ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ニコニコアプリ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

闘会議2015:
非電源のアナログゲームエリアで「ワンナイト人狼」を体験してみた
この村に人を食べる人狼がまぎれています。(2015/1/31)

電子書店完全ガイド2013:
「ニコニコ静画(電子書籍)」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内の主要な電子書店の徹底レビュー。そう、これは“書店のレビュー”だ。完全ガイド2013年度版の第8回目は「ニコニコ静画(電子書籍)」を紹介する。(2014/2/19)

テレビ画面でニコニコ動画が楽しめる 「Vita TV」用ニコニコアプリが登場
Vita TVを買った人は合わせてどうぞ。(2013/11/14)

擬猫化したものを擬人化:
“ねこ武将”をネコミミ付けたイケメンが演じる? 「のぶニャがの野望」舞台化
ネコだけどイケメンにしか見えない。(2013/7/19)

ドワンゴ、ウェブマネーと共同で「11(いい)夏キャンペーン」開催
ドワンゴがウェブマネーと共同で「総額101万円! アプリ×電子書籍×チャンネル(アニメ)対象 WebMoney×niconico 11(いい)夏キャンペーン」を開催する。(2013/7/16)

ニコニコアプリでも18歳未満に超過課金、ドワンゴが謝罪 対象は50人・185万円
決済プログラムは4日に修正した。(2013/2/6)

ニコニコアプリでも18歳未満から上限超え課金が判明 50人に186万円分
「ニコニコアプリ」で18歳未満の利用金額制限を超えた課金が見つかったとしてドワンゴとニワンゴが謝罪。対象は50人・合計約186万円分。(2013/2/6)

「PlayStation Awards 2012」発表 「FF XIII-2」「ワンピース 海賊無双」など受賞
ドワンゴのニコニコアプリも受賞した。(2012/12/3)

ニコニコ直販からハムスターの「にくまる」のイヤフォンジャックカバー登場
ニコニコアプリの「僕らのプレイス」のマスコットキャラの「にくまる」がイヤフォンジャックカバーに。(2012/11/5)

ニコニコ動画で障害発生 接続しづらい状況に
8月17日深夜に発生。ニコニコ動画内のポイントサービスの利用もできなくなっている。(2012/8/18)

向谷実さんが「推し車両」を熱く語る 鉄道居酒屋からライブ配信
向谷実さんをゲストに迎え、鉄道居酒屋「Little TGV」で濃厚な鉄道トークを繰り広げる。ニコニコアプリ「プラレールで遊ぼう」のサービスインを記念した生番組。向谷さんら出演者それぞれが好きな車両「推し車両」とは――?配信は2月15日22時0分〜。(2012/2/13)

日々是遊戯:
PS Vita×ニコニコ動画で可能になる「ゲーム実況」ってどういうもの? ニワンゴに聞いてみました
「SCEJ Press Conference」で発表された「ニコニコ」アプリ。将来的には「ゲーム実況」機能の追加も考えているとのことでしたが、これってどういうこと?(2011/9/14)

野島美保の“仮想世界”のビジネスデザイン:
“暇つぶし”とは何か――ゲーム中でも「暇だ」と思う理由
ゲームのきっかけとして挙げられる“暇つぶし”。しかし、ユーザーは、文字通り「暇な時間にあふれている」のだろうか。動画を見ながらゲームをする、電車に乗りながらゲームをする、放置ゲームをしながら別のタスクをするなど、むしろマルチタスクなゲームプレイで忙しそうだ。アンケート調査から、改めて暇つぶしの意味を考える。(2011/2/23)

イメージエポック、「ブラック★ロックシューター」をデフォルメしたブラウザゲーム「ぷちっと★ロックシューター」を発表
イメージエポックは、新作ブラウザゲーム「ぷちっと★ロックシューター」を発表するとともに、ティーザーサイトをオープンした。(2011/2/4)

ニコ動見ながら「ブラウザ三国志」も 「ニコニコアプリ」スタート
ニコニコ動画で、外部のゲームメーカーなどが提供するゲームをプレイできる「ニコニコアプリ」がスタート。動画を見ながら遊べる。(2010/12/9)

「ニコニコアプリ」年内に開始へ ニコ動上で動くアプリ、ユーザーが作成
ニコニコ動画上でさまざまなアプリケーションを開発できる統合環境「ニコニコアプリ」の提供を年内に始める。(2010/2/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。