ITmedia NEWS >
レビュー
» 2017年03月30日 18時56分 公開

とにかく写りの良いカメラがほしい人に! 日本初の中判ミラーレス、富士フイルム「GFX 50s」(4/4 ページ)

[荻窪圭,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

 絞りはレンズの絞りリング。左肩にはISO感度、右肩にはシャッタースピードという構成だ。

上面から。EVFは外してある

 背面にはフォーカスポイント用のジョイスティックを搭載。これでAFポイントを動かせる。AF枠はサイズも自在に変更可能。

 AFは普通のミラーレス一眼と同等で、像面位相差AFを使った同社のX-T2やX-Pro2ほどではないがストレスはない。

背面から。モニタの右にAF用スティックや十字キー、各種ボタンがある。多くのボタンはカスタマイズ可能だ
ファンクションボタンは全部で8つあり、機能を割り当てることができる

 ボタンが遠くて指が届きづらいことはあるが、基本的にミラーレス一眼の感覚で使用可能だ。

 メディアはSDカードスロット×2。

 バッテリーは専用の大きなものを横から出し入れする。三脚を使って撮影することを考えるとバッテリースロットは横にあった方がいい。

 さらに側面にはUSB 3.0コネクター、マイクやリモートレリーズ用などインタフェースが集中している。

側面を開けてみた。バッテリーがここから着脱できるのは三脚使用時によい。

100万円コースだけど素晴らしいカメラ

 で、GFX 50sはカメラとしてどうなのか、というと、素晴らしいカメラである。ずっしりして存在感があって、何より写りがいい。

 解像感が高いとか、高感度に強い以上に、階調が柔らかくて滑らかで豊かなのである。

 レンズは今のところ3本用意されている。

 今回使ったのが32-64mm F4のズームで、35mm換算だと役25-51mm相当の、広角から標準のズームレンズ。

石垣の隙間から顔を出してたノゲシ(だと思うが自信なし)が目に付いたのでローアングルで。ボケ方も柔らかくてきれい(38.2mm 1/160秒 F8 ISO200)

 さらに標準レンズとなる、63mm F2.8は防塵防滴仕様で35mm換算の50mm相当。中望遠レンズとなる120mm F4のマクロレンズがある。

 そして標準のズームレンズ込みで100万円コース。高いのか安いのか。

 気軽に持ち歩いて何でも撮るというカメラではないから、ハイクオリティーな写真が必要なカメラマンや、写真のためなら惜しまないという道楽な写真愛好家向きで、誰にでもってわけではないんだけれども、100万円出せばこのクオリティーのカメラが手に入る、ってことがスゴイと思う。

 ちょっと重くて嵩張るけど普通のデジタル一眼の感覚で撮れて(よっこらしょって感じがないのだ。サクサク撮れる)この画質が手に入ると思えば高くない。いや高いけど、それだけの価値はあるし、これ持って、吉野まで桜を撮りに行きたいとか思っちゃう。

 いやはや良いものを触らせていただきました。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.