ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「大規模アップデート」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「大規模アップデート」に関する情報が集まったページです。

「ポケモンGO」に“四季”が追加 大型アップデート「GO Beyond」発表 ゲッコウガなど新ポケモンや、トレーナーの上限レベル引き上げも
盛り沢山の大型アップデート!(2020/11/18)

伝染病で人類を滅ぼすゲーム「PLAGUE INC.」に「伝染病から世界を救う」新モード登場 新型コロナ収束まで無料提供
「PLAGUE INC.」のプレイヤーは期間中、無料で遊べます。(2020/11/13)

.NET 5モダナイズ入門(1):
クラウドネイティブな「.NET 5」が既存の.NET Frameworkアプリにもたらすインパクト
既存の.NET Frameworkアプリの.NET 5への移行に関する考慮事項やレガシーアプリのモダナイゼーションについて解説する連載。初回は、.NET統合の現状や.NET 5のリリースにおけるキャッチアップすべきことなどについて。(2020/11/10)

「INDIE Live Expo Awards」受賞作品が決定 大賞は「Hades」、キャラクター賞に「Helltaker」など
悪魔っ子はやはり正義……!(2020/11/7)

Windowsフロントライン:
Windows 10は「May 2020 Update」(2004)が最大勢力に
この10月に、Windows 10の大型アップデート「October 2020 Update」ががリリースされた。直近でのWindows 10のシェアはどうなったのか、バージョン別に見ていこう。(2020/11/6)

Windowsフロントライン:
Microsoftが2021年秋を見込むWindowsの一大プロジェクト「Sun Valley」と「Cobalt」
Windows 10の大型アップデート「October 2020 Update」がリリースされたばかりだが、次なるキーワード「Sun Valley」「Cobalt」なるものが出てきた。直近の話題を整理した。(2020/11/2)

Windowsフロントライン:
大型アップデート「20H2」は「October 2020 Update」として間もなくリリースへ
次期Windows 10の大型アップデート「20H2」(開発コード名)が、「October 2020 Update」として間もなくリリースされるようだ。直近の情報をまとめた。(2020/10/1)

税込み3万円台! お手軽Windows PC「ASUS E210MA」を相棒にして分かったこと
3万円台のノートPCと聞くと思わずChromebookを連想してしまうが、実はWindows PCも購入可能だ。しかも、重量が約1.08kgのモバイルPCが用意されている。「ASUS E210MA」をチェックした。(2020/9/30)

悩ましいWindows 10の更新問題に終止符を:
PR:組織のネットワークを食う「Windows Update」が“大ごと”ではなくなる方法
Windows as a Serviceのコンセプトの下に生まれたWindows 10は、定期配信のアップデートプログラムによって常に最新の状態に保つことができる。いつも最新の環境で作業できるのは大きな利点だが、システム管理部門にとってはありがた迷惑なようだ。(2020/9/30)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Apple Watch Series 6」「SE」はどちらを選ぶべきか 1週間使ってみた実感
ハイエンドの「Apple Watch Series 6」か、スタンダードな「Apple Watch SE」か――。実機を1週間以上使い比べてみた上で、それぞれのモデルがどのようなユーザーに向いているのかをあらためて考える。(2020/9/29)

【生存確認】「Left 4 Dead 2」10年ぶりに大型アップデート 期間限定セールで「202円」に
生きてたんか!(2020/9/26)

Windowsフロントライン:
Microsoft 365のIE11対応とEdge Legacy サポート終了の意味を改めて考える
Internet Explorer 11と旧Microsoft Edge(Edge Legacy)のサポートに関する話題が注目を集めている。その動向を追った。(2020/9/2)

Windowsフロントライン:
近付く「20H2」の足音、次の大型アップデートでWindows 10の何が変わるのか
間もなくやってくる次期Windows大型アップデートとなる「20H2」(開発コード名)だが、現行のバージョン「2004」から何が変わるのだろうか。最新動向を見ていこう。(2020/8/31)

製品動向:
LINEを使う建設マッチングサービス「ケンカツ」の機能改修、8月末実装
INJUSは、LINEを使った建設マッチングサービス「ケンカツ」のメジャーアップデート実施計画を発表した。完了予定は2020年8月末、マッチングの成約を増やす施策を中心に、4分類合計40項目を見直す(2020/8/21)

「Googleの検索順位に大変動」と騒然 変更ではなくバグ、Googleは「修正中」
「スパムだらけになった」といった報告も寄せられていました。(2020/8/11)

Windows 10 The Latest:
Windows 10の新機能を公開前に試せる「Windows Insider Program」最新動向
開発者や管理者がWindows 10の新機能などをいち早く試すことができる「Windows Insider Program」が変更になった。これまでの「リング」と呼ばれた配布から「チャネル」に変わり、目的別に配布されるバージョンが選びやすくなっている。「Windows Insider Program」の何が変わったのかを解説する。(2020/7/30)

エッジ機能は現場の課題をどう解決する?:
PR:Wi-Fiアクセスポイントとエッジコンピューティングの融合で解決する3つの課題
今やオフィスや商業施設などに限らず幅広いシーンで利用されているWi-Fi。Wi-Fiのアクセスポイントがエッジコンピューティングの能力を持つことで、高速処理、高速ダウンロードや大幅なコスト削減を実現できるという。(2020/7/29)

Windowsフロントライン:
開発途上の最新Windows 10はUIの改良から
現在、Windows 10の大型アップデートは、「機能の大幅更新」「その差分に近い更新」を年2回交互に行っている。最新の「May 2020 Update」後の姿はどのようになるのだろうか。(2020/7/8)

Windowsフロントライン:
スローペースな「May 2020 Update」の裏にちらつく次期アップデートの影
5月に配信がスタートしたWindows 10の大型アップデート「May 2020 Update」(バージョン2004)だが、シェアは伸び悩んでいるという。直近のMicrosoftを巡る動きをまとめた。(2020/7/6)

「Apple Silicon」のMacもサポート:
「macOS Big Sur」2020年秋に登場 「OS X」登場以来となるUI刷新も
macOSの新バージョンが2020年秋に登場する。UNIXベースに移行した「Mac OS X 」の登場以来となる大型アップデートと位置付けられており、UIが大きく刷新されている。Armベースの「Apple Silicon」を備えるMacにも対応する。(2020/6/23)

みんな、11インチiPad Proの256GB版を買うといい
さぁ、プロイラストレーターのrefeia先生がみんなの悩みにズバリ答えるよ! そう、買いたいけどなかなか踏ん切りが付かないiPad Proのお話です。(2020/6/19)

Google、「Android Studio 4.0」リリース 約3年ぶりのメジャーアップデートで新機能多数
GoogleがAndroidアプリ向け統合開発環境(IDE)「Android Studio」のバージョン4.0をリリースした。「Motion Editor」や「Layout Inspector」などの新機能が追加された。新機能は6月3日の「Android 11」の一般向けβローンチイベントでも紹介される見込み。(2020/5/30)

即時適用する方法もあり:
「Windows 10 バージョン2004(May 2020 Update)」製品版が登場 まずは「オプション更新」として順次配信
Windows 10の最新バージョン「2004(May 2020 Update)」が、ついに一般ユーザー向けに配信され始めた。まずは、バージョン1903/1909ユーザー向けの「オプション(手動)更新」として登場するが、表示されるまで数週間かかる場合もある。【更新】(2020/5/28)

「Windows 10 May 2020 Update」(バージョン2004)一般提供開始
Microsoftが「Windows 10」の春の大型アップデート「May 2020 Update」(コードネーム「20H1」、正式バージョン「2004」)の提供を開始した。ロールアウト方式のため、全対象ユーザーに行き渡るには数週間かかる見込み。(2020/5/28)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(21):
コロナ以降の「Windows 10」運用、変わるポイントは? MSの対応から考察しよう
テレワークの拡大で、企業の働き方と一緒に「Windows 10」運用の在り方も変化を求められています。企業が身動きの取れない状況を経験し、サイバー攻撃や“運用ストップ”のリスクを学んだ今、新しい日常に踏み出すユーザー企業が知っておくべき運用の「ニューノーマル」とは何でしょうか。(2020/5/27)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10は全て64bitになる 32bitから64bitへの完全移行は間もなく
初のオンライン開催となるMicrosoftの開発者向けイベント「Build 2020」を前に、Windows 10に関する話題をまとめた。(2020/5/20)

Apple、音楽作成ソフト「Logic Pro X」の大型アップデートを実施
Appleは、同社製音楽作成ソフト「Logic Pro X」のアップデートを発表、最新版「Logic Pro X 10.5」を公開した。(2020/5/13)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10のアップデートが新型コロナの影響で大きく変わる
Windows 10の次期大型アップデート「May 2020 Update」(バージョン2004)の一般配信が近づいているようだ。一方で、新型コロナウイルスの影響によって各種スケジュールにも影響が見られるようだ。(2020/5/8)

Apple、「Apple サポート 4.0」を配布開始 ダークモードに対応
Apple製品サポートを行うアプリがメジャーアップデートされた。(2020/5/1)

「スーパーマリオメーカー2」最後の大型アップデート実施 ついに自分だけの“ワールドマップ”が作れるぞ
スーパー俺ワールド。(2020/4/21)

伝染病ゲーム「PLAGUE INC.」開発元が新型コロナウイルス対策に25万ドル寄付 感染拡大を防ぐ新モードも発表
ゲーム内からコロナ対策基金へ寄付ができる機能も追加されます。(2020/3/25)

働き方改革でIT管理の負荷も軽減:
PR:テレワークの環境を安全かつ効率的にするには? ノートPCの理想型がここにある
働き方改革において「テレワーク」は重要な施策の一つと考えられている。しかし、いざ実施するとなればセキュリティやPC管理の課題が浮上する。どのようなPC管理ならばテレワークを適切に実践できるのか。その方法を紹介しよう。(2020/3/4)

PR:“ゲーセン衰退”で注目される「オンラインクレーンゲーム」 映像配信の課題に先駆者企業はどう立ち向かった?
(2020/2/19)

AMDのRadeon 3兄弟で「モンハン:アイスボーン」はどこまで楽しめる?
人気ゲームタイトル「モンスターハンター:ワールド」に大型拡張コンテンツ「アイスボーン」が加わった。AMDの新グラフィックスカード3兄弟でどこまで楽しめるのか、細かくチェックした。(2020/2/14)

PR:業務パソコンの困りごとはNTT東日本の「おまかせクラウドVDI」で対応!
Windows 7のサポート終了が話題を集めているが、OSの移行を機に社内のパソコンを仮想化することで管理運用の手間を軽減できる方法がある。NTT東日本の「おまかせクラウドVDI」の詳細を見ていこう。(2020/2/27)

機能更新プログラムによる業務妨害からの解放
「Windows 10」の“予期しないアップデート”で専用機器が動かない、回避策は?
「Windows 10」で発生する半年に1回の大型アップデートは、端末管理の手間を増やす要因になり得る。組み込み機器や専用機器で利用するWindows 10の予期しないアップデートを減らし、運用を省力化する方法とは。(2020/1/24)

CAEニュース:
線形、非線形構造などの解析機能を搭載した設計者向けCAEソフトウェア
図研アルファテックは、設計者向けCAEソフトウェア「AMPS Designer 10」の日本語版を2020年2月26日をめどに発売する。線形、非線形構造など高度な解析機能を搭載しながら、ライセンス費用を抑えた価格で提供する。(2020/1/6)

更新時に起こる印刷トラブルの対処法
「Windows 10」で急に印刷できなくなる原因と対処法
「Windows 10」は更新時にプリンタの問題を引き起こすことがある。そうした問題が起こる理由と対処法を解説する。(2020/1/5)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(18):
そう来たかMicrosoft……! 全く楽じゃないWin 7拡張サポートと混迷のWin 10アップデート最前線を解説
Windows 7拡張サポートが間近に迫る中、Win 10へ思い切って移行するか、それとも拡張サポートを活用するか迷っている企業もあるのではないでしょうか。今回は、どちらを選んだとしても見ておくべき話題を3つお届けします。(2019/12/27)

Windowsフロントライン:
Windowsで振り返る2019年、そして2020年の姿
2019年が終わろうとしている。延長サポートの終了直前となるWindows 7を筆頭にWindows 10もさまざまな話題を振りまいた1年だった。Windowsを中心に振り返りつつ、その先を見ていく。(2019/12/26)

Microsoft Teamsに勝てるか
Slackがパートナー戦略でMicrosoftやCiscoに攻勢 大企業での利用は広がるか?
Slack Technologiesは「Slackサービスパートナープログラム」を開始し、さまざまな導入・活用支援サービスを提供する。アナリストは「パートナーエコシステムは長期的な存続に不可欠」と評価する。(2019/12/24)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
Chainerの開発が終わっても止まらない、国内製造業のAI活用
リリースから4年半で開発を終了しますが、その使命は十分なまでに果たしたといえるでしょう。(2019/12/10)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:コラボレーション環境のつくり方
特集はWorkplace by Facebook導入事例とUCaaSの効果的な導入方法解説。他に、ファームウェアの脆弱性や個人情報の可視化ツール、Windows 10次期アップデートで実現するパスワードレスサインインなどについての記事をお届けする。(2019/12/10)

UiPathやBlue PrismではなくAutomation Anywhereを選定
Excel依存の大手化学メーカーが「RPA」を全社導入 そのメリットと課題は?
グローバル企業のEastman Chemical Companyは、全社的なRPA導入計画にAutomation Anywhereを採用した。導入して分かったメリットと課題、他のRPAソフトウェアとの違いは。(2019/12/10)

人工知能ニュース:
PFNがChainerの開発を終了しPyTorchへ移行、西川社長「非常に大きな決断」
Preferred Networks(PFN)は2019年12月5日、同社が開発する深層学習フレームワーク「Chainer」のメジャーアップデートを終了すると発表した。(2019/12/6)

“Pepper不要論”払拭なるか Pepperが接客するカフェ、渋谷に誕生 開発元が自ら運営
ソフトバンクロボティクスが、Pepperが接客するカフェ「Pepper PALOR」をオープンする。「りんな」がベースの会話エンジンを使用し、会話の精度を強化した「Pepper for Biz 3.0」を使用する。昨年から一部でささやかれる“Pepper不要論”を払拭(ふっしょく)できるか。(2019/12/3)

「案件中心」から「顧客中心」へ:
サイボウズは「SaaSシフト」をどのように成功させたのか
業務アプリケーションの「パッケージソフト販売」から、「クラウドベースのSaaSモデル」への事業転換に成功したサイボウズ。同社の開発本部長である佐藤氏に話を聞いた。(2019/11/28)

スマートホーム:
最短15秒でエネルギー製品の導入効果を試算可能に、「エネがえる」の新バージョン
国際航業がスマートハウスや住宅用蓄電システムの販売支援ツール「エネがえる」のメジャーアップデート版(Ver.4)のβ版サービスを公開。無料プランの追加、診断速度の高速化などのアップデートが行われている。(2019/11/20)

“脱Excel”か“活Excel”か
無理やり「Excelツールをチームで共同利用」するよりも、試すべき「Office 365」
Microsoft Excelで作成した社内ツールは、リアルタイムに複数人が同時編集することは困難な場合があります。マルチデバイスで共同編集できるツールを作るなら「Office 365」を検討する必要に迫られるでしょう。(2019/11/26)

「Windows 10 バージョン1909(November 2019 Update)」製品版が登場 Windows Updateから「オプションの更新」として適用可能
Windows 10の最新バージョンが、一般ユーザーにも配信され始めた。Windows Updateにおいて手動で更新を確認するとインストール可能だ。(2019/11/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。