ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  S

「SDK」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Software Development Kit

Mistral AIモデルを自社ニーズに適応可能:
Mistral AI、モデルのファインチューニングサービスおよびSDKを提供開始 各メリットは?
Mistral AIは、同社の大規模言語モデルへのアクセスポイント「La Plateforme」にモデルのカスタマイズサービスを導入し、ユーザーがAIアプリケーションのパフォーマンスと速度の改善や、きめ細かな編集を管理できるようにしたと発表した。(2024/6/10)

車載ソフトウェア:
SDV開発に向けたオープンソースのプラットフォーム提供のため協業
Red Hat(レッドハット)は、将来のSDVに向けた、ルネサス エレクトロニクスとの協働を発表した。同社の「Red Hat In-Vehicle Operating System」をルネサス エレクトロニクスの「R-Car」用ソフトウェア開発キットと統合し、新機能を提供する。(2024/5/30)

組み込み開発ニュース:
モーター制御ソフトウェア開発キットに新しい位置推定制御技術を追加
東芝デバイス&ストレージは、新しい位置推定制御技術を追加したモーター制御ソフトウェア開発キット「MCU Motor Studio Ver.3.0」と、モーターパラメーターを自動算出する新ツールの提供を開始した。(2024/4/4)

VR/AR/MRニュース:
開発者向けARグラスを無償提供する「XREAL ARコンテンツ推進プログラム」始動
XREALは、開発者向けARグラス「XREAL Light」を無償提供し、専用SDK「NRSDK」を用いて制作したARコンテンツの開発を促進する取り組み「XREAL ARコンテンツ推進プログラム」を開始した。(2024/1/31)

自動車開発者向け、ブランド独自のナビゲーションを構築できる:
AIアシスタントで最適ルートを提供 Mapboxが「Navigation SDK」を公開
Mapboxは、AI機能を備えた「Navigation SDK」を公開した。車載ナビゲーションのビジュアルを強化し、位置情報に関する会話を自然で実用的なものにするAI音声アシスタント「MapGPT」を提供する。(2024/1/12)

WASIXを介してあらゆるUNIXプログラムをブラウザで実行できる:
Wasmer、「Wasmer JavaScript SDK」を発表
WebAssembly(Wasm)ランタイムを開発するWasmerは、WASI(X)アプリケーションをブラウザで簡単に実行するための新しいライブラリ「Wasmer JavaScript SDK」を発表した。(2023/12/26)

製造ITニュース:
OKI、エッジデバイスを遠隔から一元管理するアプリの開発ツールを提供
OKIは、ロボットやさまざまなエッジデバイスを遠隔から一元管理するアプリケーションの開発ツール「ROMBOX SDK」を提供する。同社のリモートDXプラットフォーム技術「REMOWAY」と連携して活用できる。(2023/12/7)

ドローン:
国産ドローン「SOTEN」の拡張性を高めるオープンなSDKを共同開発
フィックスターズは、ドローンの拡張性を高めるオープンなソフトウェア開発キットの開発に向けてACSLと協業する。両社が人材や技術などを相互に提供し、実用性の高いアプリケーション開発のための環境整備を共同で進める。(2023/11/22)

人工知能ニュース:
低消費電力のエッジAI向けプロセッサIPを発表、従来比で最大20倍高速化
Cadence Design Systemsは、次世代AI向けIPの「Cadence Neo Neural Processing Units」と、AIソフトウェアツールの「NeuroWeave SDK」を発表した。2023年12月初めに一般提供を開始する予定だ。(2023/9/26)

Qualcommが目指すXRの未来【後編】
クアルコムのXR用「新SDK」で充実 使えるヘッドマウントディスプレイは?
Qualcomm Technologiesは、XR技術を活用するためのSDK「Snapdragon Spaces」を強化した。Snapdragon Spacesが利用可能なHMDとして、どのような製品が登場する見込みなのか。(2023/7/19)

Qualcommが目指すXRの未来【前編】
クアルコムのXR用SDK「Snapdragon Space」新機能でスマホアプリが進化する?
Qualcomm Technologiesが手掛ける、XR技術活用のためのSDK「Snapdragon Spaces」が進化を遂げた。これにより、スマートフォン向けアプリケーションでのAR体験を強化できるようになるという。その詳細は。(2023/7/11)

「Xcode」「ARKit」「Unity」など既存ツールも使える:
「Apple Vision Pro」でどんなアプリを使えるのか? どんな開発ツールを使えるのか?
「Apple Vision Pro」のアプリを作れる開発者ツールが利用可能になった。Appleのプラットフォームを利用する開発者は、「visionOS」のソフトウェア開発キット(SDK)によってどのようなアプリを開発できるのかの例と、Vision Pro用のアプリの設計、開発、テストに役立つ情報を紹介する。(2023/7/8)

Apple Vision Proと「空間コンピュータ」は、メタバース市場をひっくり返すことができるか
アップルが自社のゴーグル型デバイスである「Apple Vision Pro」を発表。専用OS「VisionOS」のソフトウェア開発キットの配布も始まった。早速SNS上でも、開発者の感想やサンプル動画が複数あがっている。(2023/6/30)

組み込み開発ニュース:
スマートホーム規格「Matter」と「ECHONET Lite」をつなぐブリッジ機能を開発
ユビキタスAIは、スマートホーム規格「Matter」と「ECHONET Lite」の対応デバイスをつなぐブリッジ機能を開発した。ECHONET Lite対応ソフトウェア開発キット「Ubiquitous ECHONET Lite SDK」に搭載して提供する。(2023/6/30)

Apple、「Vision Pro」アプリ開発向け「visionOS SDK」リリース 東京にラボ開設へ
Appleは空間コンピュータ用ヘッドセット「Vision Pro」向けアプリ開発のための「visionOS SDK」をリリースした。7月には東京を含む幾つかの都市に開発者ラボを開設する。開発向けVision Pro申請も開始する。(2023/6/22)

組み込み開発ニュース:
RTOSプラットフォームのSDKがBSPを拡張、NXPの「S32G」に対応
イーソルは、スケーラブルリアルタイムOSプラットフォーム「eMCOS」のソフトウェア開発キット「eMCOS SDK」に、NXP Semiconductorsのハードウェア開発ボード「S32G-VNP-RDB2」に対応したBSPを搭載した。(2023/6/5)

ポリシーでアプリケーションアクセスをきめ細かく制御:
AWS、ポリシー言語「Cedar」のSDKをオープンソースで公開
Amazon Web Servicesは、「Amazon Verified Permissions」と「AWS Verified Access」の顧客に使用されるポリシー言語「Cedar」のSDKをオープンソースとしてリリースした。(2023/5/18)

組み込み開発ニュース:
アマゾンの独自LPWA向けにSoCと開発キットを提供
Nordic Semiconductorは、アマゾン(Amazon.com)の独自LPWA(低消費電力広帯域)ネットワーク技術「Amazon Sidewalk」向けにBluetooth Low Energy SoC「nRF52840」と開発キット「nRF Connect SDK」を提供する。(2023/4/26)

組み込み開発ニュース:
ソフトウェアファクトリー対応のリアルタイムOS開発キットを発表
イーソルは、スケーラブルリアルタイムOSプラットフォーム「eMCOS」のソフトウェア開発キット「eMCOS SDK」の内容を一新してリリースした。2023年4月に一般リリースを開始する。(2023/4/5)

車載ソフトウェア:
ECUユニット開発にUbuntuを適用したソリューションを発表
ElektrobitとCanonicalは、ECUユニット開発向けソリューション「EB corbos Linux - built on Ubuntu」を発表した。SDKやツール類、ソースコードを備えたソフトウェアパッケージとなる。(2023/3/20)

国交省、日本の都市を再現した3DモデルをUnity Asset Storeで無料配布 ゲーム開発などに活用できる
オープンソースで無料のSDKを配布開始。(2023/3/1)

独自技術で高効率の推論を実現:
低消費電力MCU向けAIソフト開発キット、Ambiq Micro
Ambiq Microは、AIに焦点を当てた独自SDK(ソフトウェア開発キット)「Neural Spot」を提供する。超低消費電力サブスレッショルド/ニアスレッショルド技術を組み合わせることで、高効率の推論を実現するという。(2023/3/2)

組み込み開発ニュース:
Wi-Fi通信機能の評価と検証ができるMatter対応SDK
ルネサス エレクトロニクスは、Matterプロトコルをサポートするソフトウェア開発キットを発表した。Wi-Fi SoC「DA16200」搭載のWi-Fiモジュール開発キットと共に使用することで、Matterに対応したWi-Fi通信機能の評価、検証が可能になる。(2023/1/18)

組み込み開発ニュース:
CC-Link IE TSN対応産業機器の開発期間を短縮するSDK、新バージョンを提供
イーソルは、産業用オープンネットワークCC-Link IE TSNに対応したソフトウェア開発キット「eSOL CC-Link IE TSN SDK」の新バージョンを2023年春より提供開始する。(2023/1/17)

全Wi-Fi、BLE、Thread製品でMatter対応へ:
ルネサス、Matter プロトコル対応SDKを発表
ルネサス エレクトロニクスは2023年1月5日、全てのWi-Fi、Bluetooth Low-Energy(LE)および、IEEE 802.15.4(Thread)製品でスマートホーム規格「Matter」をサポートすると発表した。(2023/1/5)

組み込み開発ニュース:
多様なデバイス接続を容易にする、Matter対応MCU向け開発キットを発表
Texas Instrumentsは、「Matter」プロトコルに対応したワイヤレスマイコン向けソフトウェア開発キットを発表した。超低消費電力かつセキュアなスマートホームアプリケーションを構築し、さまざまなデバイスへの接続が可能になる。(2022/12/9)

ソニーのモーションキャプチャー「mocopi」は何が新しいのか? スマホ活用の新たな可能性
ソニーが、スマートフォンと連携してモーションキャプチャーを可能にするデバイス「mocopi(モコピ)」を2023年1月下旬に発売する。頭、手足、腰に装着してスマートフォンと連携すると、モーションデータを取得できるようになる。SDKを活用することで外部サービスと連携可能になり、取得したモーションデータをリアルタイムに配信することもできる。(2022/12/4)

PFU、WebアプリにScanSnap連携機能を組み込める開発キット「ScanSnap Web SDK」を提供開始
PFUは、同社製スキャナー「ScanSnap」をWebアプリケーションから制御可能にする「ScanSnap Web SDK」を発表した。(2022/11/29)

バッテリーの消費をさらに低減:
TI、MCU向けMatterプロトコル対応のSDKを発表
テキサス・インスツルメンツ(TI)は、同社のワイヤレスマイコン(MCU)に向けたMatterプロトコル対応の「ソフトウェア開発キット(SDK)」を発表した。(2022/11/22)

Google、アプリを複数端末で横断利用する「Cross device SDK for Android」プレビュー版リリース
Googleは「Cross device SDK for Android」の開発者プレビュー版をリリースした。アプリの操作を近くの別の端末に転送したり、共有したりできるようにするためのツールだ。将来的にはWindowsやiOSもサポートする計画としている。(2022/8/28)

ニューラルネットワークによるグラフィックス生成技術も:
NVIDIAが3Dシーン記述言語「USD」の標準化へ 産業向けデジタルツイン実現に道
NVIDIAは、3Dコンテンツ制作を容易にするツール群「Neural Graphics SDK」を発表した。デザイナーやクリエイターだけでなく、一般ユーザーもメタバース向けのコンテンツ制作などが容易になるという。併せて、パートナー企業とともにUSDを拡張し、産業向けメタバースアプリケーション向け対応を強化する。(2022/8/15)

日本ものづくりワールド 2022:
将来の量子コンピュータ活用も視野に、生産計画の最適化でモノづくりに革新を
Fixstars Amplifyは「日本ものづくりワールド 2022」で、量子コンピュータなどによって組み合わせ最適化問題を解くためのアプリケーション開発サービス「AMPLIFY SDK」を活用した、製造業向けの提案内容などを紹介した。(2022/6/29)

指の動きまでアバターに反映 AR用SDK「ToF AR」ソニーセミコンダクタが一般公開
手や指の動きまでスムーズに描写できるAR用SDK「ToF AR」をソニーセミコンダクタソリューションズが一般公開した。(2022/6/16)

AWSチートシート:
「AWS Lambda」とPython Boto3を使ってEC2インスタンスを操作する「AWS SDK」入門
AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、「AWS Lambda」とPython Boto3を使ってEC2インスタンスを操作する方法を紹介する。(2022/6/2)

小学館、3Dアバターベンチャーと資本業務提携
人体の3Dスキャンから生成したアバターをSDKで提供する事業を行うベンチャー企業VRCが、小学館・博報堂DYが資本業務提携。(2022/5/31)

「Flutter 3」発表 macOS・Linux向け開発に対応 ゲーム開発用のツールキットも公開
米Googleがオープンソースのアプリ開発SDK「Flutter」の最新バージョン「Flutter 3」を発表した。新たにmacOSとLinuxアプリの開発を安定版としてサポートする。(2022/5/12)

開発の期間短縮とコストを削減:
NXP、車載レーダーセンサー向け開発キットを発表
NXP Semiconductorsは、車載レーダーセンサーの性能強化に向けた「Premium Radarソフトウェア開発キット(PRSDK)」を発表した。2022年内にもレーダーシステムの評価用として供給を始める。(2022/4/13)

Google、密かに個人情報を収集するSDK入りアプリをアプリストアから複数削除
Googleはアプリストアから、数十本のアプリを削除した。ポリシーに違反して個人情報を収集するSDKが組み込まれていたため。開発者はこのSDKをアプリに組み込む対価を得ていた。(2022/4/7)

8TOPSのエッジAI推論性能を実現:
AlphaICs、深層学習向けコプロセッサをサンプル出荷
スマートビジョンアプリケーション向けエッジAI(人工知能)および学習チップの開発を手掛けるスタートアップAlphaICsは、深層学習向けコプロセッサ「Gluon」のサンプル出荷を開始した。Gluonには、ソフトウェア開発キット(SDK)も付属する。(2022/2/18)

Stripe、Tap to Pay対応開発キットのクローズドβ申込受付を開始
iPhoneを決済端末として使用可能になる「Tap to Pay」にいち早く対応するStripeがTap to Pay on iPhoneに対応したStripe Terminal SDKのクローズドベータプログラム申込受付を始めた。(2022/2/9)

「USB over Ethernet」の脆弱性
「ネット経由でUSBデバイスに接続」のSDKに脆弱性 影響範囲は?
ネットワーク経由でUSBデバイスに接続できるようにする「USB over Ethernet」を実現するSDKに、権限昇格を可能にする脆弱性が見つかった。どのような危険性があるのか。(2022/1/24)

IoTセキュリティ:
PFU製スキャナーのスキャンデータを安全にクラウド保存、IoTサービスの実証実験
CollaboGate Japanは、オフィス機器のセキュアなIoTサービスに関する実証実験の結果を発表した。同社の「UNiD EDGE SDK」をスキャナーに導入し、ユーザーのスキャンデータをクラウドへ安全に保存できることを実証した。(2021/12/21)

ネイティブ超えの新DLSSを追加――NVIDIAが「GeForce Experience」をアップデート Radeonでも使える超解像技術も公開
NVIDIAが、GeForceシリーズ用のコンパニオンソフトウェア「GeForce Experience」の最新版を公開した。GTXシリーズでも使える新たな超解像技術を搭載した他、RTXの超解像技術「DLSS」も最新版にアップデートされる。加えて、Radeonなど他社GPUでも利用できる超解像技術をオープンソースSDKとして公開した。(2021/11/16)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2021年度上半期)
「Kotlin」「COBOL」を学びたくなる理由は? 「API」「SDK」「RPA」の違いは?
「システム開発」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2021年度上半期に新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2021/10/31)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(154):
「2024年8月末」で廃止されるMicrosoft Azureのサービス、API、SDK、ツールへの対応に備えよう
Microsoftは2021年8月、「2024年8月31日」に廃止予定のMicrosoft AzureのサービスやAPI、ツールを一斉発表しました。後3年ありますが、利用中のものがある場合は廃止までに対応を検討、実施することをお勧めします。(2021/9/3)

特選プレミアムコンテンツガイド
「API」を「SDK」「RPA」と比較 何が違うのか?
「API」は当然ながら「SDK」とも「RPA」とも異なる。ただしアプリケーション開発やビジネスプロセスの効率化といった観点では、APIとSDK、APIとRPAは比較対象になり得る。それはどういうことなのか。(2021/8/24)

「NVIDIA Jetson」のSDKに複数の脆弱性 影響は数百万台か
NVIDIAのJetson向けのSDKに複数の脆弱性が見つかった。数百万台が出荷済みと考えられる。(2021/6/22)

ThroughTek P2P SDKでWebカメラの映像にアクセスできる脆弱性、深刻度は緊急
またWebカメラに脆弱性が報告された。該当するデバイスを使っていないか確認しておこう。(2021/6/17)

人工知能ニュース:
ヤマハ発動機と共同開発した小型の組み込み単眼カメラシステムを受注開始へ
ディジタルメディアプロフェッショナルは、ヤマハ発動機と開発した小型の組み込み単眼カメラシステムの受注を開始する。組み込みカメラモジュールとFPGAモジュール、拡張モジュール、SDKで構成している。(2021/4/30)

Pose Detection API β版も機能強化:
Google、モバイルアプリ開発で視覚処理などの機械学習を利用しやすい「ML Kit」をリリース
Googleは機械学習に対応したモバイルSDK「ML Kit」の一般提供を開始した。合わせてSelfie Segmentation API β版のML Kitへの追加と、ML Kitに含まれるPose Detection API β版の機能強化も発表した。モバイルアプリケーション開発者が視覚処理と自然言語処理に関する機械学習を利用しやすくなる。(2021/3/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。