ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ソフトウェアテスト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

山浦恒央の“くみこみ”な話(131):
ソフトウェア技術者のためのバグ百科事典(10)デバッグの強力な手掛かり「ログ」のバグ
ソフトウェア技術者に向けて、バグに関する基礎知識をまとめていく新シリーズ「バグ百科事典」。第10回は、デバッグの強力な手掛かりとなる「ログ」にまつわるバグを取り上げます。(2020/7/9)

山浦恒央の“くみこみ”な話(130):
ソフトウェア技術者のためのバグ百科事典(9)境界値のバグ
ソフトウェア技術者に向けて、バグに関する基礎知識をまとめていく新シリーズ「バグ百科事典」。第9回は、常連バグの代表格である、境界値に関する仕様の不良や勘違いのバグ「境界値のバグ」を取り上げます。(2020/6/11)

山浦恒央の“くみこみ”な話(129):
ソフトウェア技術者のためのバグ百科事典(8)バグを見つけるテストがバグってる
ソフトウェア技術者に向けて、バグに関する基礎知識をまとめていく新シリーズ「バグ百科事典」。第7回は、プログラムのバグを見つける作業である「テスト」がテーマです。テストの作業次第では逆にバグを作り込むこともあり、「テストのテストのテスト」のように無限ループに陥りかねません。(2020/5/19)

山浦恒央の“くみこみ”な話(128):
ソフトウェア技術者のためのバグ百科事典(7)要求仕様書がバグってる
ソフトウェア技術者に向けて、バグに関する基礎知識をまとめていく新シリーズ「バグ百科事典」。第7回は、ソフトウェアのライフサイクルで最も重要な要求仕様に焦点を当てます。要求仕様書をしっかり作成しないと、その後のフェーズでさまざまな問題が発生し、プロジェクトの進行に大きく影響するのです。(2020/4/14)

車載ソフトウェア:
自動車関連ソフトウェアテスト向けシラバスの日本語版を公開
JSTQBは、自動車関連向け「CTFL Automotive Software Testerシラバス」の日本語翻訳版を公開した。自動車関連ソフトウェアのテストに関する知識を集約したもので、テストで考慮すべき点や、各種標準規格、XiLテスト環境の解説が記載されている。(2020/4/13)

山浦恒央の“くみこみ”な話(127):
ソフトウェア技術者のためのバグ百科事典(6)不信感を生む“文書作成のバグ”
ソフトウェア技術者に向けて、バグに関する基礎知識をまとめていく新シリーズ「バグ百科事典」。第6回は、ソフトウェア開発業務の中で圧倒的に大きな比率を占める「文書作成」における間違い、「文書作成のバグ」を取り上げます。プログラムの動作には影響しませんが、その文書を読んだユーザーに不信感を与えかねない危険なバグなのです。(2020/3/16)

ソフトウェアテスト同士を比較できる:
Google、ファジングツール評価を自動化できる「FuzzBench」をリリース
Googleは、複数のファジングツールの評価を自動化できるオープンソースソフトウェアであり、無料サービスである「FuzzBench」をリリースした。どのソフトウェアテストが優れているのか、判定しやすい。(2020/3/9)

わずか2カ月の開発期間
米大統領選の前哨戦で集計トラブル 原因は投票アプリのテスト不足?
2020年2月3日のアイオワ州党員集会で、利用された投票数集計用アプリケーションで集計ミスが発生した。アプリケーションのテストが不足していたことが原因ではないかと複数の専門家は指摘する。(2020/3/6)

山浦恒央の“くみこみ”な話(126):
ソフトウェア技術者のためのバグ百科事典(5)意外に多い「実装抜け」のバグ
ソフトウェア技術者に向けて、バグに関する基礎知識をまとめていく新シリーズ「バグ百科事典」。第5回は、学生のプログラミング作成を事例に「実装抜け」のバグを取り上げます。学生の事例ですが、プロも意外とやりがちなので気を付けておきましょう。(2020/2/13)

山浦恒央の“くみこみ”な話(125):
ソフトウェア技術者のためのバグ百科事典(4)Excelがバグの原因に!?
ソフトウェア技術者に向けて、バグに関する基礎知識をまとめていく新シリーズ「バグ百科事典」。第4回は、前回に続き「データ入力ミスのバグ」について解説します。Excelのように日頃使う開発ツールもバグの原因になり得るのです。(2020/1/14)

ハードウェアの問題をソフトウェアの仕組みで解決:
リクルートテクノロジーズ竹迫良範氏が講演、IoT時代に求められる、セキュリティも含めた品質保証の取り組みとは
@ITは2019年11月19日、「@IT ソフトウェア品質向上セミナー 2019 冬〜不確実性が高まるDX時代のソフトウェアテスト/品質保証はどうあるべきか」を開催した。本稿では、リクルートテクノロジーズ 執行役員の竹迫良範氏の特別講演「IoTプロダクトの品質とセキュリティテスト、未知の脅威に対応する開発体制とは」の模様を要約してお伝えする。(2019/12/24)

「QA4AIガイドライン」とは:
AI/機械学習の品質保証が抱える課題に開発者はどう対応すべきか
@ITは2019年11月19日、「@IT ソフトウェア品質向上セミナー 2019 冬〜不確実性が高まるDX時代のソフトウェアテスト/品質保証はどうあるべきか」を開催した。本稿では、AIプロダクト品質保証コンソーシアム 副運営委員長の石川冬樹氏の基調講演「『うちのAI大丈夫?』と言われた開発現場が慌てないための指針〜AIプロダクトと非AIプロダクト、テスト/品質保証の違いと共通点とは」の模様を要約してお伝えする。(2019/12/20)

山浦恒央の“くみこみ”な話(124):
ソフトウェア技術者のためのバグ百科事典(3)意外に厄介なデータ入力ミスのバグ
ソフトウェア技術者に向けて、バグに関する基礎知識をまとめていく新シリーズ「バグ百科事典」。第3回は、ある意味プログラマーにとって理不尽で、意外に厄介でもある「データ入力ミスのバグ」について解説します。(2019/12/10)

「STORIA法律事務所」ブログ:
AI開発にまつわる紛争や訴訟リスクを減らすには? 弁護士が解説
AI開発ではどういった紛争や訴訟が起こりうるのでしょうか。AIや知財に詳しい柿沼弁護士が解説します。(2019/11/8)

山浦恒央の“くみこみ”な話(123):
ソフトウェア技術者のためのバグ百科事典(2)まだあるぞ、うるう年バグ
ソフトウェア技術者に向けて、バグに関する基礎知識をまとめていく新シリーズ「バグ百科事典」が始まります。第2回は、前回に続き「うるう年バグ」について解説します。(2019/11/7)

NICTが開発している無線通信用のテスト環境とは:
IoT、ロボット、スマートデバイス、VR――どんどん複雑化するソフトウェアテスト、20年後はどうなる?
2019年8月29〜31日に開催された「builderscon tokyo 2019」のセッション「20年後のソフトウェアテストの話をしよう」で、情報通信研究機構の湯村翼氏がセンサーデータや物理的な情報を取り込むためのさまざまなテスト技術を説明した。(2019/10/29)

山浦恒央の“くみこみ”な話(122):
ソフトウェア技術者のためのバグ百科事典(1)うるう年
ソフトウェア技術者に向けて、バグに関する基礎知識をまとめていく新シリーズ「バグ百科事典」が始まります。記念すべき第1回は、超常連バグである「うるう年バグ」を取り上げます。(2019/10/8)

山浦恒央の“くみこみ”な話(121):
バグ検出ドリル(21)「三角形判定」のテスト項目を設計できますか【解答編】
バグは至るところに、しかも堂々と潜んでおり、自信満々なプログラマーほど、目の前のバグに気付かないものです。「バグ検出ドリル」の第20回と第21回は、「三角形を判定」するプログラムのテスト項目設計がテーマです。前回の出題編から、今回は解答編になります。(2019/9/11)

山浦恒央の“くみこみ”な話(120):
バグ検出ドリル(20)「三角形判定」のテスト項目を設計できますか【出題編】
バグは至るところに、しかも堂々と潜んでおり、自信満々なプログラマーほど、目の前のバグに気付かないものです。「バグ検出ドリル」の第20回と第21回は、「三角形を判定」するプログラムのテスト項目設計がテーマです。まずは今回の出題編を読んで、じっくり問題に取り組んでみてください。(2019/8/5)

山浦恒央の“くみこみ”な話(119):
バグ検出ドリル(19)たかが1円されど1円……1円足りないバグの恐怖
バグは至るところに、しかも堂々と潜んでおり、自信満々なプログラマーほど、目の前のバグに気付かないものです。「バグ検出ドリル」の第19回の問題は、商品と個数から合計金額を求めるプログラムのバグです。なぜか1円だけ合わない、このバグの原因を突き止めよう!(2019/7/2)

山浦恒央の“くみこみ”な話(118):
バグ検出ドリル(18)IoT時代だからこそ重要、単純でも検出が難しい通信系バグ
バグは至るところに、しかも堂々と潜んでおり、自信満々なプログラマーほど、目の前のバグに気付かないものです。「バグ検出ドリル」の第18回の問題は、相互に通信する機器のソフトウェアのバグです。IoT時代を迎えて利用場面が増えている、通信系のバグを見つけ出しましょう!(2019/6/4)

Windows 10 The Latest:
次期Windows 10最新動向:待望の機能アップデート「Windows 10 May 2019 Update」の主な変更点
Windows 10の2019年春の機能アップデート「May 2019 Update」がやっと提供開始となった。仮想マシンによるソフトウェアテスト環境「Windowsサンドボックス」など大きな機能追加が行われている。どのような機能変更があるのかをまとめてみた。(2019/5/31)

AI基礎解説:
AI製品の品質保証はどうする、日本初のガイドラインで品質と開発速度を両立せよ
AI技術を活用した製品の品質保証に関する調査/体系化、適用支援/応用、研究開発を推進するQA4AIコンソーシアムが、東京都内でイベント「Open QA4AI Conference」を開催。日本初となる「AIプロダクト品質保証ガイドライン」について、同コンソーシアム 運営委員長の西康晴氏が説明した。(2019/5/27)

組み込み開発ニュース:
ソフトウェアの開発を効率化するWebベースのテスト管理ツール
テクマトリックスは、Gurock Softwareが開発したソフトウェアテスト管理ツール「TestRail」の国内販売を開始した。Webベースのため、テストケースおよび結果の登録・検索、追跡作業が効率的に実施できる。(2019/5/17)

山浦恒央の“くみこみ”な話(117):
バグ検出ドリル(17)「よくある単純なバグ」だからこそ見つけにくい
バグは至るところに、しかも堂々と潜んでおり、自信満々なプログラマーほど、目の前のバグに気付かないものです。「バグ検出ドリル」の第17回の問題は、前回と同じ音楽プレーヤーのプログラムから出題します。「よくある単純なバグ」が潜んでいますが、見つけ出せますか?(2019/4/25)

山浦恒央の“くみこみ”な話(116):
バグ検出ドリル(16)音楽プレーヤーに潜むバグを見つけ出せ
バグは至るところに、しかも堂々と潜んでおり、自信満々なプログラマーほど、目の前のバグに気付かないものです。「バグ検出ドリル」の第16回の問題は「簡単なバグなのに、なかなか見つからない」バグです。何で見つからないんだ!(2019/3/25)

今後に備えるために
2019年に磨くべき5つのデータセンタースキル
データセンターにおけるソフトウェアの比重が高まる中、管理者はクラウドやコンテナ、DevOps、人工知能(AI)について学び、今後に備える必要がある。(2019/2/25)

山浦恒央の“くみこみ”な話(115):
バグ検出ドリル(15)なぜ「山田三郎」が「まだまだ天田三郎」に化けるのか
バグは至るところに、しかも堂々と潜んでおり、自信満々なプログラマーほど、目の前のバグに気付かないものです。「バグ検出ドリル」の第15回の問題は、「思った通りに動いてくれないプログラム」のバグです。少しはプログラマーに忖度してくれよ!(2019/2/22)

組み込みソフトウェアテスト:
PR:MISRAもCERTもAUTOSARも、コーディング規約はどうすれば順守できるのか
テクマトリックスが販売する「C++test」は、車載機器や産業機器、医療機器などの組み込みソフトウェア開発で広く利用されている、C言語/C++言語向けのテストツールだ。2019年3月にリリースされたC++testの最新バージョンである10.4.1は、どういった機能拡充が行われているのだろうか。(2019/3/14)

山浦恒央の“くみこみ”な話(114):
バグ検出ドリル(14)タイポグリセミア現象もびっくり、恐るべきは思い込み
バグは至るところに、しかも堂々と潜んでおり、自信満々なプログラマーほど、目の前のバグに気付かないものです。「バグ検出ドリル」の第14回の問題は、前回に続いて「煮詰まったバグ」です。煮詰まっているがゆえに、バグの原因が分からなくなる事態に対処してください!(2019/1/28)

ルネサス エレクトロニクス:
複数モーターの制御と組み込みAIによる異常検知を1つのマイコンで実現
ルネサス エレクトロニクスは、32ビットマイコン「RX66T」による「モータ搭載家電向け故障検知用e-AIソリューション」の提供開始を発表した。(2019/1/28)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(55):
高知編:経営のプロが本気で取り組む地方活性化――高知で芽吹くITとコンテンツ産業
元「スクウェア」社長の武市智行氏と、高知県内にゲーム会社を設立した「オルトプラス」代表の石井武氏は、高知の活性化に“本気”で取り組んでいる。(2019/1/18)

企業動向:
KCCSがRistを完全子会社化、AIを活用した画像処理技術の強化を目的に
京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、AI(人工知能)を活用した画像処理技術の強化を目的に、株式会社Ristの全株式を取得したことを発表した。(2019/1/18)

TIS/サイバネットシステム:
ビッグデータ可視化ツール「BIGDAT@Viewer」のPoCサービスを提供
TISは、サイバネットシステムが提供するビッグデータ可視化ツール「BIGDAT@Viewer」の販売代理店契約を締結した。(2019/1/11)

NECおよびNECソリューションイノベータとともに開発:
JFEスチール、国内業界初となるAI画像認識による安全行動サポート技術を導入
JFEスチールは、NECおよびNECソリューションイノベータとともに、AI(人工知能)による画像認識を製鉄所における作業者の安全行動サポートに活用する技術を開発し、導入を決定したことを発表した。(2019/1/7)

NTTドコモ/ユニアデックス:
設備点検業務のIoT化を支援する「docomo IoTスマートメンテナンスパッケージ」
NTTドコモはユニアデックスと協力し、「docomo IoTスマートメンテナンスパッケージ」を2018年12月14日から提供開始すると発表した。(2018/12/27)

山浦恒央の“くみこみ”な話(113):
バグ検出ドリル(13)のたうち回る地獄、煮詰まったバグを解決せよ
バグは至るところに、しかも堂々と潜んでおり、自信満々なプログラマーほど、目の前のバグに気付かないものです。「バグ検出ドリル」の第13回の問題は、筆者の経験を基にして作った「煮詰まったバグ」です。プログラムが思い通りに動かず「のたうち回る地獄」のような状況に対処してください!(2018/12/25)

矢野経済研究所:
国内民間企業のAI導入率は? 最も導入が進んでいる業種とそうでない業種は?
矢野経済研究所は、国内民間企業を対象に実施した、AIの導入状況に関する法人アンケート調査の結果概要を発表した。(2018/12/25)

組み込み開発ニュース:
機械学習で品質分析を効率化、AIを活用したソフトウェアテストの手法を開発
東京工科大学は、日本ナレッジと連携しAIを活用したソフトウェアテストの手法を開発すると発表した。IoT化によって加速するソフトウェア開発の効率化と品質向上につながる技術として、3〜5年後の実用化を目指す。(2018/12/21)

アイルジャパン/CT カウンターセンサー:
カプセル玩具販売機を簡単IoT化、販売数把握や適切な補充が可能となりロス低減
アイルジャパンは、カプセル玩具販売機で販売したカプセル数の検量を無線で行える販売個数計測機器「CT カウンターセンサー」を2019年2月4日から提供開始すると発表した。(2018/12/19)

亀山電機やキヤノンITSなど4社共同でPoCを実施:
ベルトコンベヤーの故障を未然に防ぐ、IoTを活用した予知保全システム
亀山電機、キヤノンITソリューションズ、toor、サイバネットシステムの4社は、ベルトコンベヤーの故障につながる予兆をいち早く検知する予知保全システムのPoC(概念実証)を実施すると発表した。(2018/12/6)

メモリ使用効率の改善などに貢献:
ACCESS、世界最薄・最軽量のカードケータイ「KY-01L」にブラウザ技術を提供
ACCESSは、カードケータイ「KY-01L」(製造:京セラ)に搭載されるインターネット閲覧機能「ウェブ」アプリ向けに、同社のブラウザ技術を提供したことを発表した。(2018/11/27)

山浦恒央の“くみこみ”な話(112):
バグ検出ドリル(12)コンパイルエラーにならないコンパイルエラー
バグは至るところに、しかも堂々と潜んでおり、自信満々なプログラマーほど、目の前のバグに気付かないものです。「バグ検出ドリル」の第12回は、前回に引き続き「コンパイルエラー」がテーマです。コンパイルエラーにはならないのに、うまく動かないプログラムのバグを見つけ出してください!(2018/11/21)

高精度な状況認識が可能に:
日立が音で稼働状態を認識するAI技術を開発、設備の自動診断サービス実現に向け
日立製作所は、周囲の雑音に影響されず音に基づいて高精度に状況を認識できるAI技術を開発した。(2018/11/9)

山浦恒央の“くみこみ”な話(111):
バグ検出ドリル(11)コンパイルエラーは意外に難しい
バグは至るところに、しかも堂々と潜んでおり、自信満々なプログラマーほど、目の前のバグに気付かないものです。「バグ検出ドリル」の第11回では、初心者が苦労する「コンパイルエラー」がテーマです。コンパイラが指し示すエラーの箇所から、バグを見つけ出してください!(2018/10/25)

SensorMedal-EVK-002/SensorShield-EVK-003:
ローム、IoT機器のプロトタイプ開発に最適なセンサー評価キット2製品を販売開始
ロームは、IoT機器のプロトタイプ開発に最適なセンサー評価キット「SensorMedal-EVK-002」および「SensorShield-EVK-003」の販売開始を発表した。(2018/10/22)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(9):
野球「マジック」点灯のバグ(その2:解説編)
前回に引き続き、プロ野球でおなじみの「マジック・ナンバー(通称:マジック)」をテーマにお届けします。今回は、「第三者が開発した『マジック計算アプリケーション』のテストケースを設計せよ」というお題に対する「形式テスト」と「正常テスト」について取り上げます。(2018/10/12)

オムロン AIコントローラー専用 Sysmac Library:
予知保全を実現し、設備の稼働率を向上させる「AI予知保全ライブラリ」
オムロンは、同社の「AI搭載マシンオートメーションコントローラー」向けソフトウェア部品「AIコントローラー専用 Sysmac Library」の第1弾として、「AI予知保全ライブラリ」を2018年10月16日から提供開始する。(2018/10/11)

矢野経済研究所:
国内POSターミナル市場、2017年度は大規模リプレースにより763億円規模に急拡大
矢野経済研究所は、国内POSターミナル市場の動向調査の結果を発表した。(2018/10/3)

EA01A:
NECプラットフォームズ、各種機器のLTE/3G通信を実現する小型M2Mアダプター
NECプラットフォームズは、通信機能を持たない機器に対して、LTE/3G網を介したネットワークアクセスを実現する小型M2Mアダプター「EA01A」の販売を2018年9月25日から開始すると発表した。(2018/10/1)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。