ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「胃痛」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「胃痛」に関する情報が集まったページです。

モバクソ畑でつかまえて:
発表から3年、ついにリリースされた「ラブライブ!」アプリ最新作はファンの期待に応えられたか?
ハードルの高さは「熱心なファン」をターゲットにしたからこそ?【※大幅な機能改善が発表されたので追記】(2019/10/6)

転職先の上司が“ど天然”だった かわいい上司に癒やされる漫画『新しい上司はど天然』が単行本化
こんな上司が会社にいたら毎日楽しそう(2019/8/20)

モバクソ畑でつかまえて:
作り手は「暴力表現」とどう向き合うべきか 「メギド72」プロデューサーのメッセージに「フィクションの作り手として誠実」と共感集まる
京アニの放火事件を受け、プロデューサーが公開したメッセージがユーザーの間で話題になりました。(2019/8/7)

海外旅行、事前準備は大丈夫? 治療費で500万円かかったケースも 病気・けがの経験、「食中毒」は2位
準備をしない人の理由トップは「自分は大丈夫だと思っている」。(2019/8/6)

大浦龍宇一、2カ月も腹痛続く妻の検査結果に「心底、安堵しました」 7月には胃痛から失神も
ゆりえさんは長期に渡り腹痛と胃痛を訴えていました。(2019/8/1)

おじさんが女子高生の接近から必死に逃げる 社会的な死とのサバイバルホラー漫画『中年卍』
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」の第98回。平穏な人生を送りたい校務員のおじさんに迫りくる、女子高生の事案――!(2019/6/23)

モバクソ畑でつかまえて:
キャラも音楽も良いけど…… 「ダンキラ!!! - Boys, be DANCING!」は音ゲー部分がひたすら虚無
ゲームの部分以外は高評価。(2019/6/2)

モバクソ畑でつかまえて:
どうしてこうなった…… 「FGO」史上空前のクソイベと言われた「徳川廻天迷宮大奥」を振り返ってみて
「ダンジョンを探索するイベントなのに、一歩歩くごとにめちゃめちゃ長いロードが入る」という地獄。(2019/4/13)

モバクソ畑でつかまえて:
8年半の歴史に幕「戦国コレクション」の思い出と、大傑作だった“アニメ版”を振り返る
アニメ2期はまだですか……?(2019/4/3)

モバクソ畑でつかまえて:
「デレステ」新アイドル実装でなぜPたちは荒れたのか
「欲しいモノが簡単に手に入ったら、つまらないでしょ?」というセリフも火に油を注ぐ形に……。【訂正】(2019/3/10)

「もうアニメ業界では作れないと思った」「帰り道で毎日吐いてた」 放送から5年、「ステラC3部」の監督はいかにして復活を果たしたのか
衝撃の放送から5年。(2019/3/3)

モバクソ畑でつかまえて:
サービス開始から1年もたず…… 「ときめきアイドル」終了を予感させた2つの“爆弾”
現在はオフライン版が配信中。(2019/1/22)

モバクソ畑でつかまえて:
「日本版だけ萌え化」で話題になった「大航海ユートピア」 男キャラだけ濃いけどカルチャライズは良好
男キャラだけ濃いけど(大事なことなので2回)。(2018/12/8)

「痩せてるんじゃなくて、小さいんです」 戸田恵子が“激痩せ報道”に困惑、体重の変動について説明
確かにずっとスレンダーなイメージ。(2018/11/7)

モバクソ畑でつかまえて:
「キャラの魅力」では補いきれないガチャとイベントの厳しさ 「レヴュースタァライト -Re LIVE-(スタリラ)」がいろいろ惜しい
今なら11日まで、アニメ版がYouTubeで無料公開中!(2018/11/6)

戸田恵子、体調不良で体重が30キロ台に 「ちゃんと病院いって」と心配の声あがる
忙しいだろうけど休養とってほしい……。(2018/11/6)

モバクソ畑でつかまえて:
「看板キャラが生粋クズ(27歳)」 公式が商売下手すぎてとうとうユーザーが自発的に宣伝を始めたゲーム「メギド72」を今こそ全力で紹介する
ユーザーの間では「公式が宣伝費を開発費につぎ込んだ」というウワサもあるとかないとか……。(2018/9/23)

モバクソ畑でつかまえて:
リリース前から「似てる」と指摘―― 物議を醸した艦船擬人化ゲーム「アビス・ホライズン」はどこまで“アレ”にそっくりなのか
「艦これアーケード」公式が、「関連性を指摘されているサービスがある」と注意喚起を行ったことで、一部で話題になっていました。(2018/7/5)

モバクソ畑でつかまえて:
わずか29時間で配信停止に 「画太郎ババァタワーバトル」は何がダメだったのか
他の“そっくりゲーム”とは何が違っていた?(2018/6/10)

新しい上司が心配だったけど…… パワハラで転職した主人公と上司の漫画にほんわかする人続出
この先の展開を……期待しちゃう。(2018/5/24)

モバクソ畑でつかまえて:
どう見てもギリギリアウトな「機動少女 -GundamGirls」にあらためて中国ゲームの深淵を見た
そのタイトル大丈夫!? → 何一つ大丈夫じゃなかった。(2018/5/17)

2年を切った! 移行までのタイムリミット:
PR:Windows Server 2008 R2のサポート終了で対応を急がなければならない3つの理由
「2020年1月14日」のWindows Server 2008/2008 R2の延長サポート終了まで、残り2年を切った。それまでに新たな環境へ移行を完了しなければ、多くのリスクを抱えることになるため、今から対応を進めることが重要となる。では、なぜ移行を急がなければならないのか、その理由とは。(2018/3/28)

モバクソ畑でつかまえて:
もうちょっと加減しろ! 「ときめきアイドル」のネタがあまりにも濃すぎるのでがんばって解説する
合言葉はbee!(2018/3/25)

モバクソ畑でつかまえて:
「どうしてこうなった」「960円払えば実質無料」 スマホゲーム「ネギマテ」の何がどうマズかったのか
赤松健さんの漫画『UQ HOLDER!』および『魔法先生ネギま!』を原作とする同ゲームでしたが……。(2018/2/18)

モバクソ畑でつかまえて:
スタドリが仮想通貨のように使えた時代のお話
今では考えられない、ソシャゲ興隆期のちょっと面白い昔話。(2018/2/6)

モバクソ畑でつかまえて:
「データがtxt形式で保存されてる」「ここまでいじれるとか本当やばい」―― 混乱広がる「きららファンタジア」で一体何が起こったのか
既に運営側が見解を発表していますが、実際は言われているような「いじり放題」ということはありません。(2017/12/23)

モバクソ畑でつかまえて:
「中毒性が異常」「どう森を超える神ゲー」――無名のフリーゲーム「どうぶつタワーバトル」がなぜか突然流行りはじめた4つの理由
動物を落として交互に積み上げていく、それだけのゲームがなぜ突然流行?(2017/12/3)

モバクソ畑でつかまえて:
「深夜1時に引く」「ちひろを蒸す」――根強い「ガチャ宗教」は“運営不信”の裏返しか 「ドッカンバトル」騒動が浮き彫りにしたもの
「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」騒動は、これまで積み重なってきた「運営不信」が爆発したもの?(2017/11/19)

モバクソ畑でつかまえて:
「アイドルマスター ミリオンライブ!」更新終了が意味するもの “深く濃い”シリーズの異端児は何を遺したか
「ミリマス」とはどんなゲームで、なぜ終わらなければならなかったのか?(2017/11/5)

モバクソ畑でつかまえて:
「FGO」の新シナリオが『魔界転生』のパクリ? → いやいやちょっと落ち着こう、という話
パクリ? それともオマージュ?(2017/10/22)

モバクソ畑でつかまえて:
終わったスマホゲーのヒロインを呼び出し戦うゲーム「終幕彼女」の光と闇 なぜファンは“シナリオがアイコネの人”でざわついたのか?
これには聞くも涙、語るも涙の物語が……。(2017/10/10)

モバクソ畑でつかまえて:
話題の擬人化艦船ゲーム「アズールレーン」はなぜ突然ブレークしたのか
ただの「艦これ」フォロワーにとどまらないその魅力とは。(2017/9/30)

モバクソ畑でつかまえて:
埋立地から発掘された神ゲーの臭いをみんなで嗅ぐ 「低評価ゲームに愛を注ぐ男」のイベントは愛と狂気に満ちていた
9月18日、ロフトプラスワン WESTで行われた『ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノーネーム』出版記念イベントの様子をレポートします。(2017/9/20)

モバクソ畑でつかまえて:
わずか3カ月でサービス終了を迎えた「ガルクロ!」の打ち切りっぷりがヤケクソすぎた件
わずか6行の説明で倒される黒幕。(2017/8/30)

止まぬ係争:
QualcommがAppleを提訴、iPhoneの特許侵害で
QualcommがAppleを提訴した。Appleが、「iPhone」でQualcommの特許を侵害したと訴えている。両社の特許係争は長引くばかりだ。(2017/7/12)

甘くみちゃダメ! アレルギーで救急搬送された体験マンガに反響
アレルギーは命にかかわります。(2017/4/27)

ビッグデータで“おもてなし”:
「Tableau」と「Redshift」を導入、ココカラファインの狙いとは?
「ドラッグストアなんて、どこも似たようなものじゃないの?」 差別化が難しい業界において、データ活用で活路を探るココカラファイン。プライベートDMPやセルフサービスBI導入の目的は個客単位でのおもてなしにあるという。(2017/2/8)

推しに届け:
オタクが「ガラケー」を手放せない理由とは? とある都市伝説と“一般戦争”
ガラケーをオーパーツっていうな。(2016/7/14)

App Town ユーティリティ:
ライオンがバッテリー残量と充電スポットを通知するiPhoneアプリをリリース
ライオンは、iPhoneのバッテリー残量と充電スポットを知らせるアプリ「バッテリーDr.スクラート」の提供を開始した。(2013/5/22)

その「痛み」どうしていますか? “我慢は美徳”という日本人
「痛みがあっても我慢すべき」という人は74.3%、「『痛い』と他人に言うべきではない」は55.7%――。“我慢は美徳”と考える人が多いようだが、痛みを我慢すれば生活に支障が出るかもしれない。そこで痛みの種類や治療法などを紹介しよう。(2012/11/29)

新入社員のとき、プレッシャーを感じた言葉は?
新入社員のとき、上司からの言葉でプレッシャーを感じたことがある人も多いのでは。社会人2年目の男女に、具体的にどんな言葉にプレッシャーを感じていたのかを聞いた。ライオン調べ。(2012/4/11)

会社を休みたい全ての人に贈るアプリ「休みの言い訳(会社用)」
急な休暇を会社に伝える時、Androidアプリ「休みの言い訳(会社用)」を使うと簡単にメール連絡用の文章ができあがる。ズル休みにも使えるって? そのあたりは、各自で判断いただきたい。(2011/12/7)

モバイル端末の多様化で必要となったMDMソリューション(後編)
セキュリティ対策だけではない、モバイルデバイス管理製品の機能
モバイルデバイスの管理には、さまざまな問題と課題がある。MDMソリューションは、セキュリティ対策だけでなくこうした問題の解決にも役立つ。(2011/6/13)

どんな持病がありますか? 「肩こり」「腰痛」が上位
(2010/11/26)

20〜30代男性の41.3%……「自分も過敏性腸症候群かもしれない」
20〜30代のビジネスパーソン(男性のみ)は日ごろのストレスに対処できているのだろうか。毎日コミュニケーションズの調査によると、44.2%の人は「うまく対処できていない」と回答していることが分かった。(2009/12/3)

現役東大生・森田徹の今週も“かしこいフリ”:
恋の第六感は本当にあるの? ヒトのフェロモンのお話
生物の特異的な反応を引き起こす化学物質といえば「フェロモン」だ。フェロモンに関する実証研究はマウスなどで進んでいるが、果たしてヒトにフェロモンはあるのだろうか。医学部生でもない筆者が、“恋の第六感”について調べてみた。(2009/5/12)

「胃が痛い……」どの胃腸薬を飲んでいますか?
「飲み過ぎて胃が痛い」。こんな経験をしたことがある人も多いはず。胃の痛みを和らげるために、どの薬を飲んでいるのだろうか? マイボイスコム調べ。(2008/10/23)

誠 Weekly Access Top10(2008年8月23日〜8月29日):
凡人の1年半は達人の1日にもかなわない
「道を究める」と口では簡単に言えますが、実際に行うのは非常に難しいこと。“ラーメン道”というものがあるならば、その道は実に厳しそうだと凡人は嘆息するのみなのです(記事最後にクイズがあります)。(2008/9/4)

ドクトル・ピノコのプチ元気の薬:
第9回 胃痛の原因はそう単純じゃありません──内臓は複雑に絡まっているのだ!
仕事で追い込まれて、胃が痛くなるのはビジネスマンによくあること。でも、胃痛とひと口に言っても、それが引き起こされる理由はいろいろとあります。今回は胃の痛みから見えてくる人体についてお話します。(2008/7/2)

子どもが「ネットいじめ」を親に言わない理由
インターネットは面と向かっては言えないかもしれないひどい言葉を簡単に言えるようにすると子どもたちは考えている。(2007/3/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。