ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「聖飢魔II」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「聖飢魔II」に関する情報が集まったページです。

ハリウッドの撮影ですか? 田村淳のイケメンすぎる白塗りにファン「ジョーカーぽくてかっけー!」
バットマンならぬバンドマン。(2018/5/8)

かーずSPのインターネット回顧録(番外編):
ブックオフの伝説記事「異世界転生ファンタジー年表」を作った“ラノベ担当ミヤザワさん”とは一体何者なのか
ガチすぎる特集を連発する「ブックオフのミヤザワ」さんとは一体何者?(2018/4/21)

エイジア、キング・クリムソンのジョン・ウェットンが67歳で死去 ベース・ボーカルで幅広く活躍
エイジアの1stアルバムは全米年間チャート1位に。(2017/1/31)

ヘドバンできる“柵”もある! メニューがバンド名、レアポスター・音源も満載の「バンギャカフェ」に行ってきた
地方のバンギャの居場所を作ることを目指して誕生した「バンギャcafe&Var“Raffine”」。そこにはオーナーが20年以上かけて集めたコレクションや非常に良い柵があった。(2017/1/14)

貞子と伽椰子がバンド結成? 映画「貞子vs伽椰子」の主題歌MV公開 俊雄もダンサブル
魔界と霊界の奇跡的なコラボ。(2016/6/5)

怖がるティナに歓喜の美月 映画「貞子vs伽椰子」イベントでデーモン閣下が2大怨霊を“召喚”
ホラー映画界の2大キャラクター、貞子と伽椰子が夢の恐(共)演。俊雄もいるよ。(2016/5/25)

映画「貞子vs伽椰子」の予告編公開 聖飢魔IIによる主題歌「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」も流れる
貞子と伽椰子に包囲される恐怖感!(2016/4/26)

デーモン閣下が「アニサマ」に初光臨! 北宇治カルテット、Pile、petit miladyら追加アーティストも発表
さいたまスーパーアリーナに悪魔の歌声が響き渡る。(2016/4/15)

聖飢魔IIが「貞子vs伽椰子」の主題歌アーティストに デーモン閣下「大変な事態なので吾輩が特別要請した」
人類最凶の敵であるロックバンドの姿を借りた悪魔の集団と、世界中に呪いを撒き散らしてきた霊界の二大ヒロインが異例のコラボ。(2016/4/6)

再び悪魔と契約したオンキヨー、「聖飢魔II」コラボヘッドフォン第2弾「AQUMA」発売
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは魔歴18年(西暦2016年)3月10日、日本が世界に誇る悪魔集団「聖飢魔II」と結託し、公式コラボレーションヘッドフォンの第2弾「AQUMA」を発表した。(2016/3/10)

聖飢魔IIの「KOWAii CAFE」が原宿にオープン 活動ファイナルとなった彼らの歴史を振り返りながら悪魔的フードやドリンクで乾杯
ここは地獄のようなパラダイス。(2016/3/6)

地球デビュー30周年記念!:
「聖飢魔II」とコラボしたヘッドフォン「SEIKIMA II」がオンキヨーから発売――300台限定だ
オンキヨーから「聖飢魔II」とコラボしたヘッドフォン「SEIKIMA II」(ES-HF300S SEIKIMA II)が限定300台で登場。レーザーマーカーによるオリジナルロゴが刻印される。(2016/2/22)

「聖飢魔II地球デビュー30周年再集結ツアー」いよいよファイナル デーモン閣下以外の悪魔姿はこれで見納め?
19・20日の武道館で悪魔たちも見納め!(2016/2/18)

「全力疾走」という病:
家電メーカー「アクア」の伊藤社長が業界の常識を破り続けてきたわけ
「スター・ウォーズ」に登場するロボット「R2-D2」の移動式冷蔵庫、中身がまる見えのスケルトン洗濯機……。家電メーカー・アクアに伊藤嘉明社長が就任して以来、次々と画期的な商品が誕生している。その常識破りとも言える取り組みには伊藤氏自身の人生が色濃く反映されているという。(2016/2/2)

聖飢魔II地球デビュー30周年記念! 構成員(メンバー)の悪魔全員が集結する666分間のニコ生を放送
悪魔の皆さんによる30年間の思い出話が聞けるかも。(2015/8/26)

「檀家」「ブリーダー」「モノノフ」ってこれ分かる? バンドやアイドルのファンの呼び名を並べたらすごく奥深かった
TM NETWORKのファンは「消しゴム」だそうです。(2015/3/3)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
やーきゅーうー、すーるなら!? 「水晶の龍(ドラゴン)」
DOGの「水晶の龍」といえば、“ヒロインと野球拳ができる”という裏技が有名です。実在しないウソ技なんですが、それでも今なお語り草。当時の裏技ブームのすごさがうかがえます。(2006/8/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。