ITmedia NEWS >
ニュース
» 2009年04月09日 11時00分 公開

「ケータイがくっぽいど」はラップ調で歌う 川柳読み上げも

「ケータイがくっぽいど」のサービスがau携帯でスタート。入力した歌詞をラップ調で歌う機能などを利用できる。

[ITmedia]
画像

 インターネットは4月9日、歌手Gacktさんの声を元に合成した音声で歌うソフト「がくっぽいど」を携帯電話から利用できる「ケータイがくっぽいど」のサービスを、auの携帯電話向けに始めた。

 音声合成ソフト「VOCALOID」をオンラインで操作できるヤマハの「NetVOCALOID」を活用したサービス。

 入力した歌詞を、がくっぽいどがラップ調で歌う「オリジナルラップ」、5文字、7文字、5文字で入力した言葉を、イントネーションを指定して読み上げる「川柳ぽいど」、名前を入力すると、「○○ちゃん、電話だよ」といった着ボイスを作成できる「名前着ボイス」などを提供するほか、がくっぽいど楽曲の着うた、着うたフル配信も行う。

 月額315円と525円の2コースあり、コースによって各サービスを利用できる回数などが異なる。

関連キーワード

がくっぽいど | NetVOCALOID | VOCALOID | ヤマハ | au | 川柳 | Gackt


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.