ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「セキュリティ問題」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「セキュリティ問題」に関する情報が集まったページです。

Kubernetesが付与する権限に要注意:
Kubernetesクラスタのセキュリティ問題の根本原因は何か、Alcideが概説
「Kubernetes」ネイティブのセキュリティプラットフォームを手掛けるAlcideは、Kubernetesクラスタのセキュリティを確保する上での課題を概説したブログを公開した。Kubernetesのセキュリティ問題の根本原因と原因を絶つコツを紹介している。(2020/12/10)

80個のWebサイトをAWS移行 創業100年超、森永乳業が進める“4つのセキュリティ対策”
約80のWebサイトをAWSに移行する森永乳業。その中で取り組んできたセキュリティの問題にはどのように取り組んでいるのか。(2020/11/19)

OEMの一部に影響する問題に対応:
Google、セキュリティ向上に役立つ「Android Partner Vulnerability Initiative」(APVI)を開始
GoogleのAndroidセキュリティ&プライバシーチームは、Androidの特定のOEMデバイスに固有のセキュリティ問題を管理するための取り組み「Android Partner Vulnerability Initiative」(APVI)を開始した。(2020/10/15)

「CodeQL」エンジンがベース:
脆弱性を発見するコードスキャン機能がGitHubに統合、セキュリティの問題が次々見つかる
GitHubはコードの脆弱性を簡単に発見できるコードスキャン機能の一般提供を開始した。GitHubの機能に溶け込んでいるため、開発ワークフローの一環としてセキュリティ上の課題を解決しやすい。(2020/10/13)

「Chrome 85」セキュリティアップデートを公開
更新版の「Chrome 85.0.4183.121」ではデスクトップ版に存在する10件のセキュリティ問題を修正した。(2020/9/23)

工場セキュリティ:
PR:“ニューノーマル”で必須となる「製造現場の要塞化」、実現を阻む壁は何か
COVID-19拡大が進む中、製造現場でも新たな働き方が求められている。この手段としてDXに注目が集まるが、同時に急浮上しているのがセキュリティの問題だ。製造現場の“ニューノーマル”を実現するために必要なものとは?(2020/9/17)

工場セキュリティ
“ニューノーマル”で必須となる「製造現場の要塞化」、実現を阻む壁は何か
COVID-19拡大が進む中、製造現場でも新たな働き方が求められている。この手段としてDXに注目が集まるが、同時に急浮上しているのがセキュリティの問題だ。製造現場の“ニューノーマル”を実現するために必要なものとは?(2020/9/17)

TCP/IPの7大脅威【中編】
ARPスプーフィング、ポートスキャン、ICMP攻撃とは? 「TCP/IP」を狙う攻撃
インターネットの基本的なプロトコル群「TCP/IP」に関するセキュリティ問題には、さまざまな種類がある。把握しておくべき攻撃手法と対策を紹介する。(2020/8/27)

TCP/IPの7大脅威【前編】
いまさら聞けない「TCP/IP」とは? 何が危険なのか?
「TCP/IP」に関するセキュリティ問題にはどのようなものがあり、どう対処すればよいのか。それを理解するための前提として、TCP/IPとはそもそも何なのかを簡単に整理しよう。(2020/8/21)

「脱クラウド」が意味するもの【第3回】
「脱クラウド」したくなるセキュリティ問題 クラウドが狙われる理由とは?
クラウドサービスの利用で企業が懸念するポイントの一つがセキュリティだ。これがクラウドサービスからオンプレミスのインフラに回帰する「脱クラウド」の主要な要因にもなっている。(2020/8/11)

「Zoom」は信頼できるのか【後編】
“脱Zoom”を選ぶ人、Zoomを使い続ける人、それぞれの考え方
「暗号化について虚偽の主張をした」と訴えられるなど、「Zoom」のセキュリティ問題がたびたび世間を騒がせている。こうした問題を受けて、ユーザー側も、ベンダー側も動いている。(2020/6/19)

Zoom 5.0アップデートでAES 256-bit GCM暗号化など多数の改善
新型コロナウイルスの影響でユーザーが急増し、セキュリティ問題が指摘されているZoomが今週中にバージョン5.0になり、多数のセキュリティおよびプライバシーに関する改善が行われる。(2020/4/23)

Google、「Chrome 81」の脆弱性を修正 デスクトップ向けアップデート公開
今回のアップデートは、決済機能などに存在する8件のセキュリティ問題に対処した。(2020/4/22)

Zoom、新たな脆弱性発覚か 脆弱性発見プログラム強化に向けて専門企業と提携
Zoomは相次ぐセキュリティ問題の発覚を受け、脆弱性発見を目的としたバグバウンティプログラムの改善を目指し、同分野で実績のあるLuta Securityと提携した。(2020/4/17)

Zoom、会議ID非表示などセキュリティ関連のアップデート
新型コロナの影響でユーザーが急増し、セキュリティ問題も浮上しているZoomがセキュリティ関連のアップデートを行った。ホスト向けの「Security」アイコンを追加し、タイトルツールバーでの会議ID表示をやめた。(2020/4/9)

Google「Chrome 81」リリース TLS 1.0とTLS 1.1の無効化は先送りへ
「Chrome 81」では32件のセキュリティ問題を修正。TLS 1.0とTLS 1.1の完全無効化は「Chrome 84」に持ち越された。(2020/4/8)

半径300メートルのIT:
Zoomのセキュリティ問題はなぜ「修正だけでは済まない」のか 脆弱性の“捉え方”から解説しよう
テレワークに多くの企業が移行する中、Web会議でおなじみになりつつある「Zoom」の脆弱性が話題になっています。どんなアプリにも脆弱性は付き物で、基本的に修正、アップデートすれば解決する――はずなのですが、今回はセキュリティ記者として見過ごせない問題が出てきたので、解説します。(2020/4/7)

Zoom、相次ぐセキュリティ問題やプライバシー問題で謝罪 対応について説明
Zoomの利用が予想をはるかに超えて激増し、対応に追われる中で、「プライバシーとセキュリティに対する期待に応えられなかった」としてエリック・ユアンCEOが謝罪した。(2020/4/3)

Google、デスクトップ向け「Chrome 79」の脆弱性に対処
デスクトップ向けの「Chrome 79.0.3945.117」では3件のセキュリティ問題を修正した。(2020/1/9)

7pay、宅ふぁいる便の不正アクセスなど:
マカフィーが2019年の10大セキュリティ事件を発表 第1位は?
マカフィーは2019年の10大セキュリティ事件を発表した。バーコード決済サービス「7pay」への不正アクセスや、ファーウェイ製機器の締め出し、Webサービスへの不正アクセスやSNSでのセキュリティ問題などがランクインした。(2019/12/25)

Bluetoothなどの脆弱性に対処 Googleが「Chrome 78」をアップデート
デスクトップ向けの更新版Google Chromeでは外部の研究者から報告されたBluetoothの脆弱性2件を含め、5件のセキュリティ問題を修正した。(2019/11/20)

Google Chrome 78の安定版、デスクトップとAndroid向けに公開
デスクトップ向け最新バージョンの「Chrome 78.0.3904.70」では計37件のセキュリティ問題を修正した。(2019/10/23)

Google、デスクトップ向け「Chrome 77」のセキュリティアップデート公開
最新バージョンの「Chrome 77.0.3865.120」では計8件のセキュリティ問題を修正した。(2019/10/11)

Google、デスクトップ向け「Chrome 76」のセキュリティ問題を修正
Googleはデスクトップ向け「Chrome 76」の更新版「Chrome 76.0.3809.132」をリリースした。この更新版では、3件のセキュリティ問題に対処したという。(2019/8/27)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2019年7月版:
「リスト型攻撃が原因」「二段階認証なら安全」は本当か?
2019年7月のセキュリティクラスタは、「7pay」が大きな話題となりました。スタートしてすぐに攻撃され、登録者のカード情報が悪用され、あっという間にサービスは中止。その短い間にたくさんのセキュリティ問題が見つかり、「二段階認証」が流行語となりました。そして、「クロネコメンバーズ」も攻撃を受けて、こちらも中途半端な「二段階認証」が話題となる事態に。(2019/8/20)

攻撃者にシステムを制御される恐れも――Googleが「Chrome 76」のセキュリティアップデートを公開
Googleは、「Chrome 76」のセキュリティアップデートを公開し、4件のセキュリティ問題に対処した。(2019/8/9)

小型機の制御用通信システム実装にセキュリティ問題、データ不正操作される恐れ
機体に物理的にアクセスできる人物が、CANバスにデバイスを接続して偽のデータを挿入し、計器に不正な測定値を表示させることができてしまう恐れがある。(2019/8/1)

iOSやmacOSのアップデート公開、多数の脆弱性を修正
「iOS 12.4」では、Apple Watchのトランシーバー機能に関するセキュリティ問題を修正。HomePodは日本語に対応した。(2019/7/23)

CERT/CC、WindowsのRDPに関する脆弱性を公開 Microsoftは反論
脆弱性を悪用されればリモートセッション上でロック画面を回避される恐れがあるとCERT/CCは指摘。これに対してMicrosoftは、修正すべきセキュリティ問題とはみなさないという見解を示した。(2019/6/10)

Googleの2段階認証デバイス「Titan Security Key」、セキュリティ問題が判明でリコール
「Titan Security Key」のBluetooth Low Energy(BLE)バージョンに、Bluetoothペアリングに関連したセキュリティ問題が見つかった。(2019/5/16)

iOS向けChromeユーザーは特に注意、ConfiantがiOSのユーザーを狙った不正広告を注意喚起
Confiantは、iOSのユーザーを狙った不正な広告が横行し、ユーザーセッションが乗っ取られる被害が多発しているとブログで伝えた。その中でもiOS向けChromeに存在するセキュリティ問題が不正広告に悪用され、ポップアップ防止機能がかわされていたことが分かった。(2019/4/19)

特集・RPAで仕事が変わる:
RPA導入で気になるセキュリティ問題
社員の誰よりもだまされやすく、成長することもない、愚直ながらも勤勉な人間が職場にいたら?(2019/3/29)

サイバーセキュリティに特効薬なし
Windows Sandboxで実現する使い捨て可能なアプリ実行環境 利便性とリスクは?
Microsoftの「Windows Sandbox」は、使いやすいサンドボックスツールだ。この機能は、IT担当者やユーザーの仕事を楽にするかもしれない。しかし企業にはセキュリティの問題をもたらす恐れがある。(2019/3/15)

開発段階から検討必須! あなたの製品のセキュリティ対策(2):
医療機器サイバーセキュリティのチェックすべきポイント
さまざまな機器がネットワークにつながるようになり、機器の生産性や利便性は大きく高まった現代。しかし同時にセキュリティの問題が生じ、開発段階からセキュリティ対策を行うことが必須となる。連載第2回では、医療機器におけるサイバーセキュリティを解説する。(2019/3/6)

FaceTimeセキュリティ修正、macOSも提供開始
Appleは、グループFaceTimeのセキュリティ問題を修正した「macOS Mojave 10.14.3 追加アップデート」を配布開始した。(2019/2/8)

開発段階から検討必須! あなたの製品のセキュリティ対策(1):
ロボットをハッカーから守るセキュリティ対策のポイント
様々な機器がネットワークにつながるようになり、機器の生産性や利便性は大きく高まった。しかし同時にセキュリティの問題が生じ、様々なトラブルが散見されるようになったのも事実である。連載第1回目となる本稿では、急速にコネクテッド化が進む産業用ロボットに焦点を当てて、顕在化してきたセキュリティリスクと取りうる対策について紹介する。(2019/1/23)

Google、デスクトップ向け「Chrome 71」のセキュリティアップデート公開
最新版となる「Chrome 71.0.3578.98」では、外部の研究者から情報が寄せられた1件のセキュリティ問題を修正した。(2018/12/13)

「Google Chrome 70」安定版のアップデート公開、セキュリティ問題に対処
「Chrome 70.0.3538.110」がWindowsとMac、LinuxおよびChrome OS向けに公開された。(2018/11/20)

新規格WPA3で実現するセキュリティとは
Wi-Fiにありがちな11のセキュリティリスク
Wi-Fiは生産性に恩恵をもたらす半面、深刻なセキュリティ問題を発生させる恐れもある。企業がワイヤレスに関するセキュリティ問題を発見し、対策を強化するためにはどうすればいいのか。(2018/11/18)

デバイス大量導入時の注意点
AppleのMDM登録サービス「DEP」の認証機能を巡り議論 機能か、欠陥か
Appleが法人向けに提供するモバイル端末導入支援サービスDevice Enrollment Program(DEP)は、注意して利用しなければ組織全体が脅威にさらされる危険がある。とはいえ、このセキュリティ問題には回避策がある。(2018/10/24)

製造業IoT:
PR:半導体工場を襲った40時間の生産停止、“工場IoT化”の壁をどう乗り越えるか
工場など製造業のIoT活用が加速しているが、現実化が進むほど効果を得るにはさまざまな障壁にぶつかるケースが多い。セキュリティ問題やネットワーク接続、データ連携の課題など、これらの課題に対する現実的な解決策を示すセミナー「Moxa IIoT Solution Day」が2018年9月に開催された。本稿ではその講演の様子をお伝えする。(2018/10/3)

業務用とプライベート用の違い
業務用スマートフォンはいつ買い替えるべきか?
スマートフォンの寿命は永遠ではない。セキュリティの問題を防ぎ、最大限の性能を引き出すには、買い替えの時期を判断しなければならない。(2018/9/23)

子どもを守るITリテラシー学:
子どもに「パスワード」の付け方を教えられますか?
スマホやPCを子どもが当たり前に使う時代になりましたが、生活が便利になる一方で、そこにはセキュリティの問題も潜んでいます。この連載では、主に小中学生の保護者に向けて、身近になったITをどう安全に活用し、子どもを守るのかを考えていきます。今回のテーマは「パスワードの付け方」です。(2018/8/28)

Playストア外で提供の「Fortnite Android Beta」のセキュリティ問題をGoogleが指摘
Epic Gamesが自社サイトで限定公開したバトルロイヤルゲーム「Fortnite Android Beta」のインストーラアプリに脆弱性があるとGoogleが指摘し、Epic Gamesは2日後に修正。Googleは脆弱性の詳細を既に公表している。(2018/8/27)

各種のセキュリティ懸念に対処する
DNSのセキュリティ問題を自社で解決する方法
DNSは、インターネットの利用には不可欠のサービスだ。このDNSのセキュリティ関連の問題を削減/除去する手段と方法を簡単に紹介する。(2018/8/23)

子どもを守るITリテラシー学:
子どものITセキュリティに家族で向き合っていますか?
スマホやPCを子どもが当たり前に使う時代になりましたが、生活が便利になる一方で、そこにはセキュリティの問題も潜んでいます。この連載では、主に小中学生の保護者に向けて、身近になったITをどう安全に活用し、子どもを守るのかを考えていきます。(2018/8/9)

WSUSやSCCMは万能ではない
無料でパッチ管理ツールを使いこなすためのコツとは
パッチ管理は、あらゆるセキュリティ戦略の基本的で、重要な要素だ。これをマスターすれば、IT担当者はセキュリティ問題の多くに対処できるだろう。(2018/8/5)

脅威に対して先手を打つ
Windows 10のセキュリティ対策に限界は? リスクを軽減するツールを紹介
組織のニーズを理解して、パッチ管理やドメインパスワードポリシーといった複数の重点分野に照準を絞ることで、「Windows 10」のセキュリティ問題に先手を打つことができる。(2018/7/14)

Google、「Chrome 67」安定版のセキュリティアップデートを公開
最新版となるバージョン67.0.3396.79では、外部の研究者から報告された1件のセキュリティ問題を修正した。(2018/6/7)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第15回】
テレワーク導入企業が直面するセキュリティ問題にどう取り組むか?
働き方改革の旗の下、政府はテレワーク制度の普及を推進しています。持ち出したモバイルデバイスをオフィス以外の場所で使う際に必要となるセキュリティ対策について解説します。(2018/4/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。