ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ベストプラクティス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ベストプラクティス」に関する情報が集まったページです。

「Microsoft Power Apps」を使いこなす6つのヒント【後編】
「Power Apps」でのローコード開発でつまずかないために確認すべき「SLDC」とは
「Microsoft Power Apps」でアプリケーションを開発する際は、設計から運用までのベストプラクティスに従うことが重要だ。3つのベストプラクティスを取り上げる。(2021/10/7)

自動化ツールの活用が効果的:
ESET、クラウドの構成の誤りを修正するベストプラクティスを発表
セキュリティ企業ESETは、クラウドの構成上の問題を修正するベストプラクティスを発表した。ゼロデイ攻撃よりも人的エラーの方が高リスクであり、なるべく短時間でクラウドの構成の誤りを修正しなければならないという。(2021/9/28)

Gartner Insights Pickup(225):
クラウド戦略の効果的な実行を支える「クラウドセンターオブエクセレンス」(CCOE)
「クラウドセンターオブエクセレンス」(CCOE)を立ち上げようと考えている組織のために、そのメリットと課題、ベストプラクティスを解説する。(2021/9/24)

「地に足の着いた」DX推進の人材育成を:
PR:“DXの本質”から考える ワークフローと人材育成のベストプラクティスとは?
DX推進を主導する「DX人材」の獲得や育成に多くの企業が取り組んでいるが、そもそもDX人材とはどのような人物を指すのだろうか。国内企業が抱くDXに関する“誤解”を正し、その本質と適切な人材育成方針を探る。(2021/9/9)

日本企業も人ごとではない?:
米国で「休日出勤」するランサムウェアが増加中 FBIとCISAがベストプラクティスを発行
米国では、祝日や祝日のある週の週末など防御が手薄になる期間を狙ったサイバー攻撃が増加傾向にある。FBIとCISAはこれを受けて共同のセキュリティアドバイザリを発行し、短期的/中長期的な対策を打ち出した。(2021/9/2)

ワイヤレスデバイスを安全に利用するポイントは? NSAがガイダンスを公開
テレワークの普及によって、無料Wi-Fiや外部の会議室経由でインターネットに接続する機会が増えている。これらのネットワークは必ずしも安全に設定されているとは限らず、サイバー犯罪者が仕掛けたものである可能性もある。これらを利用する際のベストプラクティスとは。(2021/8/3)

「年間10万件の請求書処理を自動化するならこの実装」協調型RPAベンダーが語るベストプラクティスは
「うちの製品で年間10万件の請求書処理を自動化するならこの実装」――。ブームが一段落し、適用領域や効果的な利用方法が見えてきたRPA。ツールの現在の限界を理解し、人の介在を前提に組織全体の効率化を目指す場合の実装方法は。人・ロボット協調型ベンダーの場合のベストプラクティスを聞いた(2021/7/7)

11の課題と5つのベストプラクティス:
クラウドセキュリティの課題、解決への道は?
WhiteSourceは、クラウドセキュリティの課題とリスクを特定し、ベストプラクティスを紹介した。構成ミスや認証情報の管理ミス以外にも多数の課題が挙げられている。(2021/7/5)

Gartner Insights Pickup(208):
リモートワーク時のアジャイルソフトウェア開発チームに役立つ6つのベストプラクティス
アジャイルなソフトウェア開発チームは、コラボレーションとダイナミックな交流によって力を発揮する。6つのベストプラクティスを実践することで、チームがリモートワーク時にも効果的に機能し、エンゲージメントを保てる。(2021/5/21)

半径300メートルのIT:
内部からの情報漏えいに備える IPA資料から読み解く企業が取るべき第一歩は?
IPAが「企業における営業秘密管理に関する実態調査2020」を公開しました。有事の際に備えて、企業が取るべきベストプラクティスとは何なのでしょうか。(2021/3/23)

PTC ジャパン株式会社提供|Onshape に関するホワイトペーパー:
PR:手作業のデータ管理に潜むリスク、自動化が進む製品設計でPDMが果たす役割とは
3D CADの浸透により、製品設計と製造プロセスの自動化が進んだ一方、生成される膨大なデータの管理を、いまだに手作業で行う企業も少なくない。データ管理の負荷から従業員を解放し、その活用を促進するためのベストプラクティスを探る。(2021/3/8)

PTC ジャパン株式会社提供|Onshape に関するホワイトペーパー
手作業のデータ管理に潜むリスク、自動化が進む製品設計でPDMが果たす役割とは
3D CADの浸透により、製品設計と製造プロセスの自動化が進んだ一方、生成される膨大なデータの管理を、いまだに手作業で行う企業も少なくない。データ管理の負荷から従業員を解放し、その活用を促進するためのベストプラクティスを探る。(2021/3/8)

居心地のよいClubhouseルームを作るために、避けたい3つの「罪」 音声チャットSNS運営ベストプラクティス
堀正岳さんがClubhouseのモデレーションについて解説。(2021/2/4)

効率的な移行とコスト、安全性、ガバナンス
クラウドシフトで重要性を増すファイルサーバ管理 最適解をAWSとNECが語る
ニューノーマル時代に向け、企業は「どこでも働ける環境」の整備が求められている。その足掛かりとなるのはオンプレミスサーバのクラウド移行だろう。既存ファイルサーバの運用に悩む企業のためにベストプラクティスを紹介する。(2021/2/3)

AWS re:Invent 2020:
AWS、SaaS構築のフレームワーク「AWS SaaS Boost」発表 ISVがすぐSaaSを提供可能に
AWSが「AWS SaaS Boost」を発表。同社のSaaS構築のノウハウやベストプラクティスが詰め込まれたフレームワーク。ソフトウェアベンダーはこの参照環境に自社のWebアプリケーションを組み込むことで、SaaSの提供を簡単に始めることができる。(2020/12/4)

Azureセキュリティスコアの使用、管理ポートの扱いなど:
Microsoftセキュリティチーム、「Azure」で仮想マシンを保護するためのベストプラクティスを紹介
Microsoftのセキュリティインシデントレスポンスチームは、「Microsoft Azure」で仮想マシンを含むワークロードを保護するためのベストプラクティスを紹介した。(2020/10/22)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(85):
「Cortana」を利用しない企業向けWindows 10活用のベストプラクティス
音声パーソナルアシスタント「Cortana」は、「Microsoft 365」で強化されたクラウドベースのアシスタントサービスに強化されることになっています。そのため「Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004)」ではCortanaアプリが刷新されました。しかし現状、日本/日本語で利用できる機能は限定的です。当面、利用予定がない場合は、ユーザーから問い合わせを受ける前に、無効化しておくことをお勧めします。(2020/10/20)

「RDP」を安全に利用する【後編】
「Remote Desktop Protocol」(RDP)を危険にしないための10カ条
「リモートデスクトップサービス」(RDP)を使って安全なリモートアクセスを実現するためには、何をすればよいのか。10個のベストプラクティスを紹介しよう。(2020/10/13)

時代に合わせた働き方とセキュリティを
テレワークを「当たり前の働き方」にするために必要なゼロトラストセキュリティ
これからもテレワークを続けるために、安全性と利便性の両立は重要な経営課題だ。解決の糸口となるゼロトラストセキュリティを実現するために、必要な要素を段階的に導入するベストプラクティスを探る。(2020/9/28)

ベストプラクティスを紹介
「Teams」のデータを失いたくない人のためのバックアップとリストアの注意点
「Microsoft Teams」のデータを保護するためのバックアップとリストアの設定は複雑になりがちだ。特に注意すべき点とベストプラクティスを紹介する。(2020/9/21)

半径300メートルのIT:
緊急事態宣言下の「緊急事態」 頼りは過去のプラクティスだ
「ドコモ口座」を発端としたWeb口振問題が世間を騒がせていますが、リモートワークが急速に拡大する不安定な状況だからこそ発生するインシデントもあります。こうした状況に対応するベストプラクティスとは?(2020/9/15)

平時以上に意識すべきセキュリティ対策
“コロナ便乗攻撃”に慌てない「バックアップ」のベストプラクティス
新型コロナウイルス感染症に乗じたサイバー攻撃への備えとして、有効な手段である「バックアップ」。そのベストプラクティスを紹介する。(2020/9/4)

Gartner Insights Pickup(173):
機械学習の主な手法、「教師あり学習」「教師なし学習」「強化学習」はどう違うのか
人工知能(AI)の取り組みにおける機械学習の主な手法として、「教師あり学習」「教師なし学習」「強化学習」がある。3つの機械学習手法それぞれの、ユースケースとベストプラクティスを理解しよう。(2020/9/4)

コンテナ化されたワークロードのセキュリティリスクを軽減:
コンテナを保護するための10のベストプラクティス、InfraCloudが解説
InfraCloudが、アプリケーションコンテナのセキュリティを確保するための10のベストプラクティスを解説した。(2020/8/13)

Kubernetesアドミッションコントローラーの利用など:
コンテナイメージスキャニング、12のベストプラクティス――Sysdigが解説
Sysdigがコンテナイメージスキャニングの12のベストプラクティスを公式ブログで解説した。(2020/7/31)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
暗号化のリスクを最小化、SSL復号のための「10のベストプラクティス」とは?
個人情報の送受信に不可欠な「暗号化」だが、トラフィックの可視性の欠如を悪用したサイバー攻撃も増えている。そこで対策として取り入れたい「SSL復号」のアプローチについて、メリットや導入のためのベストプラクティスを紹介する。(2020/7/7)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
記者が体験した、Zoom発表会のベストプラクティス
「新型コロナの影響で、記者の仕事はかなりやりにくいのでは?」と質問を頂くことが増えてきた。3月末から徐々にリアルな発表会の自粛が始まり、4月に入ってからはほぼゼロ。5月は、発表会もインタビューも、100%オンラインに移行している。慣れないzoom発表会において、各社のベストプラクティスを共有したい。(2020/5/27)

Apple、「COVID-19 3.1」を配布開始 検疫のベストプラクティス追加
3月にリリースした新型コロナ感染症アプリがまたアップデートされている。(2020/5/18)

バッファオーバーフロー攻撃に備える【後編】
「バッファオーバーフロー攻撃」の被害を防ぐ6つの対策
Webアプリケーションを狙う「バッファオーバーフロー攻撃」による被害を防ぐには、どうすればよいのか。開発から運用までのベストプラクティスを紹介する。(2020/5/15)

PythonやR向け:
時系列予測のベストプラクティスを共有するGitHubリポジトリを開設、Microsoft
Microsoftは、時系列予測のベストプラクティスを共有するためのGitHubリポジトリを開設した。PythonやRを使っている開発者に向けたものだ。(2020/4/20)

利便性と危険性は表裏一体
「無線LAN」はなぜ危ないのか? 有線LANとの違いが生むリスク
物理的な配線を利用する有線LANと利用しない無線LANでは、どのような違いがあるのか。無線LANのセキュリティを向上させるため、その違いと保護のベストプラクティスを学ぼう。(2020/4/4)

ゼロトラストセキュリティとは何か【後編】
「ゼロトラストセキュリティ」に賢く取り組む3つのベストプラクティス
「ゼロトラストセキュリティ」は、クラウドによって多様化する企業ITを保護するための有力なアプローチだ。どのように実現すればよいのか。必要な要素とベストプラクティスを紹介する。(2020/3/17)

「ファイアウォール」再入門【後編】
「ファイアウォール」はどこに設置し、どう運用すべきなのか?
ファイアウォールのメリットを引き出すには、どのような場所に設置し、どのような運用方法を選択すればよいのだろうか。ベストプラクティスを紹介する。(2020/3/5)

アナログ設計のきほん【ADCとノイズ】(最終回):
デルタ-シグマADC使用時における電源ノイズ影響の低減
具体的な設計例を用いて、引き続き電源ノイズについて考察します。また、電源ノイズを低く保つベストプラクティスと、システムの総ノイズ特性を改善するデバッグのヒントについても説明します。(2020/2/27)

テストドリブン型のRPA開発のススメ(1):
RPA開発、3つのベストプラクティス、テスト駆動開発が求められる理由
RPAの品質向上、運用コスト削減につながるテストファーストなRPAにおける開発アプローチを紹介する連載「テストドリブン型のRPA開発のススメ」。初回は、テストドリブン型の開発手法とRPAに適用した際のイメージ、RPA開発のベストプラクティスなどについて。(2020/2/21)

キーワードは「ビジネスレジリエンス」:
PR:コロナ禍という「ピンチ」を「チャンス」に変える、IT環境のベストプラクティスとは?
2020年は、コロナ禍に対して「守り」を固める企業が目立った。ただ、感染拡大の収束が見えない今後はITを活用した「攻め」の姿勢も求められる。では、そのためには何から手を付けていけばいいのだろうか?(2021/1/18)

PR:グローバルなベストプラクティス活用に不可欠なのは、「社員と企業文化の変革」 アフラックにおけるDXプロジェクトの道のり
「『生きる』を創る。」をブランドプロミスとするアフラックは、さらなるサービス向上を目指し顧客接点におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めている。「Salesforceの標準機能を徹底活用する」という戦略のもと、自前主義を廃し短期間で大きく業務プロセスを刷新。同社はどのようにして変革を起こそうとしているのか。(2020/1/8)

特集:DXを成功させるための組織論(1):
DXの成功に「組織」が不可欠なのはなぜか
素早い開発サイクルでサービスを提供するためのベストプラクティスは整いつつあるが、それを「組織に浸透させる」ベストプラクティスは見当たらない。DXを進めている企業の事例を基に「DXを進めるための組織作り」には何が必要かを探る。(2019/12/27)

Office 365 の特権、管理できていますか?:
PR:Azure AD Privileged Identity Management(PIM)で実現する Office 365 特権ロールのライフサイクル管理
Office 365 で利用される「特権」は攻撃者の標的になりやすく、管理者の不注意による誤操作や未承認の変更、管理者による内部不正などが発生した場合のシステムへのダメージが大きくなることから、一般のユーザー権限よりも厳密な管理が求められます。本稿では、Office 365 特権の利用におけるベストプラクティスや特権のライフサイクル管理機能を提供する「Azure AD Privileged Identity Management(PIM)」についてご紹介します。(2019/12/19)

アナログ設計のきほん【ADCとノイズ】(10):
クロックが高精度AーDコンバーターに与える影響
クロックが高精度A-Dコンバーターにどう影響するかを深く理解するために、クロック信号に関連する3つのトピックスについて考察します。トピックスとは「クロックジッタ」「クロック相互変調」「クロックに関する基板レイアウトのベストプラクティス」の3つです。(2019/12/18)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:本当に役に立つ人材の見つけ方
特集は、企業のデータ戦略に欠かせないデータサイエンティストの見つけ方。適切なスキルを持った適切な人材を確保するのは難しい。他に5Gの健康リスク連載第2回、Chromebookレビュー、AI+RPA開発ツール、SAP導入のベストプラクティスなどの記事をお届けする。(2019/10/18)

Gartner Insights Pickup(128):
コンテナプラットフォーム戦略における6つのベストプラクティス
コンテナをデプロイするに当たって、インフラ&オペレーションの担当リーダーは、戦略を策定し、投資対効果をしっかり検討しておく必要がある。コンテナプラットフォーム戦略に盛り込むべき6つの重要な要素を紹介する。(2019/10/11)

システム/データベース停止による損失を最小化するために:
PR:システムを止めない、ビジネスを止めないためのベストプラクティスを探る――「Oracle Private Cloud Infrastructure」がもたらすインパクト
日本オラクルは「第2回 Oracle Private Cloud Infrastructure Users Forum(東京)」を開催。クラウド化に最適なプラットフォーム「Oracle Private Cloud Infrastructure」の最新情報とMAA(Maximum Availability Architecture)、データベース(DB)/アプリケーションの災害対策サイト構築をテーマに、製品の実運用、構成、活用事例を紹介した。(2019/9/9)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
AWSセキュリティを強化、設定・ツールに関する「12のベストプラクティス」
AWSは強力なクラウドサービスだが、一方でAWSの責任共有モデルがIT部門を悩ませている。複雑なクラウドのセキュリティ管理は難しく、Gartnerもセキュリティ事故の発生を予測する。AWS設定のベストプラクティスを把握しておきたい。(2019/9/18)

SAP導入事例
SAP導入のベストプラクティスは「カスタマイズしない」こと
英オープン大学CIOのユールズ氏は、SAP製品の導入に際してカスタマイズしないという方針を打ち立てた。どのような問題が生じたのか。それでもカスタマイズしなかった理由とは何か。(2019/7/17)

従業員向けのベストプラクティスも紹介
いまさら聞けない「メールセキュリティ」の7大基礎技術
メールセキュリティプロトコルの導入から、フィッシング詐欺の危険に関するユーザー啓発まで、企業のメールセキュリティに関するさまざまなベストプラクティスを紹介する。(2019/5/27)

IT部門の管理方法も異なる
チームコラボツールは「全社で1つ」か「部門ごと」か ベストプラクティスは?
チームコラボレーションツールを導入する方法は、ユニファイドコミュニケーション(UC)の戦略とユーザーのニーズによって異なる。導入にはどういう選択肢があり、どういうメリットとデメリットがあるだろうか。(2019/4/18)

Microsoft 365で実現するクラウド時代のセキュリティ(2):
PR:社給端末制限の緩和でコストをかけずに、安全かつ柔軟性のあるリモートワーク環境の提供を!
本稿は、Microsoft 365に含まれる「セキュリティ関連機能」にスポットを当てるシリーズです。公式ドキュメントからは読み取れない便利な機能を、日本マイクロソフトの技術営業チームが紹介します。今回は「社給端末制限」について再考し、クラウドをより良く活用するためのベストプラクティスを紹介します。(2019/4/18)

製品動向から技術動向まで
HCIのメリットを最大限に引き出す10のベストプラクティス
HCIのメリットを最大限に生かし、調達、導入、管理サイクルのさまざまな場面で活用できる10のベストプラクティスを紹介する。(2019/3/28)

ハイブリッドクラウドの監視を効率的に強化
「アラートが鳴りやまないクラウド」にしないためのベストプラクティス5選と主要ツール
データと警告に過負荷を感じることなく、効率的にハイブリッドクラウドインフラを監視するには、既存のプロセスを幾つか見直す必要がある。本稿では監視のために最初に実施すべき「5つのベストプラクティス」を取り上げる。(2019/3/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。