ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「イースオンライン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「イースオンライン」に関する情報が集まったページです。

誠 Weekly Access Top10(2011年9月17日〜9月23日):
アイテム課金ゲームで10万円払ったつもりになれる方法
「オンラインゲームやソーシャルゲームの課金を誘う仕組みを学びたい」と思っても、自分の財布で試すのは抵抗があるもの。しかし今、それを無料で体験できるゲームがあるのだ。(2011/9/30)

ユーザーへの感謝の気持ちをこめて――「ネットマーブル年末大感謝祭2009」
(2009/12/14)

「イースオンライン×BitCash」コラボキャンペーン実施
(2009/12/8)

初の大型アップデートで何が変わる?――「Ys Online 〜古代シーマの鼓動〜」先行プレイリポート
12月中に大型アップデートを控える、CJインターネットジャパンが運営するオンラインRPG「Ys Online(イースオンライン)」。12月8日〜12月15日には新バージョンの一般向け先行体験会が予定されているが、それに先駆けてメディア向けの体験会が行われた。そこで明らかになった、新たなイースオンラインの魅力を紹介しよう。(2009/11/27)

ITmedia Gamez枠で100名募集:
Ys Onlineプレミアムパッケージ先行体験会募集開始
CJインターネットジャパンは、「Ys Online」の大型アップデート先行体験参加者の募集を開始した。それに伴い、ITmedia Gamez枠で100名分確保した。(2009/11/24)

「イースオンライン」が12月に生まれ変わる
イースオンラインが新た生まれ変わる大規模アップデートが12月に実施される。それに伴い、タイトル名も「イースオンライン 古代シーマの鼓動」へと変更。(2009/11/13)

巨大なガーディアンと戦う「守護バトル」がこの夏導入――いよいよ「イース」らしさの追求へ
「イース」の流れを汲み、そこここに「イース」を思わせるモチーフを備えた「イースオンライン」では大型アップデートが予定されている。さらなる今後の展開を聞いてみた。(2009/7/22)

「イースオンライン」正式サービス開始に伴い、3次職追加などのアップデート
(2009/5/21)

誠 Weekly Access Top10(2009年5月2日〜5月8日):
萌え絵が表紙のビジネス本をジャケ買いした
「マクロスのキャラクターデザインをした美樹本晴彦さんの絵じゃないか!」。ビジネス本売り場の中で、明らかに浮いている萌え絵の表紙。そんなビジネス本をうっかり買ってしまった。(2009/5/12)

「イースオンライン」5月21日より有料サービス開始
(2009/5/8)

あなたに立ちはだかるレイドボスモンスターを紹介――「イースオンライン」
オンラインRPG「Ys Online 〜The Call of Solum〜」に登場する各地のレイドボスを紹介する。(2009/4/13)

あなたの冒険をお待ちしています――「イースオンライン」の舞台を紹介する
オンラインRPG「Ys Online 〜The Call of Solum〜(イースオンライン)」で訪れることになるフィールドの一部を紹介する。世界は広大だ。(2009/4/10)

ITmedia +D Games枠で200名募集:
「イースオンライン」プレオープンサービス募集開始
4月2日から4月17日まで、日本ファルコムとCJ Internet Corp.が共同開発したオンラインRPG「イースオンライン」のオープンサービスを実施。ITmedia +D Games枠を用意した。(2009/4/2)

「イース」らしさは日本側スタッフの手で――CJインターネット「イースオンライン」体験リポート
CJインターネットは4月上旬に、MMORPG「イースオンライン The Call of Solum」のプレオープンサービスを行う。プレイヤーの意見を集約し、今後のアップデートの参考にするのが目的というが?(2009/3/24)

「イース」がオンラインRPGに――「ネットマーブル」で今春より「イースオンライン」を提供
CJインターネットジャパンは、2009年春より「ネットマーブル」にオンラインRPG「Ys Online 〜The Call of Solum〜」のサービスを開始すると発表した。(2009/3/13)

「イースオンライン」開発中のスクリーンショットを初公開
(2006/7/4)

「イースオンライン」開発体制に変更、リリース延期へ
(2004/11/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。