ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「川柳」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「川柳」に関する情報が集まったページです。

500作品:
学生の本音が満載 就活川柳
来春卒業予定の大学生に、就職活動で感じたことを川柳に詠んでもらいました。約500作品が寄せられた中から、ユーモアや風刺の効いた一例を紹介します。(2019/7/9)

「知り合いからしか仕事が来ない慣習を変えたい」 ガキ使・激レアさん担当作家が「日本放送作家名鑑」を作ったワケ
今取材したい人は「秋元康さん」だそうです。秋元さん、どうかなにとぞよろしくお願いします……!(2019/6/15)

PR:【お菓子1万円分の米袋!?】めちゃめちゃな量のお菓子を持って大人が遠足する話
おやつは1万円までだぁー!!(2019/6/10)

「痴漢撃退」機能に注目集まる「Digi Police」とは? 警視庁に開発経緯や普及具合を聞いてみた
生活圏が東京都以外でも大半のコンテンツは機能します。(2019/5/27)

ヒットソングネタが共感集める:
平成最後のサラリーマン川柳、1位は「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
第一生命保険が「第32回サラリーマン川柳コンクール」のベスト10を発表した。1位は(2019/5/23)

「メルカリで 妻が売るのは 俺の物」 サラリーマン川柳3位
「メルカリで 妻が売るのは 俺の物」――今年のサラリーマン川柳の3位に、こんな川柳が入った。「インスタで 妻のランチを 二度見する」「AIも 太刀打ちできぬ 妻の勘」などもベスト100に。(2019/5/23)

「メルカリで 妻が売るのは 俺の物」「やっと縁 切れた上司が 再雇用」 「サラリーマン川柳」ベスト10発表
世相を反映した句が選ばれています。(2019/5/23)

「10連休 預け先無し 金も無し」 「働くパパママ川柳」入賞作が切ないやら微笑ましいやら
みなさん大変です。(2019/4/15)

「つけびして 煙り喜ぶ 田舎者」 「山口連続殺人放火事件」の裏側取材したルポ「つけびの村」書籍化決定
noteで公開され、大きな話題を呼んでいました。(2019/3/23)

第14回「オタク川柳」結果発表! 大賞は「細胞は はたらいてるが 俺無職」
2位「ありがとう 推しが生きてる それだけで」から3位「インスタに 映えぬ日常 生える草」まで接戦でした。(2019/3/22)

ネット恒例「オタク川柳大賞」から見えたオタク社会 平成最後に主催とともに振り返る
主催のインターネットサービスプロバイダー「インターリンク」に取材しました。(2019/3/22)

NHKのAIアナ「ニュースのヨミ子」が北大の技術で川柳に挑戦 当日話題のニュースをお題に1句
ヨミ子の川柳は3月13日の「チェック11」で初のお披露目。4月からは「シブ5時」に移籍します。(2019/3/12)

バーチャルアナのヨミ子さん、ニュースをお題に一句詠む サラリーマンの川柳学び
NHKが開発したバーチャルアナウンサー「ニュースのヨミ子」さんが川柳にチャレンジする。3月13日の「ニュースチェック11」で初披露。(2019/3/12)

「二次元と 筋肉だけは 裏切らない」 毎年恒例の「オタク川柳」第14回の投票受付がスタート
最終選考突破の“濃い”20句が公開中です。(2019/2/18)

嘆きとユーモア……平成経済を綴ったサラリーマン川柳
会社での働き方や技術の進歩、人間関係のありようをどう表現してきたのか。優秀句に選ばれた2900句にものぼる川柳から平成経済を振り返ってみた。(2019/2/12)

FAメルマガ 編集後記:
品質の、謝罪会見、もう嫌だ
2019年は何とかしたい……。(2019/2/1)

FAニュース:
「5カ国語、タダで学べる、我が現場」――第5回 現場川柳大賞が決定!
オプテックスFAは、2018年10〜12月にかけて募集していた「第5回 現場川柳」の受賞作品を決定し、発表した。大賞は「5カ国語、タダで学べる、我が現場」が受賞した。(2019/1/25)

「バズらせて それができたら 苦労はない」 ハッシュタグ「企業公式中の人川柳」に悲しみや悲しみ、そして悲しみが集う
強く生きてほしい。あと、バズらせて。(2019/1/23)

働く女性の切実な川柳 最優秀賞は「アップして 女子力よりも お給料」
「働きマン×FABIA 川柳大賞」の結果発表。(2018/12/3)

百点のテストをこっそり自慢:
TOTO主催「トイレ川柳」受賞作発表 最優秀賞は“子ども心”を詠んだ……
TOTOが「トイレ川柳」の入選作品を発表。最優秀賞は「百点の テストを我が子 トイレ置き」が選ばれた。「ウォシュレット」の広告コピー「おしりだって、洗ってほしい」を考案したコピーライター・仲畑貴志氏が選者を務めた。(2018/11/19)

母校愛が満載:
第2回「早稲田川柳」優秀作発表 「ワセジョが酔った男子を送る」「青春はえんじ色」など入選
早稲田大学の同窓会組織「早稲田大学校友会」が、同大への思い入れなどを詠んだ「早稲田川柳」第2回の優秀作品を発表。「酔っぱらい 送り届ける ワセジョかな」「本当は 群れてみたいと 思ってた」の2句は優秀賞に輝いた。(2018/11/6)

FAニュース:
「第5回 現場川柳」開催、前回大賞は「火花散る、インスタ映えぞ、我が職場」
オプテックスFAが恒例化した、“現場”にまつわる「現場川柳」の第5回開催が決定し、募集を開始した。前回の大賞作品は「火花散る、インスタ映えぞ、我が職場」。(2018/10/4)

FAメルマガ 編集後記:
俺の技、受け継ぐ奴は、あのロボか
そういう日は近いかもしれません。(2018/9/21)

「面接で 話弾むも 電話来ず」:
就活生が詠む「これからサラリーマン川柳」、「自己分析 出した結論 僕は誰?」など入選
第一生命保険が「これからサラリーマン川柳」の優秀作品を発表。同社の内々定者が就活の思い出を詠んだもので、「自己分析 出した結論 僕は誰?」などが選ばれた。(2018/9/18)

応募者最年長は105歳:
「シルバー川柳」入選作品が発表 「『インスタバエ』 新種のハエかと 孫に問い」など選出
全国有料老人ホーム協会が「シルバー川柳」の入選作品を発表した。シニア世代の様子を的確に表現した計7872作品が寄せられ、その中から20作品が入選した。(2018/9/18)

司書メイドの同人誌レビューノート:
「取り扱い説明書」のイラストにはルールがある? 読み物としても楽しい同人誌『テクニカルイラストを描く』
「テクニカルイラスト」という呼称も初耳でした。(2018/9/16)

早稲田大学への思い入れ満載:
「早稲田川柳」優秀作が発表 「答案に校歌書いてもダメ」「愚弟が慶應志望」など入選
早稲田大学の同窓会組織が、同大学への思い入れなどを詠んだ「早稲田川柳」の優秀作品を発表。「答案に校歌書いてもダメ」「愚弟が慶應志望」などのエピソードを詠んだ作品が選ばれた。同大学OBでお笑い芸人の小島よしおさんも選者を務めた。(2018/9/12)

食べたいニャ 全国の猫さんがパッケージになったフルーツキャンディー「にゃんコレ」登場
人間用です。(2018/9/5)

心にもSuicaにもチャージなし:
就活川柳、「サークルの 副代表が 大発生」など入選 大賞に輝いた作品は……?
19年春の入社を目指す就活生の悲喜こもごもを詠んだ「就活川柳」。大賞に輝いた作品は……?(2018/8/8)

怖い? かわいい? 妖怪と狂歌でつづる百人一首「百怪一首」が生まれた理由
クリエイターに「百怪一首」ができるまでを聞いた。(2018/8/3)

俳句投稿アプリを作った慶応大生、毎日新聞に事業譲渡
慶応義塾大学の学生らが設立したベンチャー企業PoliPoliが、アプリ「俳句てふてふ」の事業を、毎日新聞社に譲渡する。(2018/6/11)

大谷翔平並みの頼もしさ:
「アルバイト川柳」、1位は「二刀流? ピッチャー運んで レジ打って」
パーソルキャリアが「アルバイト川柳」の優秀作品を発表。グランプリに輝いたのは、飲食店のホールスタッフと野球の大谷翔平選手の活躍ぶりを掛けた句だった。(2018/6/4)

2位は妻の「ちがうだろ!」:
「サラリーマン川柳」、1位は「スポーツジム 車で行って チャリをこぐ」
恒例「サラリーマン川柳」の上位10作品が発表。1位は「スポーツジム 車で行って チャリをこぐ」。働き方改革を詠んだ作品も多く入賞した。(2018/5/23)

久納と鉾木の「Think Big IT!」〜大きく考えよう〜(9):
Suicaに学ぶ、「働き方改革」でかえって負担が増える理由〜“誤った自動化”は高確率で失敗する〜
今回は働き方改革について考えてみる。政府肝煎りの働き方改革、これは掛け声だけの精神論や、自動化システムを導入するだけで実現されるものではない。実はこの推進には、Suica導入までの歴史がとても参考になるので、これを一緒に探ってみたい。(2018/5/11)

育児のつらさをプラスに転換:
「働くパパママ」川柳 大賞は「ワンオペも 逆手に取れば ひとりじめ」
オリックスが「働くパパママ川柳」の受賞作品を発表。働きながら育児に奮闘する両親の日常がテーマだ。大賞には「ワンオペも 逆手に取れば ひとりじめ」が選ばれた。(2018/4/16)

超難度絶対フォント感が試される「フォントの日」
4月10日「フォントの日」を記念するイベントが開かれた。(2018/4/11)

同人誌の印刷製本費を助成!? 名古屋市の制度、どんな同人誌が対象なのか市役所に聞いてみた
昭和44年にできた制度でした。(2018/4/4)

「体重を隠してばれて飯隠す」 世間の声を代弁したハッシュタグ「クロちゃん川柳」が燃え広がる
ウソ、ダメ、絶対。(2018/3/23)

第13回「オタク川柳」結果発表! 大賞は「いいじゃない 通貨も彼女も 仮想でも」
2位に「アイドルに MajiでKoiする 50前」、3位に「厨二病 完治せぬまま 成人病」と、悲哀あふれる句が続きます。(2018/3/22)

「プリキュアに 詳しいですね え、独身!?」 第13回「あなたが選ぶオタク川柳大賞」一般投票がスタート
みんなセンスありすぎ!(2018/2/15)

「e5489」「仮乗降場」「側面よし」――奥深すぎる“テツ語”満載『テツ語辞典』はいかにして作られたか テツな著者2人に聞いた
『カレチ』作者でも知られる池田邦彦さんと鉄道フォトライターの栗原景さんに裏話を聞きました。(2018/2/5)

FAニュース:
「火花散る、インスタ映えぞ、我が職場」――第4回 現場川柳大賞が決定!
オプテックスFAは、2017年10〜12月にかけて募集していた「第4回 現場川柳」の受賞作品を決定し、発表した。大賞は「火花散る、インスタ映えぞ、我が職場」が受賞した。(2018/1/29)

新連載・AIを止めないで:
PC業界にもAlexaの波 「コルタナ先輩」の憂鬱
私たちの生活に浸透しつつある「音声アシスタント」。Windows 10 PCに搭載されている「コルタナさん」はどうなっていくのか。(2018/1/10)

桃屋「ごはんですよ!」三木のり平CMがデジタル作画で復刻 「午前様 ツノと一緒に 茶漬け出し」
キャラクターのモデルも声も全て故・三木のり平氏の、懐かしいアニメCMを現代の技術で。(2017/12/27)

初夢の謎 一富士二鷹と来て、どうして三茄子?
茄子の夢なんて見たことない。(2017/12/8)

「仲畑貴志賞」に選ばれた句は?:
TOTO主催「トイレ川柳」、最優秀賞は“間に合った幸せ”
TOTOが「第13回 トイレ川柳」の入選作品を発表。2万6338句の中から選ばれた最優秀賞は「間に合った こんな幸せ ありますか」。(2017/10/13)

FAニュース:
「第4回 現場川柳」開催、前回大賞は「デジタル化、遅れた社内は、紙ってる」
オプテックスFAが恒例化した、“現場”にまつわる「現場川柳」の第4回開催が決定し、募集を開始した。前回の大賞作品は「デジタル化、遅れた社内は、紙ってる」。(2017/10/13)

水曜インタビュー劇場(ぶりぶり公演):
2カ月で180万部! 『うんこ漢字ドリル』がバカ売れしている理由
文響社の『うんこ漢字ドリル』が売れている。すべての例文に「うんこ」が登場していて、小学生はゲラゲラ笑いながら学習しているという。同社は参考書をつくったことがないのに、なぜこのようなドリルをつくることができたのか。担当編集者に話を聞いた。(2017/5/31)

「君の名は。」かけた作品も:
「サラリーマン川柳」1位は“ゆとり対バブル”
恒例「サラリーマン川柳コンクール」の上位10選は?(2017/5/22)

ものかきフレンズあつまれー! 「けものフレンズ」川柳&SSコンテストがカクヨムちほーで開催
「けもフレ」が 川柳・SS コンテスト。(2017/3/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。