ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「「ThinkPad Helix」ロードテスト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ThinkPad Helix」ロードテスト:
第5回 出張時もWディスプレイに──「Helixのスタンドモード」をビジネス活用するちょっとしたコツ
変形・着脱できる万能さが特長のビジネスマシン「ThinkPad Helix」。Helixにはスタンドモードという形状もあるが、プライベート用途以外にどんなことができるかを考察する。(2013/7/10)

「ThinkPad Helix」ロードテスト:
第4回 かなーり心地よいHelixの「変形+着脱」機構、各モードのメリットを再確認してみる
ThinkPad Helixには、ラップトップモード、スタンドモード、タブレットプラスモード、タブレットモード、4つのスタイルに変形する機構がある。これを使っていくうえで基本となるのは、やはりラップトップモードとタブレットモードになるだろう。(2013/6/20)

「ThinkPad Helix」ロードテスト:
第3回 ThinkPad Helixを「ThinkPad視点」でチェックしてみた(後編)
ThinkPad Helixは「本当に、ThinkPadなのか」。もちろんメーカーがそう言っているのでそうなのだが、旧来ThinkPadユーザーとしては、キーボードとトラックポイント、搭載インタフェース+使い勝手はひとまずしっかり確かめたいのである。(2013/6/5)

「ThinkPad Helix」ロードテスト:
第2回 ThinkPad Helixを「ThinkPad視点」でチェックしてみた(前編)
合体・変形タブレットとして異彩を放つThinPad Helixだが、果たして本当に“ThinkPad”なのか。現ThinkPadユーザーの筆者が「ThinkPad視点でどうか」について、まずはスペックからチェックする。(2013/5/24)

「ThinkPad Helix」ロードテスト:
第1回 もっとじっくり写真で見る「ThinkPad Helix」
どちらも妥協しない性能──「ThinkPad Helix」を使い出すと、ぬぬ? おっ! んん? ほほう! と、なにやら疑問符と感嘆符がたくさん出てくるのがこそばゆい。まずは“ThinkPadならでは”なポイントを含めて、本体を写真でじっくり眺めてみよう。(2013/5/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。