ITmedia NEWS >
レビュー
» 2017年12月14日 15時04分 公開

正しい引き算をしたミニマルなミラーレス、富士フイルム「X-E3」(4/4 ページ)

[荻窪圭,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       
明るい室内にて。50mm F2の単焦点レンズ(75mm相当になる)でポートレート。フォーカスはちゃんと手前の目に来てる。明るめに処理しようと+1の露出補正をかけた。肌色が非常にナチュラルでいい(50mm 1/80秒 F2 +1 ISO400)

 背面モニターが可動式でないのは残念だが、まあそこはモニターを斜めから見て対応するということで。

シャッタースピード優先で1/250秒にし、毛繕いしている猫を縦位置でぐっと寄って撮影(18-55mm 48mm 1/250秒 F4 ISO320)

 AFポイントは325点と十分にある。

フォーカスはジョイスティックかタッチパネルで(ファインダー使用時はタッチパッドAFを使える)。これは海老フライに合わせた(18-55mm 33mm 1/60秒 F4 +0.33 ISO400)

 最後に夜のカットも。

 ISO3200まで上がったが、ノイズもあまり目立たずディテールもしっかり残ってくれた。

街灯に照らされた銀杏を絞り優先AEで(18-55mm 18mm 1/17秒 F5.6 ISO3200)

外はクラシカルだが中はモダン。Bluetoothにも対応

 バッテリーは上位モデルと共通で、USB充電対応。

 最新モデルだな、と思わせてくれるのはBluetoothに対応したこと。Bluetoothで常時接続しておけば、BlueoothをトリガーにしてWi-Fiでスマートフォンと自動的に繋がり、撮った写真の自動転送もしてくれる。

専用アプリでペアリングすればBluetooth→Wi-Fiの連携による自動転送も可能

 撮影した写真は自動的に「転送予約」扱いになるので次に接続したときまとめて送ってくれるし、3M相当にリサイズしてくれるので時間もかからない。

 かくして、X-E3はどこを削ってどこを残して何を追加するかをしっかり考えた名機。特に背面の十字キーをとっぱらったのは英断で、より「カメラらしいカメラ」になった。

 ミラーレス機のトレンドをみると、ボディ内手ブレ補正を持たないのは残念であるが、気になったのはそのくらいで、カメラ好きやコンパクトで高画質なミラーレス機が欲しい人にお勧めのミドルレンジの名機といいたい。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.