ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W43K」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「W43K」に関する情報が集まったページです。

「W43K」の着うたフル再生に不具合、ソフト更新で対応
KDDIは、京セラ製のWIN端末「W43K」に不具合があるとアナウンスした。ソフト更新で対応する。(2006/12/28)

開発者に聞く「W43K」:
“もっとも音がいい携帯”をめざして──「W43K」の挑戦
スピーカーのような外観を持ち、auの秋冬モデルの中でもひときわ音楽機能が充実した京セラ製WIN端末「W43K」は、“もっとも音がいい携帯”をめざして開発された端末だった。(2006/12/14)

2つの高音質化技術を搭載した音楽携帯──「W43K」を試す
京セラ製の「W43K」は、音楽機能にフォーカスしたWIN端末。「DBEX」「BBE M3」の2つの高音質化技術を搭載し、ウーファー付きの充電台が付属する。この端末の音楽機能を試した。(2006/11/29)

センサーリングキーでFeliCaロックもできる「W43K」、モバイルSuicaに対応
京セラ製のWIN端末「W43K」が、10月5日にJR東日本の認定を受け、モバイルSuica対応機種に加わった。au端末としては10機種目のモバイルSuica対応機だ。(2006/10/17)

音楽と光にこだわる「W43K」販売開始──新規は1万円台後半
背面に搭載したセンサーリングキーで、閉じたまま各種操作を行える京セラ製のWIN端末「W43K」が都内で店頭に並んだ。(2006/10/6)

ウーファー付き充電台の「W43K」、6日から発売
背面のサブディスプレイ周りに搭載したセンサーキーリングで閉じたまま各種操作を行える「W43K」が、6日から店頭に並ぶ。(2006/10/5)

原宿「Kスタ」で迫力の重低音を体験──「W43K」デビューイベント
京セラは9月16日と19日から24日までの間、原宿のKDDIデザイニングスタジオで、音楽機能が充実したケータイ「W43K」のデビューイベントを開催している。(2006/9/16)

写真で解説する「W43K」
スピーカーのようなデザインの背面に、円形のタッチセンサー付きキーを配した「W43K」は、春モデル「W41K」からさらに音楽機能を向上させたモデルだ。FeliCaも新たに搭載した。(2006/8/29)

音楽+光+FeliCaにウーファー付き充電台──「W43K」
京セラ製のWIN端末「W43K」は、音楽と光にこだわった前モデルをさらに進化。背面の光は表現が多彩になり、ウーファー付き充電台が付属。FeliCaにも対応した。(2006/8/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。