ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「機動戦士ガンダムSEED」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「機動戦士ガンダムSEED」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

やっぱ春って最高だ! 「AnimeJapan 2019」、“長蛇の列”形成したコスプレイヤーさんレポート
2日目のコスプレ広場の様子をお届け。(2019/3/24)

「ガンダムアストレイレッドフレーム改」に似ている? 新人VTuber「斗和キセキ」がTwitterで話題に
(2019/3/7)

クレしん“よしなが先生”七緒はるひ、結婚を報告 「ずっと一緒にいたいと言ってくれた彼に感謝」
おめでとうございます!(2019/1/18)

テレビアニメ「はたらく細胞」2話から張り続けてきた伏線を7話で無事回収 「やっぱりな」「そりゃそうだ」
ですよね。(2018/8/22)

アニメーターの阿部邦博さんが死去、50歳 「機動戦士Zガンダム」「少女革命ウテナ」など手掛ける
ご冥福をお祈りします。(2018/8/19)

モバクソ畑でつかまえて:
どう見てもギリギリアウトな「機動少女 -GundamGirls」にあらためて中国ゲームの深淵を見た
そのタイトル大丈夫!? → 何一つ大丈夫じゃなかった。(2018/5/17)

総投票数は174万票:
「全ガンダム大投票」 伊達じゃない「νガンダム」が1位 キャラ部門は女性人気の「オルフェンズ」健闘
1979年の放送から40年目を迎えた「機動戦士ガンダムシリーズ」投票企画の結果が発表された。モビルスーツ部門では1〜5位をガンダム主人公機が独占。作品によって男女比に大きな差があり、女性人気の高い「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場するオルガ・イツカがキャラクター部門で1位になった。(2018/5/7)

5月5日はオルガ記念日! 「全ガンダム大投票」結果発表、いきまーす! MS部門1位はνガンダムに
オルガ1位はお前らが止まらなかったおかげだぞ!(2018/5/6)

アムロとシャアにオルガが割り込む壮絶な展開 NHK「全ガンダム大投票」締め切りまで止まるんじゃねえぞ
MS部門ではニューガンダムがトップに。(2018/4/3)

春のコス祭り! AnimeJapan 2018を熱くしてくれたコスプレイヤーさん大集合
スーパーえなこタイムもあるよ!(2018/3/24)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
人生の異世界トラックに跳ね飛ばされた東大ラノベ作家、コミケで結界をつくる
誰かに認めて欲しかった。存在を認めて欲しかった。(2018/2/25)

「諦めるのはまだ早い」 “THE オタク”から3年かけてイケメンになったコスプレイヤーの劇的変化に驚きの声
見た目がイケメンになると、心もイケメンに。(2017/9/17)

声優・音響監督の中嶋聡彦さん逝去 「ガンダムSEED」「サクラ大戦」の親方役などバイプレーヤーとして活躍
告別式や葬儀は近親者で執り行われました。(2017/9/16)

「2010年代のオタクは、推しに毎日会えるようになった」 ”カップリング表記研究家”に聞く、奥深い同人文化の世界
週一から毎日へ。(2017/9/5)

リアル勇利!? 中国のフィギュアスケーターが「ユーリ!!! on ICE」OPの完コピ動画を公開する
滑った陳沛トウさんは「モチベーションが高いうちに、私は全ての愛とスケートへの熱意をこの動画に注ぎました」とコメントしています。(2016/12/14)

劇場版「マジェスティックプリンス」公開日&前売り特典が決定! 最終話で描かれた決戦直後の物語を描く
特典は平井久司さん描き下ろしクリアファイル!(2016/8/11)

「宇宙戦艦ヤマト2199」も参戦! 「スパロボ」シリーズ25周年記念作品「スーパーロボット大戦V」が発表
ヤマトやナデシコ、ガンダム系戦艦のそろい踏みも楽しみ。(2016/6/9)

大阪でゲーム・アニメ・ボカロ曲の吹奏楽演奏会 マクロスF、ベヨネッタ、二ノ国、素晴らしきニャン生など
関西の吹奏楽団「Another World Fantasia」による第一回定期演奏会「アニメとゲームの吹奏楽」が6月12日に開催。(2016/5/25)

「機動戦士ガンダムSEED」や「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」の脚本家・両澤千晶さん亡くなる
心よりご冥福をお祈りいたします。(2016/2/23)

魂ネイション2015開催記念商品:
プレミアムバンダイ、METAL BUILD「デスティニーガンダム(ハイネ機)」の1次受注は即完売
「魂ネイション2015」開催記念商品として会場で販売されたMETAL BUILD「デスティニーガンダム(ハイネ機)」がプレミアムバンダイに登場するも即完売。2次受注はいつ?(2015/11/9)

上野の森美術館で8月開幕の「大河原邦男展」、会場限定ガンプラなど公開
メカニックデザイナー・大河原邦男の40余年にわたる仕事を振り返る。音声ガイドには保志総一朗や小松未可子といった大河原メカと関わりの深い声優が登場する。(2015/6/25)

25年前のRPG「エメラルドドラゴン」に続編を! 「エレメンタル ドラグーン -2つの光-」ドラマCD製作プロジェクトが始動
共同プロデューサーとして声優・保志総一朗さんも参加。(2015/5/2)

『鉄腕アトム』から『進撃の巨人』まで、TVアニメの50年を振り返る『日本TVアニメーション大全』発売
1963年から2013年までの50年間に放送されたTVアニメ約3500作品の内容や業界の評価、舞台裏などを作品のカットとともに紹介。(2014/12/17)

Huluにバンダイチャンネル作品 「機動戦士ガンダム SEED」「機動警察パトレイバー」など
わーい!!!(2014/9/17)

Huluにバンダイチャンネルが参加 「ガンダムSEED」「パトレイバー」など配信
「Hulu」日本版がバンダイチャンネルとコンテンツパートナーシップを締結。「ガンダムSEED」「パトレイバー」など人気作品を順次配信する。(2014/9/16)

人気アニメが続々登場:
Hulu、バンダイチャンネルと提携──ガンダムSEEDやパトレイバーなどを配信開始
「機動警察パトレイバー」など、人気コンテンツを抱えるバンダイチャンネルとHuluが提携。(2014/9/12)

R25スマホ情報局:
AKB48・田名部生来さんの“オタク的”スマホ活用術=後編=
前編では、AKB48内で人気のスマホアプリを紹介してくれたAKB48の田名部生来さん。今回は、彼女ならではの個性が光るおすすめのアプリを教えてもらいました!(2014/4/9)

BOOK☆WALKER、「新機動戦記ガンダムW」シリーズを一挙配信――購入特典はきせかえ本棚
BOOK☆WALKERで「新機動戦記ガンダムW」シリーズを一挙配信。Gガンダムも来るぞ!(2014/2/12)

ベテランの描く『SEED』外伝が半額に:
「ガンダム電子書籍配信記念キャンペーン第4弾」開始
「毎月10日、26日は”ガンダム配信日”」としているKADOKAWAが、電子書店「BOOK☆WALKER」でガンダムに関連する電子書籍第4弾の配信記念キャンペーンを開始した。(2013/10/11)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/9/17)

弾幕厚め:
ガンダム関連書籍の配信が攻勢――BOOK☆WALKERでは記念キャンペーンも継続
角川書店が、ガンダムに関連する電子書籍第2弾を配信。ブックウォーカーの総合電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」では配信記念キャンペーンとして、『機動戦士ガンダム SEED DESTINY THE EDGE』(久織ちまき)1巻を半額で販売する。(2013/9/11)

あの『機動戦士ガンダムUCバンデシネ』1〜2巻が100円!:
BOOK☆WALKER、ガンダム電子書籍本格配信記念キャンペーン実施中
ブックウォーカーが、運営する電子書店BOOK☆WALKERでのガンダム関連電子書籍を本格配信開始したのを記念し、コミックの特別価格やTwitterと連動した企画などのキャンペーンを実施している。(2013/8/26)

BOOK☆WALKERのガンダム関連コミック第2弾配信作品決定――9月は「機動戦士ガンダムSEED」ほか
電子書店「BOOK☆WALKER」でガンダム関連コミックの電子書籍配信がスタート。9月は「機動戦士ガンダムSEED」「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」など計7作品が登場。(2013/8/21)

原寸大:
大日本技研がまたやってくれた 士郎正宗原作「アップルシード」の「ギュゲス 1/1」制作中!
「ワンダーフェスティバル2013[冬]」の原寸大「PDFクラフト スコープドッグ 1/1」展示で度肝を抜いた大日本技研が、漫画家の石口 十氏と強力タッグ。またもや1/1を制作中です。(2013/4/26)

アニメ「アイカツ!」スーパーバイザー:
水島精二氏にアイドルについて聞いた! アイドルってなんぞ?
水島精二氏というとアニメに詳しい読者諸兄姉には「機動戦士ガンダム00」などの監督として認知されているかもしれません。その水島氏がスーパーバイザーを務めるアニメ「アイカツ!」にちなみ、水島監督にアイドルのことなどを聞いてきました。(2013/3/29)

売れるのには理由がある:
サンライズのアニメーションはこうして作られている
サンライズというとアニメ制作の会社というイメージがある。しかし、数々のヒット作を生み出す秘訣は、サンライズがただのアニメ制作会社でないところにあるという。(2013/3/29)

表計算ソフトの限界に挑戦! Excelを使って描かれたイラストがすごい
知らなかった。Excelは絵を描くためのツールだったんだね!(2012/12/16)

ガンダム、ダグラム、ボトムズ……全機集結! 「超・大河原邦男展」開催
まさにレジェンド・オブ・メカデザイン。(2012/12/10)

大日本技研に聞く:
あなたにも参入可能!? サイドビジネスで始めるキャラクタービジネス 起業編
ガレージキットメーカー「大日本技研」をご存知だろうか。そのユニークな製品の発想方法とは? 「Fate/Zero」のアノ銃や「PSYCHO-PASS サイコパス」の銃も制作している。(2012/10/25)

ガンダムの「ハロ」が肉まんに GUNDAM Cafeに「ハロまん」登場
「ハロまん」はGUNDAM Cafeでテイクアウト専用で販売する。(2012/10/3)

キャラホビ2012:
シャア専用トヨタ車に、自衛隊車両の実物展示も
8月25日、26日に幕張メッセで開催された「キャラホビ2012」では、玩具メーカーはもちろんのこと、自衛隊車両やトヨタ自動車のコンセプトカーの展示などもありました。(2012/8/27)

週間ゲームソフト販売ランキング:
完売とかめでたいですね
ポメラニアンも生き残りに必死。トップはPS3「TOKYO JUNGLE」でした。(2012/6/14)

定額で見放題、聴き放題、ドコモも――スマホ向けサービスで
KDDIに続いてドコモも定額で見放題、聴き放題のスマホ向けコンテンツ配信サービスを発表。月額420円でアニメ見放題の「アニメストア」、月額315円で2000曲超が聴き放題の「MUSICストア セレクション」を提供する。(2012/5/16)

ガンダム立像に新たな演出――「ガンダムフロント東京」の施設やカフェメニューなど一部公開
お台場に当たり前のように立ちすくむガンダム立像をもう見ましたか? オープン間際の「ガンダムフロント東京」の施設やメニュー、グッズ詳細が一部公開された。(2012/3/22)

CSS3だけで描いた「けいおん!」の澪がすごい しかもちょっと動く
アニメ「けいおん!」の澪を、画像を使わずCSS3だけで描いた絵が話題だ。髪や目も少し動く。(2011/12/20)

リマスタープロジェクト進行中:
バンダイビジュアル、「機動戦士ガンダムSEED HDリマスター Blu-ray BOX」を発売
バンダイビジュアルは「機動戦士ガンダムSEED HDリマスター Blu-ray BOX」を来年3月に発売する。初回限定版と通常版の2タイプが登場。(2011/11/4)

ガンプラ、秋葉原に立つ!! 「ガンプラEXPOワールドツアージャパン2011」開催決定
ガンプラの祭典が秋葉原で開催される。バンダイホビーセンターが併設されるほか、ガンプラ作りの世界一を決めるコンテストも実施される。(2011/10/18)

TGS2011:
あ、アムロがふたり居る!?――バンダイナムコゲームスにガンダム芸人登場
今回も数多くのイベントを行った「バンダイナムコゲームス」ブースで行われたイベントリポートを掲載! ガンダム芸人の若井おさむさんと土田晃之さん、声優の古谷徹さんも登場!(2011/9/16)

東京駅にガンダムカフェのインフォメーションストアが登場
ガンダムオフィシャルカフェ「GUNDAM Cafe」のインフォメーションストアが東京駅八重洲口キャラクターストリートに期間限定でオープンする。東京駅でもオリジナルグッズが購入できるようになる。(2011/8/30)

「TIGER & BUNNY」に「機動戦士ガンダムSEED」も! バンダイチャンネルが月額1000円見放題
アニメ配信サイト「BANDAICHANNEL」に月額1000円の見放題サービスが登場。「TIGER & BUNNY」といった最新アニメから「機動戦士ガンダムSEED」などの名作まで110作品以上をそろえる。(2011/7/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。