ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PMとコンサルタントは育ちが違う」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PMとコンサルタントは育ちが違う」に関する情報が集まったページです。

PMとコンサルタントは育ちが違う(4):
コンサルタントの中核スキルに必要な知識は?
前回は、コンサルタントの中核的スキルである概念スキル(コンセプチュアル・スキル)は、会社全体、問題点全体を鳥観する能力であり、現状分析における問題点整理・分析およびシステム化方針策定における新ビジネスプロセス設計で必要とされることを述べた。今回は、この会社全体・問題点全体を鳥観するための知識に関して詳しく検討してみる。(2007/10/11)

PMとコンサルタントは育ちが違う(3):
コンサルタントの中核スキルとは
前回は、PMとコンサルタントでは中核的スキルが異なることから、経験学習パターンが異なり、コンサルタントの経験学習パターンが日本人の文化的特徴と相違していることが育成を困難にしていることを紹介した。そして、キャリア・アンカー「純粋な挑戦」を持った人材に勇気を持って場を与えることが必要であることを述べた。今回は、コンサルタントの中核的スキルである「概念スキル」に関して、少し検討してみることにする。(2007/9/6)

PMとコンサルタントは育ちが違う(2):
コンサルタントを育成するためには
前回は、PMとコンサルタントの需給状況から、PMに比較しコンサルタントの育成が進んでいないこと。また、その根本的な差は、コンサルタントの中核的スキルが概念スキルであるのに対し、PMは集団管理スキルにあることを述べた。今回は、中核的スキルが育成方法にどのような影響を与えるかを検証し、コンサルタント育成のポイントを探る。(2007/7/31)

PMとコンサルタントは育ちが違う(1):
PMとコンサルタントの現状と育ちの違い
この連載では、PMとコンサルタントの現状を把握したうえで、両者の育ちの違いを明らかにし、コンサルタント育成のポイントを検討する。(2007/6/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。