ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「折笠愛」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「折笠愛」に関する情報が集まったページです。

声優・音響監督の中嶋聡彦さん逝去 「ガンダムSEED」「サクラ大戦」の親方役などバイプレーヤーとして活躍
告別式や葬儀は近親者で執り行われました。(2017/9/16)

「悔しくて悔しくてとても悲しいです」「やめろよ、もう。バカ」 田中一成さんの早すぎる死、声優仲間ら悲痛な叫び
緒方恵美さんや同期の置鮎龍太郎さん、主役を演じた「プラネテス」の原作者・幸村誠さんら、多くの関係者がコメントを発表しています。(2016/10/11)

声優・折笠愛、ひっそりとTwitterアカウントを開設 「恥ずかしながら超アナログ人間の私ですが」
本人のアカウントであると、所属事務所から確認を取ることができました。(2016/7/26)

ガンダムよ、天に昇れ:
機動戦士Vガンダム、「Blu-ray Box I」発売――シリーズ初の新録キャストオーディオコメンタリーなど特典付
機動戦士Vガンダム「Blu-ray Box I」(第1話〜26話までを収録)が7月24日に発売される。価格は3万4000円(税別)。ニューマスターポジフィルムHDリマスターによる高画質版だ。(2015/7/22)

ジーニアスとプレセアが初めて一緒に収録――折笠愛&冬馬由美が登壇したOVA「テイルズ オブ シンフォニア テセアラ編」先行上映会
12月12日から18日まで開催されているOVA「テイルズ オブ シンフォニア テセアラ編」の先行上映会。今回は、折笠愛さんと冬馬由美さんが登壇した12月14日のイベントをリポートする。(2009/12/18)

サクラ大戦専門ショップ「太正浪漫堂&Sakura Cafe」閉店へ
(2008/2/1)

新作2タイトルも発表――「アルケ祭2007」
今年で3回目となったアルケミストのファンイベント「アルケ祭2007」が東京・新木場にあるSTUDIO COASTにて開催された。ステージでは「この青空に約束を」関連の話題や新作2タイトルについても発表。そしてあの“ウソ企画”も真実であったことが……。(2007/4/23)

ステージに折笠愛さん、こおろぎさとみさんが登場――「アルケ祭2007」
(2007/4/13)

5年待ったかいがありました――ファンのための「テイルズ オブ ファンダム Vol.2」
2002年に発売された「テイルズ オブ」ファンのためのディスクが、最新作「ジ アビス」キャラまでの藤島氏デザインキャラを網羅し、今年夏に発売されることが分かった。(2007/2/23)

最後は“やりたい放題”――サクラ大戦・歌謡ショウファイナル「新・愛ゆえに」公開稽古
2006年8月12日から22日まで、青山劇場で開催される「サクラ大戦・歌謡ショウ ファイナル公演『新・愛ゆえに』」。その公開稽古が2006年7月15日に行われ、出演者より意気込みなども語られた。(2006/7/18)

永遠に終わらないものに――サクラ大戦・歌謡ショウファイナル「新・愛ゆえに」記者会見
2006年6月10日、「サクラ大戦・歌謡ショウファイナル『新・愛ゆえに』」記者会見が開催。1997年7月「帝国歌劇団・花組特別公演『愛ゆえに』」より始まった歌謡ショウも10年目。2006年8月12日〜22日に開催される「新・愛ゆえに」でファイナルを迎える。(2006/6/12)

ファイナルに向けて――「サクラ大戦 新春歌謡ショウ『跳んでる花組♪』」公開舞台稽古
本日、2006年1月4日に開幕する毎年恒例の新春公演「サクラ大戦 新春歌謡ショウ『跳んでる花組♪』」の公開舞台稽古が行われた。今回は歌謡ショウ初の続編、神崎すみれが大喜利初参加と、初物づくしの内容となっている。(2005/12/5)

史上初? ゲームのように3つに分岐する舞台――「サクラ大戦 スーパー歌謡ショウ」公開舞台稽古
2005年7月17日、サクラ大戦 スーパー歌謡ショウ「新・青い鳥」の公開舞台稽古が都内にて行われた。広井氏が“8年間積み上げてきた集大成”と語る舞台は、ゲームを強く意識して製作されている。今回はそんな出演者たちの熱気溢れる稽古の様子と舞台に向けてのコメントをお届けする。(2005/7/18)

「武蔵伝II ブレイドマスター」登場キャラクターの声優陣を一挙公開
(2005/5/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。