ITmedia NEWS >
連載
» 2016年01月26日 00時01分 公開

これぞ鉄板! 絶対ラクになる「家電で花粉対策」7ヵ条滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」(7/7 ページ)

[滝田勝紀,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5|6|7       

#07:洗濯物は部屋干し! 衣類乾燥除湿器を活用しよう

 布団はもちろん、この時期は洗濯物の“外干し”は絶対NGである。濡れている洗濯物を外に干すということは、花粉にどうぞ付着してください! と言っているようなものだ。

 洗濯乾燥機がある家庭はそれを使うのが最善策だが、高価でもあり、使っていない人も多いはず。そんな花粉症の人にとって、この時期は、部屋干しがマストである。

 とはいえ、まだまだ冬なので、いくら暖房などをつけたとしても、部屋干しでは乾きにくい。そのまま干しておいてもいつかは乾くだろうが、厚手の生地の洋服などは完全に乾ききらないこともある。部屋干しのニオイも気になるかもしれない。

 だからこそ、本来は梅雨時などには重宝する衣類乾燥除湿器を、この花粉が飛散するこの時期に使うことをおすすめしたい。昨年、ブレイクした感のある家電だが、衣類乾燥に特化した除湿器であるため、その効果は絶大だ。

 例えば2kgぐらいの洗濯物であれば、最速で50分から60分ぐらいで乾かしてしまうものも多い。例えば、帰宅してから洗濯して、部屋干しを始めても、寝る頃には花粉が付着することなく乾いているはずだ。

おすすめのアイテム

  • パナソニック、衣類乾燥除湿機「F-YHLX120」

  • 三菱電機「MJ-120KX」

  • 象印、衣類乾燥除湿機「サーキュレートドライ 」

 このように最新家電を活用して対策を徹底することで、花粉症の悩みは半減できる。花粉症の症状が出ている人も、まだ発症していない人も、念には念を入れて対策を講じ、快適な春を迎えていただきたい。

前のページへ 1|2|3|4|5|6|7       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.