ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「オスラム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オスラム」に関する情報が集まったページです。

IoTと製造業の深イイ関係(6):
プライベートLTEからローカル5Gへ、ドイツの製造業は進化を止めず
脚光を浴びるIoTだが、製造業にとってIoT活用の方向性が見いだしきれたとはいえない状況だ。本連載では、世界の先進的な事例などから「IoTと製造業の深イイ関係」を模索していく。第5回は、ドイツの製造業が期待を寄せる「プライベートLTE」と「ローカル5G」にスポットを当てる。(2019/4/24)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
Arm MLプロセッサ、明らかになったその中身 ―― 電子版2018年11月号
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版 2018年11月号を発行致しました。今回のCover Storyは、2018年8月に開催された「Hot Chips 30」で明らかになった「Arm MLプロセッサの中身」です。その他、OSRAM Optp Semiconductorsの一般照明事業CEOのインタビューなどの記事を掲載しています。ぜひ、ご覧ください!(2018/11/13)

植物工場にビジネスチャンスを見る:
LEDへ地道に取り組むオスラム、次世代の光技術を聞く
可視光LEDや赤外LED、半導体レーザーなどオプトエレクトロニクス製品の専門メーカーであるOSRAM Opto Semiconductors。同社の一般照明事業でCEO(最高経営責任者)を務めるEmmanuel Dieppedalle氏に、同社製品の最新動向や今後の研究開発方針、そしてビジネスの展望を聞いた。(2018/10/25)

SEMI:
半導体前工程ファブ製造装置への投資、記録更新続く
SEMIが、半導体前工程ファブへの投資が4年連続の増加になる見込みであると明らかにした。2019年はIntelやSK Hynix、TSMC、Samsung、GLOBALFOUNDRIESなど外資系企業が大きく投資することから、中国が前年度比57%という高い伸びを示すと予想される。(2018/6/26)

東芝は7位、ルネサスは12位:
産業用半導体ランキング、ADIが2位に躍進
英国の市場調査会社であるIHS Markitによると、Analog Devices(ADI)は、ライバル企業であるLinear Technologyを148億米ドルで買収したことにより、2017年の世界産業用半導体市場ランキングにおいて、2位の座を獲得したという。首位は、引き続きTexas Instruments(TI)が維持している。(2018/6/14)

斬新なデザインも続々と登場:
PR:加速するLEDディスプレイ市場、躍進する中国の動向と最新の素子を知る
数十年以上の長い歴史を持つLEDディスプレイ市場が、にわかに活気づいている。幅30mにも及ぶ巨大なLEDディスプレイが街中に続々と設置され、これまでにないような斬新なデザインのディスプレイも増え始めた。それに伴い、LED素子も進化している。機運が特に高まっている中国の動向と、最新のLEDを紹介する。(2018/2/22)

85年前の評価基準ではもう限界:
PR:“同じ白色LEDなのに色が違うように見える”を解決する「10°ビニング」とは
「同じ色の洋服を、同じ白色LEDのスポットライトで照らしているはずなのに、なぜかスポットライトによって洋服の色が違って見える……」。最近、アパレル業界などでこういった疑問の声が持ち上がっている。こうした課題を解決する「10°ビニング」を採用した白色LEDが業界で注目されている。色の一貫性を高める白色LEDとは、いったいどのような製品なのだろうか。(2017/5/24)

オスラム SFH4796S:
全体に均一な照射が可能な虹彩認証向け赤外LED
オスラム オプトセミコンダクターズは、生体認証セキュリティ用赤外LED「SFH4796S」を発表した。内部リフレクタと内蔵レンズによって顔を均一に照射し、顔の特徴を検知する。(2017/3/14)

企業動向を振り返る 2017年1月版:
半導体を手放す東芝、今に至る足跡を振り返る
2017年1月のエレクトロニクス業界を語る上で避けられないのが、東芝の話題でしょう。メモリ事業の完全売却は避けられない状況にあると思われますが、ここに至るいきさつを整理しました。(2017/2/24)

新工場稼働で供給能力増強:
オスラム、一般照明向けLED事業を強化
オスラム オプトセミコンダクターズは、LEDや半導体レーザーなどを中心とした事業戦略について記者説明会を開催した。一般照明市場への本格進出に向けて、マレーシア・クリムにLEDチップの新工場(前工程)を建設中で、2017年にはウエハー投入を予定している。(2017/1/5)

クイズで振り返る2016年:
車載半導体シェア、トップ10を当ててみよう
エレクトロニクス業界のニュースを振り返る年末企画。今回は、IHS Technoogyが報告した2015年の車載半導体市場における売上高ランキングからクイズを出題します(難易度:中)。(2016/12/26)

車載センサーに注力するInfineon:
ADASはカメラ+レーダー+ライダーの三位一体で
Infineon Technologies(インフィニオン・テクノロジー)は、ドイツ・ミュンヘンで開催された「electronica 2016」(2016年11月8〜11日)で、ADAS(先進運転支援システム)向けのセンサーシステムなどを展示した。Infineonは、ADASには、カメラ、レーダー、ライダーの3つが必要で、どれ1つとして欠かすことはできないと強調する。(2016/11/30)

製造マネジメントニュース:
日産がカルソニックの全株式を5000億円で売却、ヴァレオは市光を完全子会社化
大手サプライヤの買収が相次いでいる。2016年11月22日、日産自動車はコールバーグ クラビス ロバーツ(KKR)に対し、カルソニックカンセイの株式41%を売却すると発表。また、同じ日にヴァレオは市光工業の株式の公開買い付けを開始、完全子会社化することを公表した。(2016/11/24)

フィリップスのLED事業と同様に:
オスラム、照明事業を中国コンソーシアムに売却
Osram(オスラム)が、同社の一般照明事業を中国系コンソーシアムに4億ユーロで売却する。これによってOsramは全体の事業規模が大幅に縮小されるも、半導体事業に注力できるようになる。(2016/8/26)

「これまでにない色一貫性を」:
オスラム、白色LEDで“10度ビニング”を推進へ
オスラム オプトセミコンダクターズは2016年8月3日、白色LEDで新たに提唱する「10度ビニングコンセプト」に関するセミナーを開催した。同社は、「10度ビニングを採用することで、色のばらつきを抑え、人間の感覚により近い表色系を実現できる」と語る。(2016/8/5)

スマホ対応照明器具に脆弱性、XSS攻撃や情報流出の恐れ
スマートフォンのアプリで操作できるOsramの照明器具シリーズ「LIGHTIFY」に9件の脆弱性が見つかり、一部が修正された。(2016/7/27)

IoT時代の無線規格を知る【Thread編】(1):
Google傘下が主導した無線規格「Thread」とは
家庭やオフィスに無線メッシュネットワークを形成し、丸ごとインターネットに接続できる低消費無線通信の新規格「Thread」。Threadは、Wi-FiやBluetoothなどの既存の無線規格で実現することが難しいIoTの世界を実現する。今回は入門編として、Threadの基礎を紹介する。(2016/5/17)

企業動向を振り返る 2016年3月版:
“新生”東芝に向けたロードマップ/各社、成長戦略発表
過去1カ月間のエレクトロニクス関連企業の動向をピックアップしてお届け! 2016年3月は経営再建に取り組むシャープ、東芝の話題に注目が集まりました。(2016/4/12)

オスラム、用途別の展開を強化:
幅広い製品群と新工場建設で、LED事業を拡大
オスラム オプトセミコンダクターズは照明用LED事業を一段と強化していく。LEDチップの新工場をマレーシアに建設するなど、製造能力の強化にも乗り出す。(2016/3/1)

パッケージや蛍光体の技術で照明効果高める:
照明向けLED製品、高演色性と広指向角を実現
オスラム オプトセミコンダクターズは、「第8回ライト テック EXPO」で、照明システム向けを中心に、高い演色性や広い指向角を実現したLED製品をデモ展示した。(2016/1/20)

健康レベルをモニターするウェアラブル機器向け:
低消費電力と精度の向上を実現した光学式センサー
オスラム オプトセミコンダクターズは2015年8月、脈拍数と血中酸素濃度を測定する光学式センサーの製品ラインアップを拡充したと発表した。健康レベルをモニタリングするスマートウォッチやフィットネス用のアームバンドなどのウェアラブル機器に適しているという。(2015/8/17)

オスラム MicroSideled 3806:
スマホの電池消耗を抑える、液晶バックライト向けLED
「MicroSideled 3806」は、スマートフォンやタブレット端末などに用いられる液晶バックライト向けLEDである。「白色」と「青色」の2品種を用意した。発光効率が高く、定格寿命は1万5000時間で、その期間を超えてもほぼ半数のLEDが初期光束の70%を維持しており、長時間使っても安定した輝度を確保することができるという。(2013/6/19)

ビジネスニュース 企業動向:
三菱電機、暮らしのクオリティ向上を家電で目指す
東日本大震災の前後で、消費者が求めるものが変わった――。その変化を受けて、三菱電機は“つながり”や“スマート”を重視した新しいコンセプト「SMART QUALITY」を提案する。(2012/8/22)

LED照明:
三菱電機が照明事業を統合、新ブランドでLED照明事業強化を狙う
節電の流れに乗って、LED照明は急速に普及している。各メーカーも積極的に新製品を投入し、激しい競争を繰り広げている。この競争を勝ち抜くため、三菱電機は照明事業を運営してきた関連企業3社を1社に統合することを明らかにした。(2012/8/21)

我慢しないLED照明選び(6):
大光量/全方向タイプの最新モデルを徹底比較!〜シチュエーション別ランキング
今回は特集の締めくくりとして、今まで紹介してきた大光量/全方向タイプのLED電球をランキング形式で紹介しよう。シチュエーション別にランキングをまとめたので、これを参考に自分の用途に合わせて最適なLED電球を選んでほしい。(2012/8/17)

我慢しないLED照明選び(5):
大光量/全方向タイプの最新モデルを徹底比較!〜パナソニック「LDA11L-G/W」編〜
今回紹介するパナソニックの「LDA11L-G/W」は、7月下旬に発売されたばかりの新製品。今回は、全方向タイプではないタイプの新製品とも比較してみよう。(2012/8/16)

我慢しないLED照明選び(4):
大光量/全方向タイプの最新モデルを徹底比較!〜日立アプライアンス「LDA11L-G-A」編〜
今回紹介するのは日立アプライアンスの「LDA11L-G-A」。軽量・コンパクトながらも全光束810ルーメンの明るさを実現しており、密閉器具にも対応したLED電球だ。(2012/8/15)

我慢しないLED照明選び(3):
大光量/全方向タイプの最新モデルを徹底比較!〜三菱電機オスラム「LDA11L-G/D」編〜
今回紹介するのは三菱電機オスラムの「LDA11L-G/D」。他社にはないユニークなデザインで、約330度という広い配光角を実現しta。密閉器具や調光器具にも使用可能で、幅広いシチュエーションで使えそうだ。(2012/8/14)

我慢しないLED照明選び(2):
大光量/全方向タイプの最新モデルを徹底比較!〜東芝ライテック“E-CORE”「LDA11L-G」編〜
全方向タイプLED電球特集の第1回は、東芝ライテックの「LDA11L-G」だ。スペック上の配光角は約260度と、同社の従来品(LDA9L)が約120度なのに比べると2倍以上になる。(2012/8/13)

我慢しないLED照明選び――2012年夏
節電をしない人に理由を聞くと、上位には「面倒だと思うから」「我慢するのが嫌だから」といった意見が並ぶ。しかし、LED照明なら手間は器具を買ってきて取り換えるだけ。近年の性能アップにより不満のないレベルに達している。(2012/8/10)

ビジネスニュース 特許/知財:
2011年の欧州特許出願件数はSiemensが首位、Samsungも猛追
Siemensの特許出願件数は2235件で、2位以下を大きく引き離している。日本企業としては、三菱、ソニー、パナソニックなどが、この出願件数ランキングの上位25社に入っている。(2012/3/27)

LED Next Stage:
より電球っぽくなったLED電球、音と光を操るLEDシーリングライト
ここ数年で急速に普及したLED電球。メーカー各社は差別化のための“次の一手”を模索している。(2012/3/12)

知財コンサルタントが教える業界事情(11):
なぜ、パナソニックは有機EL照明事業開発に熱心なのかを推察する
読者の方々の関心が高い有機EL技術について、もう少し掘り起こしてみることにしましょう。今回は出願年に注目したいので商用データベースを試用しています。(2012/1/19)

無線通信技術 ZigBee:
LED照明もスマホ/タブレットで制御、ZigBee Allianceが新プロファイルを開発中
ZigBee Allianceは、LED電球やセンサー、スイッチなどを無線で連携させるためのプロファイル「ZigBee Light Link」の策定を進めている。インターネットに接続されたタブレットPCやスマートフォンを使ってこれらの機器を制御することも想定する。(2012/1/16)

節電体質の家にしよう:
白色LED電球、シチュエーション別“使える”ランキング
シチュエーション別に昼光色/昼白色のLED電球の中から「おすすめベスト3」を紹介する。光色ごとにランキングを作ってみたので、これを参考に自分の用途に合わせて最適なLED電球を選んでみよう。(2011/11/1)

知財コンサルタントが教える業界事情(8):
今後どうなる!? 日本の有機EL技術〔後編〕どうなるコダック? ソニー vs. シャープの開発競争は?
中編で見た韓国企業の有機ELディスプレイ関連の知財戦略のしたたかさに対して、欧米・日本企業はどんな作戦を立てているのだろうか。知財データベースから業界事情を推察する。(2011/10/14)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、東芝ライテック“E-CORE”「LDA9N」
今回紹介するのは、東芝ライテック“E-CORE”シリーズの「LDA9N」。全光束850ルーメンという明るさを誇る昼白色タイプのLED電球だ。(2011/9/9)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、パナソニック“EVERLEDS”「LDA9D-H」
今回紹介するのはパナソニック“EVERLEDS”「LDA9D-H」。密閉器具に対応した昼光色で825ルーメンの明るさを誇る大光量のLED電球だ。(2011/8/26)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、東芝ライテック“E-CORE”「LDA8N-G」
東芝ライテックの“E-CORE”「LDA8N-G」は、独自の「マルチ拡散グローブ」の採用により、従来のLED電球よりも広い配光角を実現した昼白色のLED電球だ。(2011/8/18)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、XLEDIA「X15-CJ」
今回紹介するのは、XLEDIA(エクスレディア)の「X15-CJ」。全光束1300ルーメンと、他社を大きく上回る明るさを実現したこのLED電球について詳しく紹介しよう。(2011/8/4)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、東芝ライテック“E-CORE”「LDA6N/2」
今回紹介するのは東芝ライテックの“E-CORE”「LDA6N/2」。白熱灯に似たフォルムで密閉形器具にも対応したスタンダードなLED電球だ。(2011/8/3)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、日立アプライアンス「LDA7D-A」
今回紹介するのは日立アプライアンスの「LDA7D-A」。発光面が広い「ビッグカバー」を採用した、サイズが大きめのLEDライトだ。(2011/7/19)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、三菱電機オスラム“PARATHOM”「LDA7D-H」
今回紹介するのは三菱電機オスラムの“PARATHOM”(パラトン)から「LDA7D-H」。全光束470ルーメンの昼光色タイプで、手頃な価格で買えるスタンダードなLED電球だ。(2011/7/14)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、シャープ“ELM”「DL-LA41N」
今回紹介するのはシャープの“ELM”「DL-LA41N」。昼白色のLED電球の中ではもっとも価格の安いこのライトは密閉器具にも対応しており、さまざまな場所で使えるお買い得モデルだ。(2011/7/11)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、パナソニック“EVERLEDS”「LDA6N-H」
今回紹介するのはパナソニック“EVERLEDS”(エバーレッズ)の「LDA6N-H」。密閉器具に対応した昼白色相当のこの製品について詳しくレビューしよう。(2011/7/6)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、NECライティング“LIFELED’S”「LDA8N」
今回から、クールな印象の白色系LED電球を紹介していこう。まずはNECライティングの“LIFELED’S LDA8N”。低価格ながらも全光束550ルーメンという明るさを実現したコストパフォーマンスの高い製品だ。(2011/6/30)

節電体質の家にしよう、E17口金編:
失敗しない小型LED電球の選び方、シチュエーション別ランキング
今回はE17口金のLED電球特集の締めくくりとして、各社のおすすめベスト3を紹介する。シチュエーション別にランキングをまとめたので、これを参考に自分の用途に合わせて最適なLED電球を選んでみよう。(2011/6/13)

ビジネスニュース 特許/知財:
OSRAMがSamsungとLGを提訴、LED技術を侵害か
LEDには長い特許紛争の歴史がある。2000年ごろには青色LEDを巡って主要各社が特許合戦を繰り広げた。次は白色LEDだった。現在は各社が白色LEDに関するクロスライセンス契約をほぼ終えた段階にある。今回の訴訟は歴史の浅い韓国メーカーを照明分野の最大手企業が訴えた形だ。(2011/6/10)

節電体質の家にしよう、E17口金編:
失敗しない小型LED電球の選び方(6)東芝ライテック「LDA5L-E17」
東芝ライテックの“E-CORE”「LDA5L-E17」は、今回取り上げるE17口金対応のLED電球の中ではもっとも明るい製品だ。410ルーメンとE26形の中価格帯モデルに匹敵する明るさを実現した。(2011/6/8)

節電体質の家にしよう、E17口金編:
失敗しない小型LED電球の選び方(5)シャープ「DL-JA42L」
今回は、シャープの“ELM”シリーズから「DL-JA42L」をピックアップしよう。E17口金のLED電球の中でも全光束400ルーメンという明るさを持ち、かつ密閉型照明器具にも対応した製品だ。(2011/6/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。