ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「玉城ティナ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「玉城ティナ」に関する情報が集まったページです。

映画「惡の華」が9月27日に公開決定 伊藤健太郎が玉城ティナに罵られる“クソムシ”な特報映像が解禁
教室のシーンもチラ見せ。(2019/6/11)

“超個性派”を輩出し続けるネクストブレイクの梁山泊、「ミスiD2020」がスタート
今回もすごい人、出てこいやー!(2019/4/9)

玉城ティナさん、中村里砂さんらが登場! Angelic Prettyのファッションショーが息を飲む美しさ
かわいいを通り越して神々しい。(2019/1/5)

ぎゃあああ!! 突如公開された診断サイト「あなたの鐔ュЖ_診断」が怖い
明らかに嫌な予感しかしない。(2018/11/6)

最高のやつが来ちゃった! 吉沢亮と玉城ティナ主演、クリスマスのスペシャル動画がキラキラすぎて直視できない
なんだろう、このドキドキ(発作)。(2018/11/6)

「うそでしょ」「ステップup楽しみにしてる」 トリンドル玲奈&玉城ティナ、『ViVi』卒業に悲しみの声
トリンドルさんは2011年から、玉城さんは2012年から同誌で活躍。(2018/10/24)

GirlsAward 2018 A/W:
吉岡里帆の挑発的ウォーキングに会場大興奮! 瑛茉ジャスミン、滝沢カレン、香川沙耶の美ボディーに羨望のまなざし
こんなスタイルになってみたい……!(2018/9/29)

TGC2018A/W:
瑛茉ジャスミンのへそ出しくびれにため息……!  河北麻友子から香里奈までTGCランウェイ一気見(前編)
【画像】260枚で一気に振り返ります。(2018/9/10)

ショートフィルムの魅力を語る:
黒木 瞳さん、EXILE TAKAHIROさんも登場 「Branded Shorts 2018」開催
米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」は「Branded Shorts 2018」を開催した。(2018/6/15)

Rakuten GirlsAward 2018 SPRING/SUMMER:
天真爛漫な森星の投げキッスに会場メロメロ 清楚な広瀬アリスにセクシー滝沢カレン、白石麻衣と齋藤飛鳥の手つなぎも ガルアワランウェイ200枚
超特急、EXILE SHOKICHIさんらの熱狂LIVEの様子も振り返ります。(2018/6/1)

「みんな可愛すぎて目の保養」「しかしかわいいな」 登場人物全員美人のViViモデルズ食事会が華やかすぎた
河北ぱいせんありがとうそしてありがとう!(2018/4/16)

TGC2018 S/S:
中条あやみ、桐谷美玲、広瀬すずらが笑顔でランウェイに登場 画像100枚超で振り返る「TGC2018 S/S」
欅坂46メンバーの秘蔵カットも追加で大公開。(2018/4/3)

岡崎京子「チワワちゃん」が実写映画化 門脇麦主演で2019年公開
「へルタースケルター」(2012年)、「リバーズ・エッジ」(2018年)に続く岡崎京子作品の実写映画化。(2018/3/28)

「デッドリフトしてて可愛いのあなただけ」 玉城ティナがガチ筋トレ姿を披露、ムキムキティナ見てみたい!
非の打ちどころがないかわいさだ……。(2018/3/1)

「この世の者とは思えない」 玉城ティナ、中村里砂らのロリータファッションが次元を超越する
美しい……。(2017/12/5)

「昔の美しい洋服の情熱と、現代カルチャーの熱狂のはざま」 フランスのロリータファッション事情
現地のロリータを取材してみました。(2017/11/18)

「幸せ過ぎて怖い」 笑福亭鶴瓶、『ViVi』モデルとのハーレムショットで至福のえびす顔
美女の中に鶴一点。(2017/10/24)

コンセプトは「今すぐ買えるViVi」:
「楽天市場」アイテムを紹介 講談社「BeViVi」創刊
楽天と講談社がスマートフォン向けのファッションマガジン「BeViVi」を創刊。出版社の編集力や雑誌のブランド力を活用し、スマホからの購買増を狙う。(2017/10/23)

大人にこるんが誕生! 藤田ニコル、『ViVi』専属モデルに決定で新たな魅力を爆発させる
大人にこるんすごくいいです。(2017/10/20)

講談社と楽天がスマホファッション誌『BeViVi』を創刊 コンセプトは“今すぐ買える『ViVi』”
ViVi編集部が楽天市場から厳選したファッションアイテムを掲載。(2017/9/16)

女子高生AI「りんな」・3DCG美少女「Saya」、オーディション「ミスiD」のファイナリストに
どうなってるんだ今年は。(2017/9/15)

美少女戦隊出動! トリンドル玲奈、玉城ティナ、河北麻友子ら「ViVi」モデルが “5色”衣装でファンを魅了
敵も寝返りそう。(2017/4/27)

平祐奈が高校卒業、最後はJKらしいポーズでキメッ!
おはスタがついこの前のように思っていたのに……。(2017/3/15)

素顔の貞子かわいすぎ! 「貞子vs伽椰子」絶叫上映会に貞子役・七海エリーさんがはじめて“素顔”で登場
Blu-ray&DVDの発売を記念して、一夜かぎりの「絶叫上映会」が行われました。(2016/12/7)

ナースに黒猫、プリンセス! トリンドル&マギー&ティナの「ViVi」モデルによるコスプレが超ハイレベル
甲乙つけがたいとはこのこと。(2016/10/25)

玉城ティナ、ピンクのロリータ服でお人形のようなオフショット 「ヤバイ」「ロリたま可愛い」
8月27日発売の「Spoon.」10月号に掲載されます。(2016/8/25)

ViViモデルコンビ「やぎたま」の浴衣姿がふつくしい……! 玉城ティナ&八木アリサから強力な“夏”を感じる
かれんでありつつもどこかクール。(2016/7/31)

本郷奏多・白石麻衣・オリラジ藤森らが追加キャストに! 映画「闇金ウシジマくん Part3」&「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」キャスト発表会見
白石「お金は……好きです!」(2016/6/29)

「呪怨」伽椰子がまさかの“ファッション誌で玉城ティナと仲良しショット” 呪いどころか恋愛相談
一方、貞子は同日に「CanCam」デビュー。(2016/6/28)

「貞子vs伽椰子」はハートフル百合ムービー 白石晃士・金田淳子「貞子vs伽椰子」そして「コワすぎ!」を語る
聞き手はやおい・ボーイズラブ・同人誌研究家の金田淳子先生にお願いしてみました。(2016/6/10)

「好きな人とは正直に向き合いたい」 映画「オオカミ少女と黒王子」日比谷健役・横浜流星の恋愛観
胸キュンしました。(2016/6/9)

怖がるティナに歓喜の美月 映画「貞子vs伽椰子」イベントでデーモン閣下が2大怨霊を“召喚”
ホラー映画界の2大キャラクター、貞子と伽椰子が夢の恐(共)演。俊雄もいるよ。(2016/5/25)

「画面から出てこない」! 貞子と伽椰子が劇場マナーCMに登場 最恐決戦の結果を予想する「総選恐」も
日本ホラー史上最恐の決戦に向けてさまざまなキャンペーンが始動。(2016/4/29)

これが100点のふとももか 玉城ティナのショーパン×ニーソな美脚が大人ガーリー
需要を理解している……!(2016/4/14)

花より制服 セーラー服姿の玉城ティナが桜に負けない美しさ
願わくは全身像も拝みたい。(2016/3/14)

ビデオテープグシャア! 映画「貞子vs伽椰子」禁断のバトル(?)映像を含んだ特報が解禁に
ホントに戦うみたいです。(2016/2/24)

イメージ通り? 映画「オオカミ少女と黒王子」全キャスト発表
鈴木伸之さん、玉城ティナさん、菜々緒さんなども出演。(2015/12/10)

今年は意外と男らしい? ミスiD2016の受賞結果が発表
イケメン男装シンガーからカリスマ柔術家まで。時代は守られる女の子から、戦える女の子へ!(2015/11/27)

玉城ティナさんが"デビスコ"に変身♪ ビスコのハロウィンキャンペーンが可愛くて強そう
「デビル」と「ビスコ」が合体して“デビスコ”。(2014/10/15)

『ViVi』11月号でトリンドルがアルミンを熱演、付録は兵長トート
『ViVi』11月号が『進撃の巨人』とコラボレーション。人気キャラ・リヴァイ兵長をデザインした3WAYトートや、私服姿の描き下ろしイラストが表紙になったコラボBOOKが付いてくる。(2014/9/19)

アイドルのたまごがオーディションでPVで絶叫 「野々村系女子」と話題に
動画再生数で他の候補を圧倒。(2014/8/4)

エイプリールフール2014:
2014年エイプリルフールネタまとめ
今年もこの時期がやってきた。思わず二度見してしまう出版社、電子書店のエイプリルフールネタ、まとめていきます(順次更新)。(2014/4/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。