ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「阪口大助」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「阪口大助」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

映画「銀魂」の予告を“アニメ版”万事屋がジャック! 実写版の宣伝をしない暴挙に出る
どこまでも銀魂だな!(2017/7/10)

新シリーズ「血界戦線 & BEYOND」2017年に放送決定! 内藤泰弘先生の記念イラストも公開
「ジャンプフェスタ2017」出展情報も!(2016/12/2)

アニメ「3月のライオン」棋士キャストが豪華すぎるぞ〜! 石田彰、玄田哲章、中村悠一、東地宏樹、大塚明夫ら
耳が幸せになるやつだこれ。(2016/11/25)

新刀剣男士に天下五剣の「数珠丸恒次」(CV:緑川光) 所蔵している大本山本興寺「大変なことになりましたです」
緑川ボイスの新キャラにTwitterも騒然。(2016/2/18)

スマホ版「刀剣乱舞」で「小狐丸」の全員配布が確定 新刀剣男士「不動行光」も発表されて盛り上がる
12日時点で75万人を突破しました。(2016/2/12)

ガンダムよ、天に昇れ:
機動戦士Vガンダム、「Blu-ray Box I」発売――シリーズ初の新録キャストオーディオコメンタリーなど特典付
機動戦士Vガンダム「Blu-ray Box I」(第1話〜26話までを収録)が7月24日に発売される。価格は3万4000円(税別)。ニューマスターポジフィルムHDリマスターによる高画質版だ。(2015/7/22)

「レディアント マイソロジー3」にフレン登場! 前作からの改良点も一挙紹介
(2010/12/17)

水樹奈々さん、Suaraさんが第二期OP&EDを熱唱――「WHITE ALBUM CONCERT」
TVアニメ「WHITE ALBUM」のDVD&Blu-ray Vol.1を発売した記念イベント「WHITE ALBUM CONCERT」が開催。現在放映中の第二期OP&EDの生ライブも行われたイベントの模様をお届けする。(2009/10/9)

第二期のテーマは“肉体”――TVアニメ「WHITE ALBUM」のアフレコ現場に潜入
2009年10月から第二期が放送されるTVアニメ「WHITE ALBUM」。このたび、アフレコ現場へとお邪魔する機会を得たので、キャスト陣に意気込みなどを語ってもらった。(2009/9/14)

あのRPGが帰ってきた――PSP「ルナ 〜ハーモニー オブ シルバースター〜」
ガンホー・ワークスは、PSP用新作ソフト「LUNAR HARMONY of SILVER STAR(ルナ 〜ハーモニー オブ シルバースター〜)」を2009年秋に発売する。(2009/5/18)

女子剣道マンガ「バンブーブレード」がゲーム化
スクウェア・エニックスの隔週刊誌「ヤングガンガン」にて連載中の「バンブーブレード」を題材としたPSP用ソフト「バンブーブレード〜それからの挑戦〜」が、ガジェットソフトとACGから4月末に発売されることが明らかになった。(2009/1/27)

揺れすぎ御免? 「仮面のメイドガイ」がゲーム化
「月刊ドラゴンエイジ」にて連載中の「仮面のメイドガイ」が、PSP用ソフト「仮面のメイドガイ ボヨヨンバトルロワイヤル」となって、2009年2月26日に発売される。(2008/11/27)

ライブイベントの先行販売抽選受付を開始――「DEAR My SUN!!〜ムスコ★育成★狂騒曲〜」
(2007/12/6)

あなたは、大切な人をなくしたことがありますか?――劇場版「CLANNAD-クラナド-」
Keyのアドベンチャーゲーム「CLANNAD」が劇場版アニメとなって初の映像化。劇場版「AIR」に続き監督を務める巨匠・出?統氏の手になるこの作品では、どのような物語が描かれていくのだろうか。(2007/8/30)

2006年度は4タイトルを発売。11年目を迎えた「テイルズ オブ」シリーズから目が離せない――発表会
バンダイナムコゲームスは人気RPG「テイルズ オブ」シリーズ2006年度ラインナップ発表会を開催。すでに発表されているニンテンドーDS用ソフト「テイルズ オブ ザ テンペスト」に加え、新たにシリーズタイトル3本を発売する。(2006/6/20)

「絢爛舞踏祭」オリジナルドラマ全3巻発売決定
(2005/12/27)

“ラグスタ”の詳細が発表〜ラジオの公開録音やトークショーなど
(2004/6/8)

ラグナロクオンライン、TVアニメは4月6日よりテレビ東京で放映
(2004/2/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。