ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「Reader PRS-T2」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Reader PRS-T2」に関する情報が集まったページです。

ソニーの新型電子書籍リーダー「PRS-T3S」を使ってみた
ソニーが10月4日から発売した電子書籍リーダー「PRS-T3S」。ライト付きカバーの使用感、先代の「PRS-T2」や競合製品との違いをリポート。(2013/10/25)

電子書店完全ガイド2013:
ソニー「Reader Store」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内の主要な電子書店の徹底レビュー。そう、これは“書店のレビュー”だ。完全ガイド2013年版の第4回目はソニーの「Reader Store」を紹介する。(2013/10/21)

随時動画で紹介:
アイドルが新旧ソニー「Reader」レビューをお届け
10月4日に発売された、ソニーの新しい電子書籍端末「PRS-T3S」。前バージョン「PRS-T2」とどこがどう変わったのだろうか。「端末の扱いはお手の物」ゲーマーサバゲータレント・梨蘭さんによる動画比較レビューをお届けします。(2013/10/9)

10月4日発売:
ソニー、電子書籍リーダー新モデル「PRS-T3S」を発表――Reader Storeも全面刷新へ
ソニーは、電子書籍リーダー最新モデル「PRS-T3S」の国内発売を10月4日から開始する。海外モデルと異なりカバーをオプションとしたほか、画面リフレッシュを極限にまで抑えた。(2013/9/24)

IFA 2013:
「PRS-T3」ことSony Reader新製品が展示、ライトつきカバーも
ソニーが先日発表したばかりのSony Reader新モデル「PRS-T3」。ドイツのベルリンで開催されているIFA 2013会場内で実機に触れてきた。(2013/9/11)

カバー標準装備&急速充電:
ソニー、海外でReader最新モデル「PRS-T3」を発表
ソニー欧州法人が電子書籍リーダー端末“Reader”の最新モデル「PRS-T3」を発表。(2013/9/5)

ソニーPRS-T2が値下げ、次モデル登場も間もなく?
ソニーの電子書籍リーダー「PRS-T2」の実売価格が9980円から7980円に値下げ。次モデルの登場も近そうだ。(2013/7/12)

ソニー、電子書籍とReader Storeの成長について語る
ソニーの電子書籍ビジネスは、今どういった方向に向いているのだろうか。Reader Storeの米国・カナダ担当部長ナターシャ・ヘルビグ氏に聞いた。(2013/7/1)

ソニーPRS-T3、発表間近か
PRS-T2に次ぐソニーの新型電子書籍リーダーは、間もなくお目見えするかもしれない。各国での値引き販売がその兆候だ。(2013/4/5)

電子書籍端末ショーケース:
BookLive! Reader Lideo(BL-121)――BookLive
往年の名機から最新のタブレットまで――古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。ここでは、電子書籍ストア「BookLive!」専用のE Ink電子ペーパー端末「BookLive! Reader Lideo」を紹介する。(2012/12/28)

ソニーのReader「PRS-G1」がさらに値下げして8980円に
11月2日に1万800円に値下げされたばかりの電子書籍リーダー端末「Reader」の3Gモデル「PRS-G1」が再度値下げ。(2012/12/17)

BookLive!の電子書籍リーダー「BookLive! Reader Lideo」をいち早く使ってみた
BookLive!が12月10日から発売した電子書籍リーダー「BookLive! Reader Lideo」。通信費不要のWiMAXを搭載した同端末の実力は?(2012/12/10)

動画で比較:
kobo glo vs. Sony PRS-T2
Koboの「kobo glo」とソニーの「PRS-T2」を動画で比較。(2012/11/19)

あなたに合った電子書店を見つけよう:
これでもう迷わない、電子書店完全ガイド――Reader Store
eBook USERがお届けする国内の主要な電子書店の徹底レビュー。そう、これは“書店のレビュー”だ。今回はソニーの「Reader Store」を紹介する。(2012/11/14)

Reader「PRS-G1」が値下げ――3GモデルでKindle Paperwhiteに拮抗
Kindle Paperwhiteの発表に影響されたか、ソニーReaderの3Gモデルが値下げされた。(2012/11/2)

ソニーPRS-T2からFacebookへの引用投稿機能が削除――一部関係者の理解得られず
ソニーの「PRS-T2」がソフトウェアアップデート。文章を引用してFacebookに投稿する機能が停止された。一部関係者の理解を得られない可能性があると判断したためだという。(2012/10/25)

Readerアプリが“Android”の大海原へ Xperia以外でも利用可能に
ソニーの電子書籍ストア「Reader Store」が待望の“Android”対応を果たし、Xperia以外の端末でも作品が読めるように。新アプリ「Reader for Android」はUIを刷新したほかSNS連携やページ同期など便利な新機能を搭載する。PS Vita向けReaderアプリも登場しており注目だ。(2012/10/11)

電子書籍端末ショーケース:
PRS-T2――ソニー
往年の名機から最新のタブレットまで――古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。ここでは、ソニーの電子書籍端末「Reader」の第3世代モデル「PRS-T2」を取り上げる。(2012/10/5)

ソニーPRS-T1とPRS-T2の比較動画
2011年にリリースされたソニー「PRS-T1」と、数週間前に発売された新型「PRS-T2」の違いを動画で比較。(2012/9/28)

Reader Store、PS Vitaにコミックを配信 10月から
ソニーのReader StoreがPlayStation Vitaにコミックを配信する。VitaにReaderアプリをダウンロードすることで、集英社のフルカラー人気漫画など約3000冊のコミックが購入・閲覧できるようになる。(2012/9/19)

画面反転回数を大幅に低減――ソニー、「Reader」の新機種「PRS-T2」を9月21日発売
国内向け電子書籍市場が本格化するなか、キープレイヤーのひとつ、ソニーからも「Reader」の新モデルが9月発売に。新アルゴリズムで画面反転回数が大幅に減ったほか、Facebook・Evernoteにも対応する。(2012/9/3)

9980円で登場 ソニー、電子書籍端末「Reader」新機種を発売
ソニーの電子書籍端末「Reader」の新機種「PRS-T2」が9980円で登場。(2012/9/3)

9月21日発売:
ソニー、電子書籍リーダー最新モデル「PRS-T2」を発表――価格は9980円
ソニーは、電子書籍リーダー最新モデル「PRS-T2」の国内発売を9月21日から開始する。価格は9980円。(2012/9/3)

最新電子書籍リーダーの実力は?:
ソニーの「Reader PRS-T2」をいち早く使ってみた
ソニーが9月21日から国内販売を開始する最新の電子書籍リーダー「PRS-T2」。その実力と競合製品と比べた違いを実機レポートで紹介しよう。(2012/9/3)

ソニー「PRS-T2」の仕様、明らかに
ソニーの電子書籍リーダー最新モデル「PRS-T2」の仕様が明らかになった。日本でも近々発表されるとみられるが、タッチスクリーンの仕上がりに注目したい。(2012/8/16)

ソニーのReaderがさらに値下げ、次モデル登場間近か
ソニーの電子書籍リーダー「Reader」が価格を改定、Wi-Fiモデルの「PRS-T1」が2000円値下げして1万4800円となった。(2012/8/2)

ソニーのReaderが値下げ、次期モデルはFCC通過
ソニーは、電子書籍リーダー「Reader」の現行モデルで価格改定を実施。それぞれ3000円値下げされた。次期モデルもFCCの審査を通過したようだ。(2012/7/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。