ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「志村けん」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「志村けん」に関する情報が集まったページです。

居合抜刀の体験もスタート:
副業の「瓦割り」ビジネスを4カ月で黒字化させて会社を辞めた男の勝算
「瓦割り」体験を提供しているお店がある。大企業に勤務していた男性が副業として始めた。オープンから4カ月で黒字化させ、会社を辞めるに至った経緯とは?(2019/5/25)

「めっちゃ豪華なメンバー」 志村けんの誕生日会に中山秀征、宮根誠司、Maxら集結した様子が“オールスター感謝祭”級
さすが重鎮。(2019/2/18)

グラドル小林恵美、芸能界引退を発表 「やりきったという気持ち」「とても幸せ」と16年間を振り返る
バカ殿の腰元役キレイだったなぁ……。(2018/10/1)

「素顔のマツコ・デラックスです」 志村けんの誕生日に顔を隠す人物、モト冬樹がブログで説明
気になる……。(2018/2/19)

日本ハムファイターズで“ヒゲハザード”発生 新垣選手が触れた者みなヒゲダンスで踊り狂う
でんでんでんでんでーでんででーでんででーでんで〜♪(2017/10/25)

志村けん、Instagramの乗っ取り被害に「気をつけます ごめん」 旧ユーザーネームには「たらこベイビー」?
二段階認証お勧めです。(2017/4/20)

志村けんのInstagramが乗っ取り被害、事務所が報告 男性の局部写真が掲載されていたとの声も
事務所から本人にも確認をとったとのこと。(2017/4/19)

圧倒的ハーレム! 志村けん、67歳の誕生日に橋本マナミ、森下悠里ら美女軍団に囲まれる
これぞ志村けん。(2017/2/19)

この表情……公開して大丈夫? 二階堂ふみ、志村けん・笑福亭鶴瓶の前で渾身の“アイーン”を見せつける
1月2日にこの3人の番組が放送されるようです。(2016/12/4)

作曲家・たかしまあきひこさん死去 「8時だョ!全員集合」など劇伴音楽で多くの名曲遺す ドリフのオチでおなじみ「盆回り」も
「ヒゲのテーマ」などもたかしまさんの作曲でした(2016/10/22)

東京スカパラ、さかなクンに続いて志村けんとコラボ 三味線への真剣な眼差しが渋すぎる……!
謎の三味線奏者「KEN from EVM」として参加。バカ殿とのギャップがすごい!(2016/7/12)

R25スマホ情報局:
「LINE LIVE」開始1カ月で4300万人視聴
アーティストやタレントの映像をライブ配信する「LINE LIVE」。2015年12月のリリースから約1カ月で累計視聴者数が4300万人を超えるほどの人気となっています。(2016/1/26)

Facebookで13万人が「いいね!」した「志村けん×ビートたけしの美談」はガセ? 事務所に聞いてみた
「当事者から言わせてもらうと『初耳』」「両師匠に失礼な話」とグレート義太夫さんは否定。(2013/4/11)

窪田順生の時事日想:
天才チンパンジー“パンくん”の女性襲撃は予見されていた?
『天才!志村どうぶつ園』などに出演している天才チンパンジー“パンくん”が、20歳の女性にかみつき、全治2週間のケガを負わせた。テレビ出演には専門家から何度となく警告が発せられていたが、それを無視し続けたことが今回の事故につながったのかもしれない。(2012/9/11)

子どもが見ている&親が見せたくない――テレビ番組は
子どもたちはどのようなテレビ番組をよく見ているのだろうか。小学5年生に聞いたところ「アニメ番組」、中学2年生は「バラエティ番組」と答えた人が最も多かった。日本PTA全国協議会調べ。(2010/5/24)

オルタナブログ通信:
ネットいじめの3つの特徴
ITmediaのビジネス・ブログメディア「オルタナティブ・ブログ」では、180組を超えるブロガーが、ITにまつわる時事ネタなどを日々発信している。その中から今週は、「ネットブック」「不況」「ネットと政治」「デジタルブック」「携帯電話」「ネットの中傷」などを紹介する。(2009/2/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。