ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NO MORE HEROES」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「NO MORE HEROES」に関する情報が集まったページです。

Wiiの名作「ノーモア☆ヒーローズ」最新作がNintendo Switchに 開発には白組も参加
人気インディーゲーム「Hotline Miami」とのコラボも示唆。(2017/8/31)

手塚治虫キャラクターをリメイクしたカードゲームだと! 奥浩哉、ヒロアキ、須田剛一、松山洋らが参加
ゲーム業界人がたくさん!(2016/8/23)

これがマーベラスAQLの初陣を飾る作品たちだ! サプライズもあるよ!――マーベラスAQL 新タイトル制作発表会
10月に合併が決定し、社名が変更となったマーベラスAQL。変更後のタイトル群第一陣がついに発表された。稲船敬二氏らが所属する「スーパークリエイターズ」の新たな動きも確認!?(2011/10/6)

週間ゲームソフト販売ランキング:
夏休みに入りましたよ
みんなでリズムに合わせろ。Wii「みんなのリズム天国」がもっとも売れました。タイミングに合わせるだけというシンプルな設計だけに、誰でも遊べるのが魅力ですよね。(2011/7/28)

DeNA、著名クリエイターによるゲーム開発プロジェクトを始動
DeNAは、稲船敬二氏や中裕司氏ら著名ゲームクリエイターのプロデュースによるゲーム開発プロジェクトを始める。作成したゲームはスマホアプリ「Mobage」から配信する。(2011/7/25)

「METAL GEAR SOLID」HD化!:
KONAMI、プラットフォームの垣根を超える「トランスファリング」を提案
KONAMIはE3 2011に出展するタイトルを発表。セーブデータを共有してさまざまな機種で継続してプレイすることができる機能「トランスファリング」を発表した。その第1弾が「METAL GEAR SOLID PEACE WALKER」。「ZONE OF THE ENDERS」もHD化!(2011/6/3)

PS3/Xbox 360向け「シャドウ オブ ザ ダムド」、日本版が今夏発売決定
「ノーモア★ヒーローズ」などを手がけるグラスホッパー・マニュファクチュアの新作アクションゲーム「シャドウ オブ ザ ダムド」の日本版が、今夏にも発売されることが発表された。(2011/5/27)

日々是遊戯:
日本が立ち直った時、必要になるのはゲーム:グラスホッパー13周年イベント「GRASSTREAM2」リポート
3月30日で設立13周年を迎えたグラスホッパー・マニュファクチュアが、新宿ロフトプラスワンにてチャリティイベント「GRASSTREAM2」を開催しました。(2011/4/1)

TGS2010【基調講演】:
“日本制作”の新規ゲームタイトルが、山のように発表されたマイクロソフトの基調講演詳細リポート
TGS初日の基調講演は、マイクロソフトによるもの。日本開発のゲームタイトルが多数発表され、サプライズ山盛りだった本イベントを詳しく紹介する。(2010/9/16)

須田総監督のサイン色紙も当たる――「NO MORE HEROES 2 DESPERATE STRUGGLE」応援・紹介キャンペーン開始
(2010/7/30)

全米最強の殺し屋たちによる死闘ふたたび――「NO MORE HEROES 2 DESPERATE STRUGGLE」10月21日発売決定
Wiiリモコンを振り回しバッタバッタと殺し屋たちを斬り倒していく「NO MORE HEROES」。その続編がついに10月、日本国内でも発売となる。(2010/7/15)

週間ソフト販売ランキング:
挑戦者待つ
「New スーパーマリオブラザーズ Wii」が強すぎて……。(2010/4/22)

ゲッチャTV Gamez出張所:
調合しましょう
最新ゲーム情報番組「ゲッチャTV」2010年4月8日放送分は、「NO MORE HEROES 英雄たちの楽園」、「METAL GEAR SOLID PEACE WALKER 完成披露発表会」、そして「ユーディーのアトリエ〜グラムナートの錬金術士〜囚われの守人」でお送りします。(2010/4/16)

PS3/Xbox 360「NO MORE HEROES 英雄たちの楽」発売日決定
(2010/2/24)

「NO MORE HEROES 英雄たちの楽園」イメージソング決定
(2009/11/30)

週間ソフト販売ランキング:
魂の叫び
気持ちは分かります。(2009/6/18)

「まだ死にたくない」――Wiiゲーム開発会社が「魂の叫び」
「まだ死にたくない」――Wiiゲームが不振のマーベラスの幹部が、新作「王様物語」を予約してほしいと訴えている。同社のゲームは良作でも売れないという。(2009/6/17)

「注文しようぜ! 俺たちの世界」レビュー:
タイトルに偽りなし――義務や使命ではなく“自主性”を重んじます
携帯ゲーム機で気軽に遊べるRPGを探しているなら、冒険したいフィールドを自分の手で注文する「注文しようぜ! 俺たちの世界」がピッタリだ。ストレスのないサクサクした戦闘はハマり度高し!(2008/12/2)

東京ゲームショウ2008:
しょこたんは「グレンラガン」の主題歌も披露!! GMTライブリポート
11日夜、TGSにゲーム大好きアーティストが集結、ライブイベント「GMT2008」が開催された。(2008/10/14)

「NO MORE HEROES」の殺し屋“ドクター・ピース”デビュー
(2008/6/9)

「NO MORE HEROES」リミックスアルバム発売
(2008/3/4)

「NO MORE HEROES オリジナル・サウンドトラック」発売
(2008/1/23)

ITmedia +D Gamesアクセスランキングから2007年を振り返る:
じりじりと次世代機が幅をきかせ出した2007年
今年も残り少なくなりました。学生の方々は冬休みを満喫していますか? 社会人の方は冬のボーナスの使い道は決まりましたか? 恒例のアクセスランキングから、最後に1年を振り返ってみたいと思います。(2007/12/26)

ゲームとともにどこまでも
この冬遊びたいゲームに注目が集まる今回のランキング。今年の冬はゲーム持ってどこに行きますか? でも、忘れてはいけないことがあるのですが……。(2007/12/19)

手軽に使えるXbox 360の「チャットパッド」
12月4日に実施されたXbox 360およびXbox LIVE システム アップデートでは、コミュニケーション機能も強化されました。1月には「Xbox 360 チャットパッド」も発売され、Windows Live メッセンジャーとのやりとりも便利になりますね。(2007/12/12)

こんな下品でエッチなゲームは他にない?――「NO MORE HEROES」発売記念店頭イベント
マーベラスエンターテイメントが12月6日に発売したWii用ソフト「NO MORE HEROES」の記念イベントがソフマップ秋葉原アミューズメント館で行われ、和田康宏氏と須田剛一氏がシルヴィアとシノブを従えて、トイレットペーパーを手にアピールした。(2007/12/6)

マニュアルにはコザキユースケ氏の特別描き下ろしアメコミ風マンガが――「NO MORE HEROES」
(2007/12/5)

PLAYSYLVIAのフィナーレは安藤成子さん――「NO MORE HEROES」
(2007/12/3)

4週連続シルヴィアコスプレに浜田翔子さん登場――「NO MORE HEROES」
(2007/11/19)

グラビアアイドルがシルヴィアに――「NO MORE HEROES」公式サイトでWebコスプレイベント
(2007/11/12)

トラヴィスに癒しを――元気ロケッツとコラボ「NO MORE HEROES」
(2007/11/2)

一般参加も可能な「NO MORE HEROESプレミアムマスコミレビュー試遊会」を開催
(2007/10/26)

「NO MORE HEROES」の早期購入者特典はビーム・カタナ?
(2007/10/25)

ビーム・カタナでメッタ斬り――「ノーモア★ヒーローズ」
マーベラスエンターテイメントは、12月6日にWii用アクションを発売する。目的は殺し屋ランキングのトップに輝くこと!(2007/10/23)

東京ゲームショウ2007:
ようこそ洋ゲーの世界へ! 洋ゲーマニアの熱き語らい――カプコンブース
カプコンと言えば「グランド・セフト・オート」シリーズや「ゴッド・オブ・ウォー」など質の高い海外ゲームのローカライズにも意欲的なメーカー。というわけで特設ステージで開かれたのは、生粋の洋ゲーマニアのトークイベント。洋ゲーが好きで好きでたまらない人たちによる濃い話が展開した。(2007/9/23)

マーベラスエンターテイメントTGS出展タイトル&イベントスケジュール発表
(2007/9/18)

「NO MORE HEROES」試遊台を東京ゲームショウに出展
(2007/9/11)

なぜ51本? 公式サイトで動画を配信――「NO MORE HEROES」
(2007/8/30)

GDC 2007:
「シルバー事件」がDSに移植発表――「パンクは死なない」
GDC最終日の現地時間3月9日、グラスホッパー・マニファクチュア代表の須田剛一氏による講演では、「Punk's Not Dead」と題し、“ゲームは作りはパンクであれ”と推奨。「シルバー事件」の移植についても触れた。(2007/3/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。