6/25)

日々是遊戯:
「移動」を遊びに――今日から始める「位置ゲー」のススメ
携帯電話のGPS機能などを活用した、「位置ゲー」なるジャンルが盛り上がっているようです。(2009/5/20)

リリースダイジェスト(5月15日)
Yahoo!ケータイ公式サイトに加わる「占いナビ☆算命学編」の発表や、携帯向けシミュレーションゲーム「まちつく!」のリリース情報など。(2009/5/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。