ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「進化するメールマーケティング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「進化するメールマーケティング」に関する情報が集まったページです。

【連載】進化するメールマーケティング:
第3回 最新型メールマーケティングシステム導入の効果と課題
数年前からメールマーケティングの効果が見直される中、大手海外ベンダーの日本進出が盛んになり、またそれに呼応する形で日本のメール配信システムベンダーも機能を強化している。この流れは止まることなく続くだろう。では、最新型のメールマーケティングを導入すると、どのような効果が期待できるのか。今回は導入における課題を示したい。(2014/2/17)

【連載】進化するメールマーケティング:
第2回 キャンペーン・マネジメントシステムへの誤解
日本でも昨年からよく聞かれるようになった「キャンペーン・マネジメントシステム」という言葉。いくつかの先進的な企業では採用が進み、その効果も実証されつつある。ただ、新しいジャンルであるため、バズワードとして言葉自体は浸透しながらも、その姿は人によって定義が異なる状態が続いている。本記事ではマーケティングテクノロジーの歴史も踏まえて、その実体を紐解いていきたい。(2014/1/17)

【連載】進化するメールマーケティング:
第1回 変わるメールマーケティング――顧客起点のコミュニケーションにシフトしよう
メールマーケティングは死んだのか?――デジタルマーケティング業界に新しい潮流が生まれるたびに繰り返されてきた問いかけ。しかしながら、メールマーケティングは15年以上も続き、近年はその手法や効果が見直されてきている。2013年の日本における現状、課題、可能性を提示したい。(2013/12/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。