ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PENTAX K-30」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PENTAX K-30」に関する情報が集まったページです。

リコーイメージング、AF対応防じん防滴の1.4倍リアコンバーター
リコーイメージングが「K-3」などの同社カメラ用オプションとして1.4倍のAF対応リアコンバーター「HD PENTAX-DA AF REAR CONVERTER 1.4X AW」を発売する。(2014/2/6)

ローパス効果ON/OFF可能  シリーズ最上位一眼レフ「PENTAX K-3」
リコーイメージングがデジタル一眼レフ「Kシリーズ」の最上位モデル「PENTAX K-3」を発売する。コンパクトな防じん防滴ボディにローパスレス仕様センサーを搭載し、ローパス効果のON/OFFも可能だ。(2013/10/8)

出し惜しみなし、贅沢すぎるエントリー向け一眼レフ――リコー「PENTAX K-50」
防じん防滴ボディに視野率100%ファインダーを備え、連写は秒6コマに、感度は最大ISO51200に、バッテリーは4種類に、カラバリは120種類に対応。そんな贅沢(ぜいたく)なエントリー機「K-50」を使ってみた。(2013/9/3)

クラス初、防じん防滴エントリーデジタル一眼「PENTAX K-50」
ペンタックスリコーより、エントリークラスとしては初めて(同社)、防じん・防滴構造を備えたデジタル一眼レフ「PENTAX K-50」が発売される。120色のカラーオーダーサービスも実施する。(2013/6/13)

ペンタックス、K-5 IIなど5モデルに最新ファームウェア
ペンタックスがデジタルカメラ「K-5 II」「K-5 IIs」「K-30」「K-01」「K-5」「K-r」の最新ファームウェアを公開した。(2013/2/8)

「PENTAX Q10」を「Kマウントアダプター」と楽しむ
小さいけれど本格派、そんなキャッチフレーズが似合う「PENTAX Q10」を、「Kマウントアダプター」とあわせて試用した。(2012/11/30)

アクティブ派におすすめ 防じん防滴ミドルクラス一眼レフ「K-30」
ペンタックス「K-30」はペンタックスらしさのあふれるデジタル一眼レフ。レンズキットで実売10万円を切る価格ながら防じん防滴など充実したスペックを備えており、アクティブに使いたい人へおすすめだ。(2012/8/3)

ペンタックス、「K-30」イメージキャラクターに向井理さんを起用
ペンタックスは6月29日より販売するデジタル一眼レフカメラ「K-30」のイメージキャラクターに、俳優の向井理さんを起用する。(2012/6/21)

防じん防滴軽量ミドルクラス「K-30」 発売日決定
小型ボディに、防じん防滴性能や視野率約100%のファインダーなど充実した機能を備えた「PENTAX K-30」の発売日が決定した。(2012/6/5)

写真で見る「PENTAX K-30」
ペンタックスが発表した防じん防滴、ハイコストパフォーマンスのデジタル一眼レフ「PENTAX K-30」を写真で紹介する。(2012/5/30)

「PENTAX K-30」購入者へオリジナルバッグプレゼントのキャンペーン
ペンタックスは「PENTAX K-30」の発売を記念し、オリジナルバッグをプレゼントするキャンペーンを実施する。(2012/5/29)

防じん防滴ミドルクラス「PENTAX K-30」に15色のカラーオーダー
ペンタックスは防じん防滴構造のミドルクラスデジタル一眼レフ「PENTAX K-30」のカラーオーダーを実施する。光沢およびつや消しの全15色から好みのカラーを選択できる。(2012/5/29)

ペンタックス、防じん防滴ボディのミドルクラス一眼レフ「K-30」
ペンタックスがエントリークラスなみの小型ボディに、防じん防滴性能や視野率約100%のファインダーなど充実した機能を備えた、コストパフォーマンスに優れるミドルクラス「K-30」を発売する。(2012/5/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。