ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「吉高由里子」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「吉高由里子」に関する情報が集まったページです。

最終話「わたし、定時で帰ります。」全10話をかけて“全員”の働き方が変わるまで 誰も悪者にしなかった制作4部の働き方改革
「よく飲んでよく食べてぐっすり寝て、みんなと元気に働きたい」。(2019/6/26)

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」最終回、6月25日放送へ 主演・吉高由里子は「娯楽は命あってのお話」
18日に発生した地震の影響で放送が中止されました。(2019/6/19)

今夜最終回「わたし、定時で帰ります。」真の“ラスボス”は晃太郎(向井理) 真の働き方改革なるか?
あんなに仕事ができるのに、できるからこそ、一番問題を抱えていた!(2019/6/18)

「わたし、定時で帰ります。」8話 三角関係はどうなる? 結婚直前にわかった結衣(吉高由里子)と巧(中丸雄一)の価値観の違い
晃太郎におんぶされる結衣の姿に別れのフラグが見えた。(2019/6/11)

「わたし、定時で帰ります。」7話は“定時で帰りたい女”vs“仕事命の昭和男” 長年信じてきた価値観を否定する難しさ
父親が焦がしたハンバーグの悲哀。(2019/6/4)

“向井理回”にネットは祭り状態「わたし、定時で帰ります。」6話 3杯目を飲んで人が変わった完璧男の本音で急変する三角関係
「Paraviで日本のドラマを観倒して来た」江口のりこの謎アピール。(2019/5/28)

向井理史上最高の当たり役「わたし、定時で帰ります。」5話 「セクハラしてくる会社と仕事する必要はない」
「本当にあんな飲み会が楽しい?」「相手に気を持たせるレベルでやめてます」同性に嫌われる女の葛藤がリアル。(2019/5/21)

「わたし、定時で帰ります。」“帰れない”ではなく“帰らない”柄本時生の「もういいや、なんか疲れた」に共感 吉高由里子の「私たちには給料日がある」がしみる
「夢や希望はあるんですよね?」の質問に答えられない吾妻がつぶやきに胸が締め付けられた。(2019/5/14)

専門家のイロメガネ:
わたし、定時で帰れるの? 残業を強制できるラインはどこか
ドラマ『わたし、定時で帰ります。』が話題になる背景には、多くの人にとって定時で帰れず残業が当たり前の状況があります。本来、残業をせずに定時で帰っていいラインとはどこにあるのでしょうか?(2019/5/8)

「わたし、定時で帰ります。」3話が平成最後の日に定時で放送した心意気。非常識な新入社員にモンスターのレッテルを貼らないで
グループチャット動画を友だちが勝手に拡散、クライアントに大迷惑をかけた新入社員の運命は?(2019/5/7)

ワーママ問題提起回「わたし、定時で帰ります。」2話 産休から復帰したワーママ・内田有紀が追い詰められた「妊娠=リセット」の恐怖
「子どもが熱を出しました。今日は定時で帰ります」当たり前のひとことなのに!(2019/4/30)

シシド・カフカの必要以上の真面目さに激しく共感 吉高由里子「わたし、定時で帰ります。」が丁寧に描いた、仕事旧世代の「定時で帰れない」問題
悪質なパワハラでひとは壊れます、壊れたあとの働き方が勝負。(2019/4/23)

高橋一生×斎藤工×滝藤賢一「東京独身男子」にSNS賛否激烈 「結婚は女に自由を与え、男から自由を奪う」?
高橋一生はこじらせ男子、斎藤工はED気味? 滝藤賢一港区おじさんまさかのハマり役。(2019/4/20)

2019年春ドラマ注目作レビュー【随時更新】
ドラマ注目作をレビュー!(5月6日更新)(2019/4/16)

火10吉高由里子「わたし、定時で帰ります。」  無茶苦茶ブラック上司に立ち向かえ! 「定時で帰る」vs「死ぬ気でやろう」のお仕事ドラマ
「敵」はユースケ・サンタマリア? それとも向井理?(2019/4/16)

「蛇にピアスのルイ」「これは分からない」 吉高由里子、ギャルメイクでほぼ別人になった姿にファン驚がく
みちょぱみたい。(2019/4/12)

「ただいまだよ」 大島優子、30歳を迎えて表舞台復帰を報告 ファンからは歓喜の声
おかえり優子!(2018/10/23)

「おかえり優子」「第?出動でございます」 榮倉奈々&吉高由里子&大島優子、久々の“タラレバ会”出動!
安定感のある3人。(2018/9/18)

「いつもありがとうガールズ達よ」 ベッキー、水川、ハリセン春菜、吉高ら森矢カンナの誕生日を笑顔で祝福
みんな仲いいなあ。(2018/6/26)

「そんなんじゃない!」「違う!」 吉高由里子、福田彩乃と“W吉高”コラボでツッコミがさえ渡る
「うぃ〜〜!」は聞けず。(2018/5/22)

「なんて顔ですか!」「ハンサムが台無し(笑)」 安田顕、顔面崩壊の“くしゃみ顔”にツッコミ続出
しかも5枚の連続写真でお届け。(2018/5/3)

表情逆ぅ! 近藤春菜を背負う森矢カンナ、元“バキューム”の2ショットがとってもシュール
吉高由里子さんも混ざってほしい。(2018/3/13)

ベッキー、34歳の誕生日サプライズに大感動! 鶴瓶、上戸、吉高、剛力ら豪華メンバー集結に「もう一生こんなことない」
全員主役。(2018/3/6)

2017年“ものまねメイク”総決算! ざわちんが人気ランキングを発表、ファン「全部似てて拍手しちゃった」
2018年も楽しみ。(2017/12/30)

吉高由里子、映画「ユリゴコロ」舞台あいさつでハイボールへの"純愛”告白 「愛の結晶のシュワシュワ(笑)」
吉高節さく裂でしたが、最後は監督からの感動的なコメントも。(2017/9/24)

月イチ“タラレバ会”で仲良し3人娘が集結! 榮倉奈々の出産でほっこりエピソードも
ママ友(ママではない)。(2017/7/27)

吉高由里子、5年ぶり主演映画に「ずっと金太郎でした」「全然親近感がわかない」
9月公開の映画「ユリゴコロ」がクランクアップ。(2017/7/10)

「本当にタラとかレバとか言っちゃって」 吉高、榮倉、大島のリアル“タラレバ会”にほっこり
原作もついに完結。ドラマの続編来てもいいのよ?(2017/4/26)

「大志くんの動きなんやねん」 “平祐奈 with 中川大志&千葉雄大”、ガチな動きでブルゾンカバー
リライフ何回見るの? そう、35億。(2017/4/16)

「大苦戦しました」 ざわちん、「東京タラレバ娘」早坂さん(鈴木亮平)の“ものまねメイク”を披露
鈴木さんは以前、無言のオファーを送っていました。(2017/4/13)

「雰囲気は出ているよね」 ざわちん、「東京タラレバ娘」KEY(坂口健太郎)の“ものまねメイク”をかろうじて成功させる
KEYというよりは坂口健太郎さんのものまねに。(2017/3/18)

ざわちん、“タラレバ娘”の3人を完コピ! 「失敗レベルに近い結果」になったのは?
ドラマの現場に紛れ込んでほしい。(2017/3/16)

新たな美人を生み出してしまった! 顔交換で生まれた「ニセタラレバ娘」が違和感ゼロ
なじみすぎぃ!(2017/3/9)

土下座する大島優子とそれを撮る吉高由里子? “タラレバ女”大島のユニークな寝姿が生み出した悪魔の構図
“変な寝方”に定評のある大島さん。(2017/2/6)

大島優子が監修、タラレバ3人娘の“Perfumeっぽい”ポーズに反響 「絶妙なトリオ感」「新ユニット組んで欲しい」
ドラマ「東京タラレバ娘」には、「Perfume」の“あ〜ちゃん”こと西脇綾香さんが声優として出演することも発表されています。(2017/1/11)

わちゃわちゃかわいい! 東京タラレバ“ヒゲ”娘が今日も大盛り上がり
身長差18センチの榮倉さんと大島さんにも注目。(2016/12/23)

石川恋、“ビリギャル”ぶりの金髪に反響 ドラマ「東京タラレバ娘」出演で
あの伝説の金髪が戻ってきた!(2016/12/22)

「のっちだ!のっちだ!」 吉高由里子、ワンレンボブ姿がまるで「Perfume」の“のっち”と話題に
ドラマ「東京タラレバ娘」の主人公に合わせたショートヘア。(2016/12/4)

吉高由里子主演ドラマ「東京タラレバ娘」に榮倉奈々・大島優子ら共演 男運に恵まれないアラサー女子……?
「きれいなメンバー過ぎて心配」の声も。(2016/12/3)

DeNAのLINE対抗アプリ「comm」終了 開始から2年半で
DeNAのLINE対抗アプリ「comm」が4月21日にサービスを終了する。(2015/3/2)

能年玲奈、橋本環奈、桐谷美玲――2014年に一番雑誌の表紙を飾った女性有名人「雑誌の日」に発表
Fujisan.co.jpで取り扱っている約1万誌から、2014年1月1日〜12月31日までに発売された雑誌を対象に調査。(2015/2/27)

人気俳優たちが「観てほしい」と勧める映画とは?
斎藤工さん、鈴木亮平さんが明かすお勧めの映画。(2015/1/20)

NHK紅白歌合戦で「花子とアン」特別編放送決定 主役はハリセンボン近藤演じる白鳥かをる子!?
てっ!(2014/12/24)

第65回紅白歌合戦の出場歌手発表 May J.初出場 企画コーナーに「妖怪ウォッチ」
HKT48、May J.、薬師丸ひろ子、SEKAI NO OWARI、V6の5組が初出場となる。(2014/11/26)

朝市のターン! 「花子とアン」スピンオフドラマ「朝市の嫁さん」放送決定
てっ!?(2014/9/17)

杉山淳一の時事日想:
JR北海道は今、何をすべきか――西武鉄道にヒントあり
JR北海道の一連の整備不良問題は、ついに会社全体の不祥事となってしまった。監督官庁である国土交通省は特別保安監査を無期限で実施するという異例の処置をとっている。正すべきは正し、その後のJR北海道はどうすべきか。(2013/11/22)

世界一を目指したおつまみセット:
吉高由里子の「ほしい」で生まれたハイボールに合うナポリタン味「チーザ」、数量限定で発売
サントリーと江崎グリコは、「トリスハイボール」に合うスナック菓子「チーザ」をパッケージ化した限定商品を9月11日に発売する。数量限定で価格は480円。(2013/9/10)

写真家・青山裕企の原点とは――青山裕企さんインタビュー
スクールガール・コンプレックスでも話題の気鋭の写真家・青山裕企さんのロングインタビュー。(2013/3/4)

新ロゴ「:D」でグローバル指向明確に DeNA、エスビー陸上部受け入れも発表
海外の人に親しんでもらえるよう、ロゴを「:DeNA」に変更したDeNA。エスビー食品陸上部の受け入れも発表し、サービスやスポーツを通じてDeNAブランドを国内外に発信していく。(2013/1/10)

「comm」500万ユーザー突破 目標の半分 「LINEは強い」と守安社長
「comm」のダウンロード数が昨年12月末までに500万を突破したが、目標としていた1000万には遠く、守安社長は「LINEさんが強い」と率直に語る。(2013/1/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。