ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「パワーワード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「パワーワード」に関する情報が集まったページです。

映画「プロメア」応“炎”上映開催決定 全国6劇場で6月20日実施
完全燃焼できそう。(2019/6/11)

謎の必殺技「滅殺開墾ビーム」がTwitterのトレンドを耕作 ファン発端のムーブメントに元ネタ公式も困惑
声に出して読み上げたい必殺技。(2019/6/6)

圧倒的不審者の工房:
紙くずを混ぜ続けてミニチュア包丁を作ってみた → キュウリをスパッと切断する硬く頑丈な包丁が完成
作業時間の字幕が最小「3時間」、最大「7日間」という衝撃。(2019/5/19)

仙狐さんが隣に住んでいたらメイド服を着せないわけにいかないでしょう? 「世話やきキツネの仙狐さん」6話
可愛い合法ロリ奥さんと暮らしたいなあ……。(2019/5/16)

就職が決まったはずの娘が一度も出社せずに失踪。50歳男からの「憎しみを持った電話」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「別れた奥さん、アナタ未練あるの?」の言葉が相談者にジャストミート。(2019/4/29)

「尊い」とは「見えざる関係性」のこと――『どうして私が美術科に!?』×『ステラのまほう』作者が語る、“尊さビリティ”の正体
どうびじゅはいいぞ。(2019/4/25)

丸亀製麺の30分飲み放題はホントに「すべてのせんべろを過去にした」のか? 聞いて飲んでわかったヒットの秘訣
30分でイクところまでイケる。(2019/4/16)

「御社の犬!!」「お前も犬!!」「俺も犬!!!」 就活生だったときに作りかけた曲が頭から離れない中毒性と勢い
こんなの絶対笑う。(2019/3/4)

殺し屋、こじらせる 仕事の反動で人の恋路に萌えるようになった漫画「殺し屋だって見守りたい」が優しい世界
人の恋路の見守り方が少々エクストリーム。(2019/2/27)

スピン経済の歩き方:
なぜファミマの社会貢献は「24時間テレビ」のように見えるのか
ファミリーマートの「ファミマこども食堂」をめぐって、激しいディスり合いが行われた。「売名行為だ」と批判の声もあれば、「悪いことだと思わない」といった意見も。企業の社会貢献で叩かれるケースと、そうでないケースはどのような違いがあるのか。(2019/2/19)

「どう食べるか悩んでホットゴリラにした」 ゴリラチョコにホットミルクを注いだ見た目が圧倒的ゴリラ
飲んだら心までウッホウホになりそう。(2019/2/17)

人自本部・西巻本部長が明かす:
ZOZO 前澤社長の理想を現場に伝えるマネジャーの「翻訳力」とは?
現場のチームメンバーが自律し、能動的に動けるようになるには、組織のトップの思いやビジョンが現場にまで伝わっている必要があるだろう。どうすればマネジャー職の人たちはそれをうまくくみ取り、社員一人一人に伝えることができるのか。そんなマネジメント術について、“カリスマ経営者”前澤友作氏率いる株式会社ZOZOの採用、社員教育、社内制度などを統括する社長室室長兼人自本部本部長 西巻拓自さんを直撃した。(2019/2/8)

一部で流行していた「毒を盛られたセイキン」ネタにセイキンさん本人が反応 これは完全に毒盛られてますね……
タイトルだけで面白いのズルい……!(2019/2/2)

小学生の頃に“創った”という「宇宙製造機」が圧倒される謎の力強さ 「真理だ」「なんだ、ただの神か」
知覚できないものにツッコミはできないのである……。(2019/1/12)

ヒプマイコミカライズ「解釈違い」騒動、クラスタが動揺した“5つのびっくりポイント”
クラスタが突如ぶつけられた5つのびっくりポイント。(2018/12/26)

順天堂大医学部入試の「女子はコミュ力が高いので減点」ネットの反応は?
何を言っているのか……わからねえ……。(2018/12/13)

2018年は「百合の多様性の時代」 『裏世界ピクニック』宮澤伊織×「最悪にも程がある」いとうに聞く、激動する百合の現在地
これからの「百合」の話をしよう。(2018/12/4)

「朝礼と掃除は仕事じゃないからタイムカードは今から切ります」 実話に基づいた「ブラック企業体験イベント」が完全にホラーだった
「残業は1日10時間まで」「ノルマ未達成だから罰金10万円」……パワーワードが多すぎる。(2018/11/26)

ブスをバカにしていた男子が女子になって気づく“かわいくなる大変さ” 漫画『朝起きたらブスだった』で人生ハードモードな世界を知る
かわいいをつくる苦労と方法がいろいろと勉強&参考になる。(2018/11/23)

「もはや写真集というか芸術本」 「月刊」シリーズのラストに三浦宏規、初の写真集にファン狂喜
月刊三浦宏規……何というパワーワード。(2018/11/21)

「日本人の9割は90%」「IQが5億にアップしました!」 同人CD特設サイトが宇宙的センスでトレンド入りの快挙
5000兆円のところが今だけ500円! 99.9999999999999%引き!!(2018/11/20)

浮遊する「ドローン仏」さまがナムい スイーっと近づいてくる姿がインパクト大の新しさ
仏様もドローンで来迎する時代。(2018/11/17)

映画「翔んで埼玉」、埼玉VS千葉の最新映像が解禁 出身地対決でYOSHIKIと高見沢俊彦の姿も
やりたい放題。(2018/11/12)

「いいじゃん」「最高じゃん」の声続出 「お前じゃん」だけで女子を赤面させる男子の漫画にときめくじゃん
「お前じゃん」だけでドキドキさせるなんてズルイじゃん。(2018/11/10)

ネットを震え上がらせた“シャブ山シャブ子”こと江藤あや、素顔とのギャップに再び反響起こる
シャブ山シャブ子は二度刺す……!!(2018/11/9)

「つらい時は何でも良いから紙に書いてごらん」→長女、母への不満をまさかの書籍化 「オニ化してたよ」「子どもの本当の声、ココにあり!」などパワーワード全開
表紙からアクセル全開。(2018/11/5)

漫画家が婚活で出会った数学者の価値観が異星人すぎる エッセイ漫画に「笑った」「必要以上に誠実」の声
未知との遭遇。恋ってこうやって始まるのか。(2018/10/27)

「肉汁は食前酒」「カロリーはうまいネ」 スーパーの“手描きポップ”が「デブの気持ちわかってる」と共感得る
脳にダイレクトに訴えかけてくるフレーズ。(2018/10/14)

「サウナで良くなった血流に幸福物質を流し込んでやれっ!!」 サウナとグルメのルポ漫画制作プロジェクトが支援を募集中
サウナの後のビール……!(2018/10/1)

スピン経済の歩き方:
“変態セブン”が生まれた背景に、地獄のドミナント戦略
栃木県内にあるセブン-イレブンの店舗が話題になっている。オーナー店長が破天荒すぎる言動を繰り返していて、その動画が公開されたのだ。この問題は「オーナーとエリアマネージャーを叩いて終了」で終わりそうだが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。それは……。(2018/9/25)

建築知識さんがまたやってくれました(1年ぶり2回目) 建築専門誌が建築構造を「ボーイズラブ」で擬人化
建築構造がアラブ石油王やショタ番長に変身。(2018/9/21)

まもなく1番線に「幸せ」行きの列車がまいります 鉄オタ夫婦の理想が詰まった結婚式「ブライダルトレイン」が最高すぎる
鉄オタならニヤリとくる粋な演出も。(2018/9/19)

「出会いはお台場のラプラス」 ポケモンGOがきっかけで結婚したカップルにインタビュー
Twitterで、ポケモンGOをきっかけに結婚したと報告するカップルが話題に。なれ初めから入籍までを詳しくうかがいました。(2018/9/22)

週末珍ゲー紀行:
異世界転生したら墓守やらされるハメになった件 “汚い牧場物語”と話題のゲーム「Graveyard Keeper」の危険な魅力
ダークサイドに堕ちた牧場物語。(2018/8/27)

「全問正解で有給チャンス」 サントリー子会社のジャパンビバレッジ、“有給取得クイズ”メールの存在認める
「従業員はおもちゃじゃない」など、ジャパンビバレッジに対し批判が集まっています。(2018/8/21)

映画「翔んで埼玉」の特報が解禁! W主演のGACKT&二階堂ふみ、“ゴメンなさいポスター”で埼玉県人に全力謝罪
特報映像では、埼玉県人役として「パタリロ!」の加藤諒さんが登場。(2018/8/17)

「推しアクセ」教えてください!:
物語性があるアクセで「好きなひとに祈りをささげる」。殊能将之と円城塔とアイマスSideMを信仰する笹さんの推しアクセ
「皆さんは推し作家の書き下ろし短編がピアスになったことはありますか?」。(2018/7/23)

アニメ「進撃の巨人」主題歌に“X JAPAN feat. HYDE” 大物コラボも、リンホラからの変更に驚きと戸惑いの声
これまでにも「進撃の巨人」で多数の楽曲を手掛けてきただけに。(2018/7/9)

Chrome拡張「5000兆円コンバーター」にXSS脆弱性 最新版にアップデートを
「5000兆円欲しい!」と書かれたテキストを、太字の画像に変換するChrome拡張「5000兆円コンバーター」にXSS脆弱性が見つかったとJVNが注意喚起している。(2018/6/15)

小二女子「ツインテールの高さが左右非対称じゃねえか!!」 ギャップがすごい漫画『ヤクザの大親分が幼女に生まれ変わった話』が尊い
こんなにツインテールが似合うヤクザの大親分はいない。(2018/6/2)

これからのAIの話をしよう(言語編・前編):
人工知能は「美魔女」という言葉を生み出せるか 雑誌編集者×AI研究者、異色対談
人工知能は「美魔女」という言葉を生み出せるのか? プロの編集者と自然言語処理の研究者が、それぞれの立場で「言葉」をめぐる議論を繰り広げる。(2018/5/30)

無断キャンセルした大学職員にうどん店「二度と来ないで」と激怒→実は架空の大学でツイート自体も壮大な釣りだと話題に
手間のかかることを……!(2018/5/14)

小林幸子、“バーチャルグランドマザー”としてVTuber界に降臨 キズナアイとの「千本桜」コラボも
なんというパワーワード……!(2018/4/29)

Over the AI ―― AIの向こう側に(21):
不幸な人工知能 〜尊敬と軽蔑の狭間で揺れるニューラルネットワーク
今回のテーマは、第3次AI(人工知能)ブームを支えているといっても過言ではない花形選手、ニューラルネットワークです。ただしこのニューラルネットワーク、幾度もダイナミックな“手のひら返し”をされてきた、かわいそうなAI技術でもあるのです。(2018/4/27)

エポック社から“ゴミのフィギュア”が登場 「パワーワード」「ハッハッ、見ろ! ゴミだ!」
ジオラマなどに使えそう。(2018/4/23)

石野純也のMobile Eye:
打倒LINEは可能なのか 「+メッセージ」導入の狙いを読み解く
3キャリアが5月9日に提供開始する「+メッセージ」。+メッセージは「3キャリアが結託してLINEに対抗しようとしているのではないか」と見られがちだ。+メッセージ提供の狙いはどこにあるのか?(2018/4/14)

GACKT、ぽっちゃりになって“我苦豚”に改名!? フルヌード写真集やミミガー封入シングルなどネタ満載
ひたすら手が込んでる。(2018/4/1)

地下ドル「かみつき!MAD-DOG」はなぜ初ライブでカブトムシを食べたのか 一緒に食べながら聞いてみた
一緒にカブトムシを食べてみました。(2018/3/31)

Over the AI ―― AIの向こう側に(20):
忖度する人工知能 〜権力にすり寄る計算高い“政治家”
今回取り上げるのは「強化学習」です。実はこの強化学習とは、権力者(あるいは将来、権力者になりそうな者)を“忖度(そんたく)”する能力に長けた、政治家のようなAI技術なのです。(2018/3/27)

部長が! そして課長が! 魔界からの侵攻に「魔法中年」が挑む漫画の続きが気になってしょうがない
2ページなのに妄想捗る。(2018/3/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。