ITmedia NEWS >
ニュース
» 2013年10月09日 13時07分 公開

「プロジェクターの4Kシフトを加速させる」――ソニーが「VPL-VW500ES」を投入価格が半分に(2/2 ページ)

[芹澤隆徳,ITmedia]
前のページへ 1|2       

コンパクトな筐体とオートキャリブレーション

 同時発表の「VPL-VW1100ES」が従来機「VPL-VW1000ES」のボディーをそのまま使用しているのに対し、「VPL-VW500ES」はそのデザインエッセンスを受け継ぎながら容積比で33%という大幅な小型化を実現した。中でも奥行きは、VPL-VW1000ESの640ミリから463.6ミリへと大幅ダウン。重さも20キログラムから14キログラムとなり、設置時の柔軟性を向上させている。

左は「VPL-VW500ES」、右は「VPL-VW1100ES」

 サイズダウンできた理由は、光源ランプを筐体内で横向きに配置し、プリズムを使って90度曲げる構造を採用したこと。ランプとレンズを直線配置している上位機に対し、奥行きを大幅に短くできる。同時に吸排気設計も見直し、背面には吸気口のみを配置して「後ろにスペースがない、壁に近い位置にも設置できるようにした」(同社)。なお、前面の両サイドに設けられた排気口は、外側に向いたフィンがついており、熱気を帯びた排気が映像に影響しないよう配慮されている。

前面両サイドに排気口(左)光源ランプは天吊りしたまま交換できる(右)

 電動レンズシフトも範囲を拡大。左右31%と下方向の80%は変わらないものの、上方向は従来の80%から85%へと広げている。「85%は4Kの映像に影響しないギリギリの線。設置時に5%の違いは意外と大きい」という。本体の小型化と吸排気設計も合わせ、6畳間でも100インチ級のスクリーンに投映できるとしている。

低価格化の理由は主にレンズ

「オートキャリブレーション」機能。調整前を調整後を見比べる「ビフォーアフター」表示機能つき

 レンズは、プラスチックレンズ1枚とガラスレンズ13枚を組み合わせたもので、総重量は0.9キログラムと上位機の半分以下に抑えた。「価格を抑えられた大きな理由はレンズだ。VPL-VW1000/1100ESでは、ガラスレンズのみ18枚で構成されているが、VPL-VW1000登場から2年が経過してプラスチックレンズもかなり進化した」(同社)。今回のプラスチックレンズは、非球面レンズにフッ素コーティングを施したもの。またVPL-VW500ESではレンズの電動カバーも省かれているが、「ふたなしでもホコリがつきにくい」仕様だという。

 もう1つの大きなアップデートが「オートキャリブレーション」機能だ。プロジェクターの光源ランプは、使用時間の経過により色バランスのズレが発生する(緑がかってくるケースが多い)が、VPL-VW500ESではオンスクリーンメニューから「オートキャリブレーション」の「調整」を選択するだけで、レンズ後方に内蔵したカラーセンサーが光をチェックし、ホワイトバランスや色域を自動修正する。他社製品が採用しているガンマ補正はできないが、PC用の無料ソフト「Image Director 3」で行える。チェックにかかる時間は数分。なお「オートキャリブレーションは1000時間(使用時間)を目安に実行してほしい。ただし、ランプが暖まってからでないと正確にチェックできないため、30分間ほど使用した後で実行することをおすすめしたい」(同社)。

 このほか、3D表示のメガネ同期はBluetooth方式に変更され、信号受信範囲の拡大と接続時の安定性向上に寄与している。また「フルHDグラス・イニシアチブ」の共通規格に対応しているため、同規格対応であれば他社製品も利用できるという。一方、光源ランプも新開発の265ワット高圧水銀ランプ(従来は300ワット)に変わっており、交換用ランプとして「LMP-H260」が11月15日に発売される予定だ。価格は4万9875円。

  • 「VPL-VW500」と「VPL-VW1100」の差異一覧
型番 VPL-VW500 VPL-VW1100 VPL-VW1000(参考)
パネル 4K SXRD(4096×2160ピクセル)
リアリティークリエーション ◎(Mastered in 4K対応
4K/60p対応 ×
輝度 1700ルーメン 2000ルーメン
光源ランプ 265ワット 300ワット
レンズ プラスチックレンズ1枚、ガラスレンズ13枚 ガラスレンズ18枚
コントラスト 20万:1 100万:1
DCI色域 ×
オートキャリブレーション ×
オートシャッター ×
3Dメガネ Bluetooth方式 赤外線方式
外形寸法 495.6(幅)×195.3(高さ)×463.6(奥行き)ミリ 520(幅)×200(高さ)×640(奥行き)ミリ
重量 14キログラム 20キログラム
価格 84万円 178万5000円
発売日 11月15日 12月5日

→ソニーストアで「VPL-VW500ES」をチェックする
4Kの感動的な映像美をもっと身近に。設置性にも優れた4K高画質モデル


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.