ITmedia NEWS >
トップ10
» 2006年03月17日 20時01分 公開

個人的にはソニーのPS3、ではなくH.264レコーダーに期待LifeStyle Weekly Access Top10

「BDプレーヤーとしても高い能力を持つ」というソニーの次世代ゲーム機、プレイステーション3に注目が集まる一週間だったが、個人的には同じくソニーのH.264レコーダーに注目している。

[渡邊宏,ITmedia]

 今週の1位は、発売が11月に延期された次世代家庭用ゲーム機「プレイステーション3(PS3)」のBlu-ray Disc関連機能について、久夛良木氏のコメントを掲載した記事。

 久夛良木氏はプレイステーション3について、記事のほかにも「大きな期待と責任を感じている」とも述べていた。それはPS3が単なるゲーム機ではなく、BDプレーヤーやネットワーク端末などの役割も持つ、多機能なデジタルAV家電としての側面を多分に含んでいるからだろう。

photo International CES 2006に展示されていたプレイステーション3

 ところで、個人的にココロひかれているのはソニーのメモリースティックレコーダー「MSVR-A10」だ。この製品はアナログ入力された映像をMPEG-4 AVC(H.264)形式に変換、メモリースティックへ書き込むレコーダー。リアルタイムでエンコードが可能なほか、タイマーでの録画や、入力に反応して録画を開始するシンクロ録画機能も備える。

photo MSVR-A10

 「スゴ録」などHDDレコーダーに録画した映像をPSPで持ち出すことを念頭にした製品で、そうした意味では「おでかけ・スゴ録」(レビュー)のPSP連係機能を一部抜粋した製品ともいえる。

 この製品を見たとき、「これで自宅のHDDレコーダーに録画したきりになっているビデオが活用できる!」と思った。PSPは持っているし、H.264ならば画質も期待できる。出力先がメモリースティックだけというのは残念だが、プロファイルの変更が可能ならば利用範囲はPSPだけにとどまらないかもしれない。

 発売は4月中旬とまだしばらく先だが、レビューも掲載する予定なので、お楽しみに。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.