ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「鬼武者」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「鬼武者」に関する情報が集まったページです。

元カプコン稲船敬二さんがニコ生に 今後の活動を語る
元カプコン常務で「ロックマン」や「鬼武者」で知られる、ゲームクリエイター稲船敬二さんが、数カ月の沈黙を破り、今後の活動について初めて語る。視聴者からの質問をメールで募集する。配信は4月4日20時0分〜。(2011/3/10)

カプコン稲船敬二など議論 3Dコンテンツの最先端から
映画やゲームプラットフォームの3D対応が進み、コンテンツの3D化が急がれている。“映像新世紀”への展望を、「ロックマン」シリーズや「鬼武者」シリーズで知られるゲームクリエイターの稲船敬二氏(カプコン)や、作家でゲームも手掛てきた渡辺浩弐氏、映画監督の雨宮慶太氏が語る。(2010/10/14)

PS2「新鬼武者」や「みんなのテニス」、PSP「テイルズ オブ ザ ワールド」がthe Bestシリーズに
(2007/10/4)

サントラとUMD Videoで振り返る「新 鬼武者 DAWN OF DREAMS スペシャルパック」が登場
(2006/5/31)

新 鬼武者、米国の式典「Golden Reel Awards」にて最優秀賞を受賞
(2006/3/9)

「新 鬼武者 DAWN OF DREAMS」レビュー:
RPG要素の導入でよりお手軽に――アクション下手、シリーズファンともにプレイしてみるべし
2001年1月のシリーズ第1作発売から満5年。2006年1月に、“新”と銘打たれた「鬼武者」が登場した。シリーズ通算では第4作に該当するが、なぜ、4ではなくて新なのか。いったい、何が変わったのか。そして従来のシリーズとはどんな関係があるのか。さまざまな視点から、それを検証してみよう。(2006/2/9)

「鬼武者3 PC」がPentium Dに最適化。2画面同時プレイを実現
(2005/12/22)

描きおろしコミックやドラマCD、「新 鬼武者」グッズが登場
(2005/12/20)

アイテム、武器の売買&錬成が可能に――さらなる進化を遂げた「新 鬼武者 DAWN OF DREAMS」
2006年1月26日に発売を予定している、プレイステーション 2用ソフト「新 鬼武者 DAWN OF DREAMS」。今回は武器・防具の強化、技の強化・取得、アイテムの売買や錬成など、冒険を進めるうえで重要な拠点となる「破魔陣」を紹介する。(2005/12/7)

リードテック、「鬼武者3 PC」のグラフィックスカードを発売
(2005/11/28)

「新 鬼武者 DAWN OF DREAMS」公式サイトがリニューアルオープン
(2005/11/22)

アロシステム、「鬼武者3」同梱のカプコン公式ゲームモデルPC発売
アロシステムは、3Dアクション「鬼武者3」が同梱されるカプコン公式ゲームモデルPC「Amphis Onimusha」シリーズを発表した。価格は8万9800円より。また、完全BTO対応の上位モデルも提供される。(2005/11/18)

シリーズ最多“5人の鬼武者”、そして生まれた最強の力「合体鬼戦術」とは――「新 鬼武者 DAWN OF DREAMS」
発売日が2006年1月26日、価格が7329円(税込)に決定したプレイステーション 2用ソフト「新 鬼武者 DAWN OF DREAMS」。今回はシリーズを語るうえで欠かせない「魂吸収」や「鬼戦術」といった要素についてお知らせする。(2005/11/15)

902i専用「新 鬼武者Curtain of Darkness」を配信
(2005/11/11)

テーマソングを歌うのは浜崎あゆみ、発売日は2006年1月26日に決定――「新 鬼武者」完成披露会
カプコンは、「鬼武者」シリーズの最新作として開発が進められているプレイステーション 2用戦国サバイバルアクション「新 鬼武者 DAWN OF DREAMS」の完成披露会を開催。発売日が2006年1月26日に決定したことや、各プロモーション情報が発表された。(2005/11/9)

蒼鬼と十兵衛が対決!? 「新 鬼武者 DAWN OF DREAMS」第3話までの物語を一挙公開
カプコンが、「鬼武者」シリーズの最新作として、プレイステーション 2にて発売予定の「新 鬼武者 DAWN OF DREAMS」。今回は、主人公「灰燼の蒼鬼」の長きにわたる旅の中から、第1話から第3話までの物語の詳細が明らかになったので紹介していこう(2005/10/28)

FOMA 902iシリーズ向けに「新 鬼武者 Curtain ofDarkness」を配信
(2005/10/21)

連携攻撃が可能になった「新 鬼武者 DAWN OF DREAMS」――主要キャラクターの技も公開
カプコンが、プレイステーション 2にて発売を予定している「新 鬼武者 DAWN OF DREAMS」。これまでは主にキャラクターやストーリーを中心に紹介を行ってきたが、今回、本作ならではのシステム「従者システム」と、各主要キャラクターの技が公開された。(2005/10/14)

G-clusterに「バイオハザード」や「鬼武者」などカプコンのタイトルが追加
(2005/9/29)

東京ゲームショウ2005――カプコンブース:
「大神」や「新 鬼武者」などPS 2の話題作が続々登場――Xbox 360「デッド ライジング」も
カプコンブースでは、ようやく情報が明らかにされ始めた、プレイステーション 2用ソフト「大神」や、“ゾンビ”をテーマにしたXbox 360用ソフト「デッド ライジング」など、話題作が合計で14タイトル、プレイアブルで出展されていた。(2005/9/16)

アスク、Razer製ゲーマーマウスに鬼武者3 体験版をバンドル
アスクは、Razer製ゲーマー向けハイエンドマウス「Razer Diamondback」「Razer Copperhead」の2製品に、カプコン製3Dアクション「鬼武者3 PC」の体験版をバンドル販売すると発表した。(2005/9/14)

「新 鬼武者 DAWN OF DREAMS」新キャラクター&TGS出展バージョンの内容を公開
「鬼武者」シリーズ最新作「新 鬼武者 DAWN OF DREAMS」。今回はさらなる新キャラクターと2005年9月16日から18日にかけて、幕張メッセにて開催される「TGS2005」に出展される、本作のプレイアブル版の内容が明らかになったのでお届けする。(2005/9/9)

カプコンブース:
プレイアブル版から紐解く「新 鬼武者 DAWN OF DREAMS」
日本での発売日はまだ決まっていないものの、E3にて早くもプレイアブル版が出展された本作。「鬼武者」シリーズから、どこがどう変わり、変わっていないのか?(2005/5/22)

カプコンブース:
「新 鬼武者」「大神」「BEAT DOWN」など、話題のタイトル16本がプレイアブルで出展
初プレイアブル出展のタイトルの多さが目についたカプコンブースを紹介。日本のみならず海外メディアからの注目度も高い「大神」は、やはりブースの一番人気?(2005/5/20)

柳生十兵衛は女の子として登場――「新 鬼武者 DAWN OF DREAMS」
「新 鬼武者 DAWN OF DREAMS」として動き始めた本作ではあるが、所々に「鬼武者」3部作との関連性が伺える本作ではあるが、あの柳生十兵衛も登場することが発覚した。(2005/5/14)

これまでのシリーズタイトルとの関連性は?「新 鬼武者 DAWN OF DREAMS」
生まれ変わった「鬼武者」としてリリースされる本作。明智左馬介や柳生十兵衛といった面々は出てこない可能性が高いものの、ストーリー的には受け継いでいる部分が多数見られる。(2005/4/28)

鬼武者、ここに復活――「新 鬼武者 DAWN OF DREAMS」プレサイトがオープン
(2005/4/23)

カプコンが出版事業に進出〜第1弾は「鬼武者3」攻略本
(2004/2/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。