ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「日産自動車」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日産自動車」に関する情報が集まったページです。

工場ニュース:
新型コロナで日産ホンダスズキも国内工場を停止、ソニーとルネサスは海外で影響
新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響が国内製造業に広がっている。既にトヨタ自動車とマツダに続いて、日産自動車、三菱自動車、ホンダ、スズキも国内工場の操業を停止する。また、ソニーやルネサス エレクトロニクスも海外生産を中心に影響が出始めている。(2020/3/30)

製造マネジメントニュース:
日産が社外の出身者を専務に呼び戻し、三菱自は技術顧問の山下氏が退任へ
日産自動車と三菱自動車は、2020年4月1日付で実施する役員体制の変更などについて発表。日産は新たに7人が専務執行役員と常務執行役員に就く。三菱自動車は、意思決定の迅速化とコミュニケーションの円滑化などを目的に執行役と執行役員に関する制度変更を行う。(2020/3/12)

互いに英語で意思疎通:
堀江貴文氏のユーチューブチャンネルに「レバノンでカルロス・ゴーンと対談しました」との動画が投稿
3月10日午後9時ころ、ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏が、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン氏と称する人物と対談している動画が、堀江氏が運営するユーチューブチャンネル「ホリエモンチャンネル」に投稿された。動画のタイトルは「レバノンでカルロス・ゴーンと対談しました」。日本の司法制度や検察の問題点などを約30分間、互いに英語で話している。(2020/3/10)

CAEニュース:
日産がクラウドHPC/CAE環境の構築パートナーにISIDを選定
電通国際情報サービス(ISID)は、RescaleのクラウドHPCシミュレーションプラットフォーム「ScaleX」を用いて、日産自動車のクラウドHPC/CAE環境を構築したことを発表した。(2020/3/5)

日産が異例の新車ネット発表会、記者質問はメールのみ…… 苦肉の策、運用に難しさも
新型肺炎流行の影響でイベントの中止が相次ぐ中、日産自動車はインターネット中継による新車発表会を行った。感染拡大防止に向けた工夫がこらされた一方、中継方法などの運用には難しさもあった。(2020/2/27)

車両デザイン:
日産の新型「ルークス」はADASが進化、ミリ波レーダー併用で2台先の検知も
日産自動車は2020年2月25日、スーパーハイトワゴンタイプの軽自動車「ルークス」の新モデルを発表した。三菱自動車との共同出資会社NMKVのマネジメントの下、日産自動車が企画、開発を担当した。今回のモデルチェンジから車名を「デイズ ルークス」からルークスに変更した。短い名称にすることでスーパーハイトワゴン市場での認知度の向上につなげる。発売日は2020年3月19日。税込み価格は141万5700円から。(2020/2/26)

ファミリーの使い勝手を追求:
日産、新型「ルークス」 競争激しい軽スーパーハイトワゴンで勝負する“3つの強み”とは?
日産自動車は3月19日、軽自動車の新型「ルークス」を発売する。ファミリーをターゲットに、足元の広さや後席スライドドアの開口幅などを拡大して使い勝手を向上。競合がひしめく市場で存在感を示したい考えだ。(2020/2/25)

日産自動車はなぜ赤字に転落したのか
ゴーン時代の負の遺産を払拭できるか(2020/2/20)

電子ブックレット(オートモーティブ):
日産の技術と生産、最前線を読む
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、日産自動車の技術や生産の最新の取り組みに関する記事をまとめた「日産の技術と生産、最前線を読む」をお送りします。(2020/2/17)

日産、11年ぶりの赤字 ゴーン被告、新型肺炎など影響 再建の道のり険しく
日産自動車は販売台数減により11年ぶりの赤字に陥った。最大市場である中国では新型肺炎の流行により生産が滞っているうえ、カルロス・ゴーン被告時代の拡大路線のひずみも重なり、再建の道のりが険しくなっている。(2020/2/14)

製造マネジメントニュース:
商品力低下でグローバル販売が8%減、日産の2019年4〜12月期決算
日産自動車は2020年2月13日、2020年3月期第3四半期(2019年4〜12月期)の決算を発表した。(2020/2/14)

アウトドアや災害時に:
「車中泊」仕様の日産セレナが登場 折りたたみベッドや収納アイテムを搭載
日産自動車「セレナ」の“車中泊”仕様「マルチベッド」が2月10日に発売。快適に過ごせるベッドシステムなどを備え、車中泊ニーズを取り込む。(2020/2/10)

【経営者目線】ゴーン被告の「ポルシェ」から違和感があった 尊敬する経営者と、見直されるオーナー経営
 レバノンに逃亡した日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告だが、「経営理念」の角度で経営者を見る私にとっては、過去にゴーン被告が、バイクと接触事故を起こした際、ポルシェに乗っていたことを知って以来、違和感を覚えていた。日産車を愛用するのが普通ではなかろうか。(2020/1/23)

GPSを付けた被告が空港に近付くと警告するシステム、法務省が導入検討へ
日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告の逃亡を受け、法務省は保釈中の被告にGPS発信器を装着させ、空港などに接近した場合に警告するシステムの導入を検討している。(2020/1/17)

被告にGPS付ければ保釈中も安心? 「装着させても一定期間逃げることは可能」
日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡を受け、保釈中の被告にGPSを装着させようという議論が急浮上しているが、専門家は付ければ安心というわけではないと指摘する。(2020/1/16)

ゴーン被告、日本メディアを大半制限 会場周辺に報道陣多数
保釈中に逃亡した日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)。記者会見を行ったレバノンの首都ベイルートの会場周辺は、8日午後、会見開始の数時間前から日本やフランスなど多数の海外報道陣が集まった。(2020/1/9)

ゴーン被告会見、AbemaTVが生中継 きょう午後10時から
AbemaTVが、日産自動車の元会長のカルロス・ゴーン被告が1月8日午後10時ごろに行う会見をノーカットで生中継する。放送終了後、6日間は無料で視聴できる。(2020/1/8)

被告人にGPS装着を 自民部会、ゴーン被告逃亡事件で保釈制度に意見
日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告がレバノンに逃亡したことを受け、自民党の法務部会、外交部会が開いた合同会議では、保釈中の被告にGPSを装着させられるよう制度の見直しを求める意見が出た。(2020/1/8)

CES2020:
中国発の超大画面インフォテインメント、アプリ開発者向けプラットフォームを公開
中国の電気自動車(EV)ベンチャーBYTONは2020年1月5日(現地時間)、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2020」(2020年1月7〜10日、米国ネバダ州ラスベガス)のプレスカンファレンスにおいて、2020年から量産を開始するSUVタイプのEV「M-BYTE」を北米で初披露した。北米での販売価格は4万5000ドル(約486万円)を予定している。BYTONは日産自動車やBMWのOBが立ち上げた。(2020/1/7)

CES2020:
ロードノイズ遮音で4分の1の軽量化、次世代e-POWERを静かにする新技術
日産自動車は次世代の遮音材「音響メタマテリアル」の開発を進めている。シリーズハイブリッドシステム「e-POWER」の搭載車を進化させる方法の1つという位置付けで、静粛性を高めることで電気自動車(EV)の乗り心地に近づける。(2019/12/26)

2種類の新型「スカイライン」コンセプトがやってくる! 日産自動車、東京オートサロンの展示車両ラインアップ公開
話題の世界50台限定「Nissan GT-R50 by Italdesign」も展示されます(2019/12/19)

電気自動車:
日産リーフがマイナーチェンジ、プロパイロットやコネクテッド機能を強化
日産自動車は2019年12月16日、電気自動車(EV)「リーフ」をマイナーチェンジし、2020年2月から全国発売すると発表した。(2019/12/17)

製造マネジメントニュース:
新社長の内田氏が語る、日産のこれから
日産自動車は2019年12月2日、横浜市の本社で会見を開き、同月1日付で代表執行役社長兼CEOに就任した内田誠氏が抱負を語った。(2019/12/3)

アライアンス強化が不可欠:
「できないことをできると言わない」風土づくりへ 日産、内田新社長が会見
12月1日付で日産自動車の社長兼CEOに就任した内田誠氏が就任会見で抱負を語った。経営陣の不正問題や不祥事、業績悪化に揺れる会社をどう立て直すのか。(2019/12/2)

スマートファクトリー:
日産の工場はどう変わるのか、国内外でIoT本格導入とロボット活用拡大
日産自動車は2019年11月28日、横浜市の本社で会見を開き、次世代の自動車生産のコンセプト「ニッサンインテリジェントファクトリー」を発表した。(2019/11/29)

製造マネジメントニュース:
グローバル戦略で生産実績に明暗、日系自動車メーカーの2019年4〜9月
日系乗用車メーカー各社の2019年度上期(2019年4〜9月)の生産実績は、メーカーによって明暗がはっきりと分かれる結果となった。グローバル生産台数では、トヨタ自動車、ホンダ、ダイハツ工業の3社は上期として過去最高を更新した。一方で、日産自動車、スズキ、マツダ、三菱自動車の4社は前年同期の実績を下回った。(2019/11/20)

車載情報機器:
インフォテインメントは乗員みんなで使う、日産が進めるナビとスマホアプリの連携
日産自動車は、「インテリジェントモビリティ」の要素の1つで、つながる便利さを提供する「インテリジェントインテグレーション」の取り組みの一環で、出発前から到着後まで、車内外の体験をシームレスにつなげるパーソナルサービスの開発を進める。その例が「コネクテッドアプリコンセプト」だ。(2019/11/15)

日産はテクノロジー部門も:
日産「デイズ」、三菱「eKワゴン」が受賞 RJCカーオブザイヤー
日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)が主催する、2020年次「RJCカーオブザイヤー」に、日産自動車と三菱自動車が共同開発した軽自動車「デイズ」(日産)と「eKワゴン」(三菱)が選ばれた。(2019/11/13)

電車の帰宅ラッシュを避けて新型「スカイライン」で家に帰ろう 日産自動車がユニークな試乗体験会を限定開催
高速道路に乗れば、手放し運転も体験できます。(2019/11/12)

「技術の日産」の魂は、死んでいない アライアンスの行方は?
日産自動車経営陣の新体制が固まった。3頭体制への期待は高いが、その周囲の役員の間にはさまざまな思惑がうごめいているという情報もある。日本とフランスの国策企業というプライドが、足を引っ張りあっていくなら、良いクルマやサービスも生まれない。(2019/11/7)

電気自動車:
電気自動車の蓄電池を遠隔から充放電、VPPに活用するV2G実証
東北電力、日産自動車、三井物産、三菱地所、リコージャパンは、電気自動車の蓄電池を電力系統に接続して充放電を行う技術(V2G)の実用化を目指し、2018年度に引き続き共同で実証プロジェクトを行うと発表した。(2019/11/6)

車載情報機器:
日産インテリジェントルームミラーが2020年春に次世代版、夜間の見え方改善
日産自動車は2020年春から次世代版の「インテリジェントルームミラー」を展開する。カメラの高画質化やディスプレイの画素密度向上、4枚の画像を合成するハイダイナミックレンジ(HDR)によって、夜間の視認性を特に高めた。(2019/11/6)

日産が新車で反転攻勢へ 成否のカギはラグビー日本代表にあり
新車発売の遅れが指摘されてきた日産自動車が令和2年以降、新車攻勢で反撃に打って出る。(2019/11/5)

東京モーターショー2019:
EV向け2モーター4WDや大型ディスプレイの統合HMI、コンセプトカーの外へ
日産自動車が「第46回東京モーターショー2019」(会期:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)で披露したコンセプトカーの1つが、クロスオーバーSUVタイプの電気自動車(EV)「アリア コンセプト」だ。アリア コンセプトでは、駆動システムやインテリアに最新技術を搭載するとうたう。これらの技術は単なるコンセプトではなく、現実的に開発が進められているものもある。(2019/10/30)

東京モーターショー2019:
日産のEVの中心はクロスオーバーSUVと軽が担う、搭載するのは「リアルな技術」
日産自動車は2019年10月23日、「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、クロスオーバーSUVタイプの電気自動車(EV)「アリア コンセプト」を世界初公開した。(2019/10/23)

車両デザイン:
日産が金型なしでボディーパネルを生産、表面はそのまま塗装できる仕上がり
日産自動車は2019年10月2日、同社追浜工場(神奈川県横須賀市)で記者説明会を開き、金型を使用しない金属部品の成形技術を発表した。(2019/10/3)

東京モーターショー2019:
日産が軽タイプのEVコンセプト、今後のプロパイロットやコネクティビティを予告
日産自動車は2019年10月1日、「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、軽自動車規格の電気自動車(EV)のコンセプトモデル「ニッサン IMk」を世界初公開すると発表した。(2019/10/2)

9年ぶりフルモデルチェンジ:
日産、新型「ジューク」欧州で発表 デザイン刷新、室内空間は広く
日産自動車は、新型「ジューク」を欧州で発表。9年ぶりのフルモデルチェンジ。11月末から欧州で販売する。(2019/9/4)

日産、「確実にカップイン」するゴルフボール開発 新型スカイラインの“手放し運転”技術を応用
日産自動車が、確実にカップインするゴルフボール「ProPILOT GOLF BALL」を発表。新型「スカイライン」に搭載している運転支援技術「プロパイロット2.0」を応用したもの。位置情報を基に、グリーン内の最適なルートを計算し、無線でボールに伝達することで、カップまで自走させる仕組み。(2019/8/23)

欧州チームが開発を主導 日産自動車、コンパクトSUV「ジューク」新型を9月に発表 プロトタイプの写真を公開
新型ジュークをチラ見せ。(2019/8/20)

車載半導体:
日産「プロパイロット2.0」、ルネサスのSoCと車載制御マイコンを採用
ルネサス エレクトロニクスは2019年8月7日、日産自動車が同年9月に発売する「スカイライン」の先進運転支援システム「プロパイロット2.0」に車載用SoC(System on Chip)「R-Car」と車載制御用マイコン「RH850」が採用されたと発表した。走行判断と制御を行うECU(電子制御ユニット)の中核となる機能で使用される。(2019/8/8)

GT-Rや試作車も再現できちゃうの!? 日産自動車の秘密基地に潜入、世界最高峰のドライブシミュレーターを体験してきた
まるで実車のような挙動を体験してきました。(2019/7/28)

製造マネジメントニュース:
日産が海外で2022年までに1万2500人削減、小型車やダットサンの工場が対象に
日産自動車は2019年7月25日、横浜市の本社で記者会見を開き、2019年4〜6月期(2020年3月期第1四半期)の決算と2022年に向けた事業改革の最新状況を発表した。(2019/7/26)

自動運転技術:
高精度地図に「年間1万6000円」、日産プロパイロット2.0の市販は2019年9月
日産自動車は2019年7月16日、横浜市の本社で記者会見を開き、「スカイライン」の新モデルを発表した。2019年9月に発売する。車両のエンブレムは、これまでのインフィニティブランドのバッチから日産ブランドに戻した。(2019/7/17)

新ターボエンジン搭載:
日産、新型「スカイライン」 人とクルマの“対話”重視、安心感打ち出す
日産自動車は9月、新型「スカイライン」を発売する。先進運転支援技術「プロパイロット2.0」を搭載し、ドライバーとシステムの“対話”を追求。歴史あるスポーツセダンで、新たな技術を打ち出す。(2019/7/16)

車載ソフトウェア:
日産がクルマとソフトの両面を知る技術者育成を強化、研修施設を公開
日産自動車は2019年7月3日、車載ソフトウェア開発に関する社内研修施設「日産ソフトウェアトレーニングセンター」(神奈川県厚木市)を報道陣向けに公開した。日産は自動車工学に精通したソフトウェア開発人材の丁寧な育成で、競合他社との差別化を図る狙いだ。(2019/7/4)

日産は車両火災4件:
ホンダ、日産 それぞれ50万台リコール エアバッグと電源装置に不具合
ホンダと日産自動車はそれぞれ約50万台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。ホンダは「フィット」など計10車種49万4546台。日産は「セレナ」など計7車種49万1345台。(2019/6/28)

Google系列のWaymo、ルノー・日産と自動運転分野で提携
Google系列の自動運転企業Waymoが、ルノー、日産自動車と独占契約を締結した。フランスと日本で、自動運転実現の可能性を検討していくとしている。(2019/6/21)

モビリティサービス:
ルノー日産がウェイモと「独占契約」、まずは日本とフランスから無人運転サービス
ルノー(Renault)、日産自動車とウェイモ(Waymo)は2019年6月20日、無人運転車を使ったモビリティサービスに関する独占契約を締結したと発表した。ウェイモは、フランスでルノーと、日本では日産自動車とのみ、ドライバーレスモビリティサービスの実現可能性を検討する。(2019/6/21)

人とくるまのテクノロジー展2019:
燃費と出力を両立する可変圧縮エンジン、日産が開発秘話語る
「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」(2019年5月22〜24日、パシフィコ横浜)では、話題の新型車開発の舞台裏を語る「新車開発講演」が行われた。この中で取り上げられたのが、量産エンジンとしては「世界初」(日産自動車)となる日産自動車の可変圧縮比(VCR、Variable Compression Ratio)エンジンだ。日産自動車 パワートレイン・EV開発本部 アライアンス パワートレイン エンジニアリング ダイレクターの木賀新一氏が、VCRエンジンと、これを搭載する「アルティマ」の最新モデルに関する開発秘話を語った。(2019/6/17)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。