ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年10月02日 16時13分 公開

CEATEC JAPAN 2007:有機ELテレビを見逃すな

ソニーブースの見どころはやはり有機ELテレビ。世代違いの画質を体験できるとあってかなりの人気だが、MPEG-4対応のBDレコーダーや70V型のBRAVIA、ワンセグウォークマンなども注目。Rollyも踊ってる。

[渡邊宏,ITmedia]

 ソニーブースの見どころは、なんといっても有機ELテレビ「XEL-1」。同社が有機ELに積極的なことはPDA“CILE”への搭載をはじめ、International CESや国際フラットパネルディスプレイ展(Display 2007)での展示で明らかだが、「テレビ」としての姿を見せるのは初めてということもあり、来場者の関心は非常に高い(関連記事:ソニー、世界初の有機ELテレビを12月発売世界初の有機ELテレビ、ソニー「XEL-1」)。

photo
photophotophoto

 XEL-1は11V型の有機ELパネル「ORGANIC PANEL」を搭載。自発光方式でバックライトなどの別途光源を必要としないため、最薄部約3ミリという薄さを実現している。台座部分にはHDMI/USB/ヘッドフォン/LAN/アンテナの各端子とメモリースティックスロット、テレビ受信用のロッドアンテナを備えており、「プレミアムな卓上テレビ」としての利用が想定されている。

 パネルの解像度は960×540ピクセル。有効画面サイズは251(幅)×141(高さ)×287(対角)ミリ。コントラスト比(全白/全黒比の暗所コントラスト)は「100万:1以上」で、輝度は600カンデラ/平方メートル。色再現性もNTSC比110%と高く、応答速度も「マイクロ秒レベル」と高速だ。

photophotophoto XEL-1の展示コーナーは黒山の人だかり。薄さを確認するために横からのぞき込む人も多い(左)、利用されている有機材質を通電させることができるコーナーも用意(中、右)、
photophotophoto 会場にはInternational CESとDisplay 2007で展示されていた27V型もあわせて参考展示されていた

 インパクトでは有機ELテレビに押された感もあるが、Blu-ray Discレコーダーや「ワンセグウォークマン」といった注目製品も数多い。11月8日に発売開始を控えたMPEG-4 AVC/H.264エンコーダーを内蔵した新BDレコーダー「BDZ-X90/L90/T70/T50」(関連記事:「今後はすべてBD」――ソニーがBDレコーダー4機種を発表たっぶり録画に高速ダビング、ソニーの新Blu-rayレコーダー詳報)ももちろん展示されており、Blu-ray Discを軸に据えたハイビジョン映像の楽しみ方の提案が行われている。

photophotophoto 「BDZ-X90」(左)、「BDZ-L70」と「ロケフリ HomeHD」の組み合わせ(中)、「ロケフリ HomeHD」(右)
photophoto “ワンセグウォークマン”ことNW-A910シリーズも注目の製品(関連記事:ワンセグ搭載のフラグシップウォークマン「NW-A910」)。カード型のスリムなボディに2.4インチの大画面液晶とワンセグチューナーを搭載、同社お得意のスタミナ性能も備える

 薄型テレビ「BRAVIA」のコーナーでは、先日発表されたハイエンドの「Xシリーズ」をはじめとするシリーズラインアップを展示。同社薄型テレビでは最大サイズとなる70V型の「KDL-70X7000」も来場者の注目を集めている(関連記事:ソニー、大画面70V型含む「第3章」のBRAVIA新モデル)。また、XEL-1につぐほどに来場者の関心を集めているが“Rolly”の展示コーナー(関連記事:ソニーのiPodキラー?「Rolly」が正式発表動画で見る「Rolly」)。

 “サウンドエンターテインメントプレーヤー”「Rolly」はフラッシュメモリプレーヤーに分類される製品だが、ユニークな“踊る”という機能を備えており、その魅力はやはり実物を見ないとなかなか伝わりにくい。くるくると愛らしく踊るRollyを来場者は温かい目で見守っていた。

photophotophoto 「BRAVIA」の展示コーナー。中央には70V型の「KDL-70X7000」が展示されている、Rollyの展示コーナー。かなりの人だかりで接近は困難(中)、内部構造が分かるスケルトンモデルも展示(右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.