ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「オブジェ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!彫刻・オブジェ→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で彫刻・オブジェ関連の質問をチェック

PR:「AQUOS R3」は気持ちいいスマートフォン! 使って満足したポイントはココだ
スマートフォンAQUOSの2019年フラグシップモデル「AQUOS R3」がついに発売された。前モデル「AQUOS R2」で話題を集めた動画+静止画カメラがより楽しく快適に使えるだけでなく、ディスプレイの画質や処理性能も向上した。本機を実際に触って分かった魅力をお伝えする。(2019/6/25)

モルゲッソヨ、金色になって宮崎空港で直立 Twitterで「なぜそこに」と衝撃走る
宮崎空港で例年開催されている国際現代彫刻展で展示中。(2019/6/14)

「ジブリパーク」基本合意締結 「もののけ姫」のタタラ場や「魔女の宅急便」「ハウルの動く城」をイメージした空間も
2022年秋開業へ向けて着々と準備が進められています。(2019/6/1)

ルービックキューブを平べったくアレンジ 回すと色も形も変わる「ルービックフラット3×1」登場
ルービックキューブの「令和モデル」も限定販売。(2019/4/11)

PR:自宅をWi-Fiで塗りつぶせ! TP-Linkのメッシュルーター最上位モデル「Deco M9 Plus」
Deco M9 Plusはコンパクトで洗練されたデザイン、スマートホームハブ機能、家族の安全と生活を守るHomeCare™など、家庭での利用を強く意識した最上位モデルだ。(2019/4/1)

おれたちの戦いはこれからだ! 平成の終わりに感謝の「完」写真を撮影するキャンペーン「平成最後の完写祭」募集開始
テーマソングは「愛は勝つ」。(2019/3/20)

なにその逆輸入! 『幼稚園』付録「びょんびょんらーめん」、幸楽苑が本当に食べられるメニューに
幸楽苑のラーメンをモデルに作られた模型をモデルにして作られたラーメン。さすがにびょんびょんはしません。(2019/3/19)

石を積むアートが見とれてしまうすごさ 「ロックバランシング」とはなんなのか石積みアーティストに聞いた
理解できないほど絶妙なバランスで積み上げられた石が神秘的です。(2019/3/17)

「名前しか知らないあの街」に自転車で行ってみる 【我孫子】で河童と文学の香りに思いを馳せる
今回はミニベロで。(2019/3/7)

比叡が生まれた横須賀海軍工廠ゆかりの施設 「ヴェルニー記念館」に気合! 入れて! 行ってきました!
どどどーん、「陸奥」のホンモノ主砲もでかすぎすごすぎ!(2019/3/1)

泊まれる茶室「hotel zen tokyo」 禅の精神を取り入れたカプセルホテルが日本橋人形町にオープン
海外からの旅行者にも喜ばれそう。(2019/2/26)

東京オートサロン2019 レポート:
スープラやマツダ3が注目集めた東京オートサロン、今後CASEとどう関わるのか
「スープラ」や「マツダ3」などが注目を集めた「東京オートサロン2019」。プロダクトデザイナーの林田浩一氏が、各社の展示内容やコンセプトカーを斬る。(2019/2/25)

「明和電機」初のオフィシャルショップが秋葉原に3月オープン 「ジャンク屋」的な混沌を目指したスペースに
電子工作系クリエイター向けのレンタルスペースも併設。(2019/2/19)

熱をギューツと吸い取る能力者……! 「熱さまシート」の空き箱からクールな強キャラが生み出される
これは頼りになる(確信)。(2019/2/18)

養命酒の中に養命酒……マトリョーシカになった養命酒がキャンペーンのプレゼントに
抱き枕になったりテルミンになったりした養命酒が今度はマトリョーシカに。(2019/2/15)

「ハッピーかい? ガキども!」 夏木マリ、ヘソ出し姿でワンピース“Dr.くれは”を完全再現
キャスティング、最高すぎないか。(2019/2/14)

フォトジェニックうんこやクソゲーを展示 体感型施設「うんこミュージアム YOKOHAMA」が3月15日オープン
人類未体験のウンターテイメント。(2019/2/12)

ラブホの壁一面に寿司、照明にも寿司、床にも寿司 奇抜な寿司コンセプトの部屋に「逆に行きたい」の声
なぜこんな部屋が……? 経営するSARAグループ担当者に取材しました。(2019/2/6)

まるでリアル「千と千尋」 ランタンに彩られた長崎電気軌道の車窓にうっとり
そのまま別世界へ行ってしまいそう。(2019/2/5)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
値段相応? それ以上? 3万〜4万円台のミドルレンジスマホ3機種を撮り比べ
最近、ハイエンドモデルを中心に激しくなりつつあるスマホの「カメラ競争」。翻って、手頃な価格のミドルレンジスマホのカメラって、どうなんでしょう? シャープ、Huawei(ファーウェイ)、OPPO(オッポ)の現行3機種で撮り比べてみるのである。(2019/1/31)

「理想の夫婦で憧れます」 DAIGO&北川景子、3回目の結婚記念日を“ペアネックレス”で祝福
夫婦ショット見たかった!(2019/1/12)

2018年アキバまとめ後編:
光るSSDに電源ケーブル、枯渇が続くRTX 2080 Tiカード……2018年アキバを振り返る
グラフィックスカードはGeForce RTX 2000シリーズが登場し、ストレージは14TB HDDの投入やSSDの値下がりが注目を集めた。そして、コンスタントに週の主役を張っていたのが光モノだ。前編に引き続き、2018年アキバ自作街のトピックスを網羅したい。(2018/12/30)

「完」「神」「www」を立体化 SNS映え間違いなしのカプセルトイ「モジジェ」で新年から大笑いできそう
Twitter映えする写真が撮れそう。(2018/12/30)

タイムアウト東京のオススメ:
一生モノに出会う
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2018/12/25)

「インスタ映え」にも対応:
「腕時計は要らない」派の記者がセイコーの新型体験店に行ってみた
セイコーウオッチが12月20日、体験型の店舗「セイコードリームスクエア」をオープンした。同店には腕時計に関するさまざまな展示や体験設備が充実している。ふらっと立ち寄れるようにすることで新規ユーザー獲得を目指す。(2018/12/20)

In Win、アートオブジェ?と見まがうオープンフレームPCケース 価格もアート級
アユートは、In Win製のアートオブジェ風PCケース「Z-Tower」の取り扱いを開始する。(2018/12/20)

おい、これスゲーぞぉぉぉ? 「ファスナーの船」どんぶらこ 個性的すぎる船がまた隅田川に現る
でもね、隅田川にファスナーが付いたらきっとこんな感じですよ♪ 2018年12月14日から公開。(2018/12/13)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftからのクリスマスプレゼントは欧州に舞い降りる?
日本ではまだ展開していないMicrosoftの公式ストア「Microsoft Store」だが、米国外ではどのような状況になっているのだろうか。さまざまな情報をまとめてみた。(2018/12/13)

思わず息をのむ美しさ! 海や空をそのまま閉じ込めたようなレジン(透明樹脂)アートがステキ
これは欲しくなる……!(2018/12/11)

NASA公式、トニー・スターク捜索を支援するツイート 「アベンジャーズ/エンドゲーム」予告公開を受けて
最高かよ。(2018/12/10)

ディズニーランド「音が出る木箱」、迷惑撮影に伴い撤去か 広報部「改修の一貫 撤去は進行次第」
トゥーンタウンの奥にある、取っ手を引っ張ると動物の鳴き声が出る木箱。SNS人気に伴い、載っかるなど撮影でマナー違反する利用客が増えていました。(2018/12/10)

古田雄介のアキバPickUp!:
ジュエルな輝きを持つRGBメモリがアキバで話題に
輝きを放つRGB LEDを搭載したG.SKILLのメモリが、複数の店舗で先行展示されて話題を呼んでいる。入り口に光モノの巨大オブジェ(?)を掲げるショップもあり、光る自作の勢いは2019年も続きそうだ。(2018/12/3)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
「ビッグデータ」が「notデータ」でAIマジギレ!? “残念なAI導入”を卒業するには
ハロウィーンのお祭り騒ぎのように、AI(人工知能)やロボットブームに沸く日本。「とりあえずAIをしたい」という相談に悩まされてきたAIベンダー担当者が、AIが活用できる分野を紹介する。(2018/11/22)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
“あの事件”の舞台・新潟県十日町市で味わう自然 「サンクス・ツーリズム」のススメ
首都圏に住む人々は新潟県十日町市に借りがある。かつてJR東日本が「事件」を起こしたが、7年前には電力不足を救ってくれた。できれば観光に行こう。暮らしを支えてくれる地域に感謝して訪ねる「サンクス・ツーリズム」を提案したい。(2018/11/16)

500万円を寄付で調達:
ふるさと納税で「鬼太郎ひろば」整備 妖怪の遊具や「鬼太郎の家」 東京・調布市
東京都調布市は「ゲゲゲの鬼太郎」に登場するキャラクターをモチーフにした遊具などを設置した公園「鬼太郎ひろば(仮称)」を整備すると発表。整備費の一部をふるさと納税制度を活用したクラウドファンディングで調達する。(2018/10/31)

「A03」刷新モデルも出るかも?:
KDDI、開発の舞台裏学べる「INFOBAR展」開催 試作品などレアアイテム勢ぞろい
KDDIが東京・六本木で「新・ケータイ INFOBAR展」を開催する。初代モデルの試作品や当時のポスター、新モデル「INFOBAR xv」を操作できる体験ブースなどを設ける。会期は10月31日〜11月12日。(2018/10/30)

ニシキゴイは初め5色だった――初代のウラ話や最新xvの体験もできる「新・ケータイ INFOBAR 展」写真レポート
INFOBARは「レゴ」から始まった。(2018/10/30)

2019年3月に完成:
西武池袋線・飯能駅がリニューアル 自然あふれる“フィンランド風”に変身へ
西武池袋線「飯能駅」の改札内外コンコースとホームの一部がリニューアルされる。フィンランドなど北欧風のデザインとなる。同国発祥の人気作品「ムーミン」の世界観を体験できる施設「メッツァ」が11月に近隣にオープンするため。完成時期は2019年3月の予定。(2018/9/26)

香取慎吾がルーブル美術館で初個展 稲垣&草なぎも駆け付けとびきりの笑顔
初個展でルーブルすげぇぇぇぇ!(2018/9/19)

井戸、落とし穴、家、果ては“海”まで なんでも武器になるRPG「ぶきあつめ」がなんでも過ぎて腹筋崩壊
RPG史上屈指のカオス度。何が起きても動じない心持ちでどうぞ。(2018/9/2)

KDDIもびっくり:
新作「INFOBAR」グッズにファン殺到 クラウドファンディングが目標額の10倍に
KDDIがクラウドファンディング限定で「INFOBAR」グッズを販売。7月中旬〜8月30日にかけて、目標金額の10倍超となる約1200万円が集まった。KDDIも「これほどの反響があるとは」と驚いている。(2018/8/30)

Windows95の「例の迷路」をVRChatで再現する職人現る 懐かしすぎて目から水が……
実際に歩いてみました。VRChatは、VR機器がなくとも体験できます。(2018/8/28)

素人がプロ並みに踊る動画を作れるGAN採用システムのデモ動画
カリフォルニア大学バークリー校の研究者らが「Everybody Dance Now」と題した論文とデモ動画を発表した。GANアルゴリズムを使い、素人がプロ並みのダンスを踊る動画を製作できる。(2018/8/27)

材料技術:
“軽やかな”耐震補強を実現するカーボンファイバー、建築でも採用広がる
小松精練と東京大学 工学部 建築学科 隈研吾研究室は、東京大学構内でイベント「この先に繋げる都市環境のアイディア」を開催。新たな建築材料として、カーボンファイバーによる耐震補強などについて紹介した。(2018/8/22)

auの「INFOBAR xv」、9月4日から予約受付
KDDIは、au 4G LTE対応の携帯電話「INFOBAR xv」の予約受付を9月4日午前10時に開始する。直営店3店では原寸大の模型を展示する他、開発担当者との座談会に参加できる「INFOBARファンミーティング」も開催する。(2018/8/20)

台湾に「FGO」魔神柱が出現! 第1部最終章配信に合わせ台北市街が“特異点”と化す
ソフトクリーム……ではない!(2018/8/16)

人気スマホゲーの世界をリアルに“召喚”:
FGO3周年フェス 台風にも負けぬ熱狂が示すスマホゲーの未来像 
人気スマホゲー「FGO」の3周年記念フェスに記者が潜入取材。世界観を繊細に再現したオブジェや出し物で幅広いユーザーのニーズに応えていた。(2018/7/30)

「鳥取砂丘コナン空港」がリニューアル! 「喫茶ポアロ」やコナンオブジェがパワーアップ
7月28日にグランドオープン。(2018/7/20)

auのINFOBARに新製品 15周年記念モデル「INFOBAR xv」2018年秋発売
Androidベースのフィーチャーフォンとして。(2018/7/12)

“ケータイ”として復活した「INFOBAR xv」 実機を写真で速攻チェック
スマートフォンではなく“ケータイ”として、約11年ぶりに復活を遂げた「INFOBAR xv」。初代「INFOBAR」や「INFOBAR 2」と同じく、ストレート型のボディーにタイル状のテンキーを搭載。そんなINFOBAR xvの特徴を写真で見ていこう。(2018/7/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。