ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W43SA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「W43SA」に関する情報が集まったページです。

KDDI、三洋・カシオ・日立・京セラ製au端末のアップデートを公開
KDDIは、三洋電機製「W43SA」、カシオ計算機製「W42CA」「W43CA」、日立製作所製「W42H」「W43H」、京セラ製「W42K」向けのソフトウェアアップデートを公開した。(2007/3/29)

ワンセグ連続視聴は4時間強──「W43SA」、10月27日から順次発売
最大4時間40分の長い視聴時間と、録画機能の搭載により実用性が大幅に向上した三洋電機製のワンセグ対応端末「W43SA」が、10月27日から全国で順次発売される。(2006/10/26)

ドコモ「SO903i」「D903i」、ソフトバンク「910SH」などがJATE通過
近日発表が予定されるドコモ「903i」シリーズとして、「SO903i」D903i」がJATEを通過。ほか2006年au秋冬モデル「W43SA」、ソフトバンク秋冬モデル「910SH」「705N」も同じく認定を受けた。(2006/10/2)

コンパクトでさりげないワンセグを目指す──開発陣に聞く「W43SA」
最大4時間40分と、現行モデルで最長のワンセグ連続試聴が可能な三洋電機製のWIN端末「W43SA」。ワンセグ=ハイエンドではなく、“普通の携帯”のようにさりげなく使えるワンセグケータイを目指した。(2006/9/8)

写真で解説する「W43SA」
最大4時間40分と、長い視聴時間が特徴のワンセグ携帯「W43SA」。コンパクトになったほか、録画機能も搭載するなど実用性が大幅に向上している。(2006/8/28)

“進化した”ワンセグ端末──「W43SA」
「W43SA」は、「W33SA」シリーズの後継機となるワンセグ携帯。ボディは小型化が図られ、視聴時間が連続4時間40分と伸びワンセグ機能も進化した。(2006/8/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。