ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「P704iμ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「P704iμ」に関する情報が集まったページです。

写真で見る「P705iμ」「PROSOLID μ」
パナソニック・モバイルコミュニケーションズ製の「P705iμ」と「PROSOLIDμ」はカメラの有無を除き、ほぼ同等スペックの兄弟機。いずれも3G折りたたみケータイ最薄となる厚さ9.8ミリの超極薄ボディを実現し、ワンプッシュオープンボタンを搭載。「P704iμ」では未対応だったおサイフケータイやHSDPAにも対応する。(2007/11/6)

厚さ11.4ミリの極薄&上質ステンレスボディ「P704iμ」、価格は2万円台前半
厚さ11.4ミリの極薄ボディとステンレス素材による上質感を演出するグローバル端末「P704iμ」が発売された。価格は同じ極薄iμモデルのN703iμとほぼ同一。都内量販店の新規価格は2万円台前半から。(2007/7/27)

ワンセグ「SH704i」と極薄「P704iμ」、7月27日発売
ドコモはシャープ製のアルミ素材による回転2軸ボディとワンセグが特徴の「SH704i」と、11.4ミリの極薄ステンレスボディが特徴の「P704iμ」を27日に発売する。(2007/7/23)

写真で解説する「P704iμ」
厚さ11.4ミリのパナソニック モバイル製の極薄FOMAが「P704iμ」として、より“金属っぽく”見える上質感を演出するカラーを採用し、国際ローミング対応機としてリニューアルした。(2007/7/5)

より洗練、より上質になった“11.4ミリ”の極薄ステンレスボディ──「P704iμ」
厚さ11.4ミリの極薄ステンレスボディはそのままに、新カラーで“より上品”に──それが、パナソニック モバイル製の「P704iμ」。海外でそのまま使える国際ローミングに対応し、外装デザインとマッチしたオトナな内蔵コンテンツや滑らかなフォント、文字の拡大表示機能など基本的な使いやすさにも配慮する。(2007/7/4)

パナモバ製の「P704iμ」ほか、各種夏モデルが多数JATE通過
ドコモの「704i」シリーズと思われる、パナソニック モバイル製の「P704iμ」、LG電子製の「L704i」ほか、シャープの“フルスライド”ハイエンド機「913SH」など、多くの端末がJATEを通過した。(2007/6/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。