ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「GACKT」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「GACKT」に関する情報が集まったページです。

美しい顔があああ! GACKT、「翔んで埼玉」麻実麗のイラストを添削するも大反省「変な人になった!」
赤ペン先生失格!(2019/4/9)

「翔んで埼玉」の都庁前ロケ、「3日間の道路完全封鎖」の迫力
東京が今度は、映画の舞台としても飛躍を遂げようとしている。これまで街頭での大規模撮影では警察や消防などの許可が下りにくかったが、東京観光財団が運営するフィルムコミッション(FC)「東京ロケーションボックス」が支援に乗り出し、次々に都内各地がロケに使われた作品が誕生。最近、「埼玉いじり」で注目を浴びている「翔んで埼玉」(武内英樹監督)でも、新宿区の都庁前の道路が全面封鎖されてロケが敢行された。(2019/4/4)

「埼玉は埼玉らしくない」:
「翔んで埼玉」ロケ地の多くは北関東 その理由とは?
「ダサいたま」「海なし県」などと揶揄(やゆ)され、東京に劣等感を抱きがちな埼玉県を徹底的にいじった話題の映画「翔(と)んで埼玉」。2月22日の公開から1カ月近くになっても、観客動員数、興行収入ともに快進撃を続けている。ただ、「埼玉」という映画のタイトルに反して実際のロケ地は群馬、栃木、茨城の北関東3県など他県が多く、ネットでは「埼玉には埼玉らしい場所がない?」などと、さらなるいじりが拡散している。(さいたま総局次長 岡田浩明)(2019/3/22)

「翔んで埼玉」ロケ地は群馬など北関東 「埼玉は埼玉らしくない」
話題の映画「翔んで埼玉」。2月22日の公開から1カ月近くになっても、観客動員数、興行収入ともに快進撃を続けている。ただ、「埼玉」という映画のタイトルに反して実際のロケ地は群馬、栃木、茨城の北関東3県など他県が多く、ネットでは「埼玉には埼玉らしい場所がない?」などと、さらなるいじりが拡散している。(2019/3/18)

「会ったことはないけれど、魔夜峰央先生は私の“恩師”」――千葉の女がMOVIXさいたまで「翔んで埼玉」を見た話
大事なことはだいたいみんな、魔夜作品から教わった。(2019/3/1)

映画「翔んで埼玉」動員1位 地元・埼玉がトップ
埼玉県民が東京都民から迫害を受け、身を潜めて暮らす世界を描いた映画「翔(と)んで埼玉」が、週末(23、24日)の観客動員数(興行通信社調べ)で初登場1位となった。(2019/2/28)

「埼玉県民でよかった」「もう少しディスられても」 映画「翔んで埼玉」、強烈な“埼玉ディス”も県内では大盛り上がり
埼玉県民のハートが強すぎる。(2019/2/26)

これには埼玉県民もニッコリ 映画「翔んで埼玉」、初週の動員数であの東京を上回る快挙
埼玉県におけるオープニングの興行収入はこれまでの記録を4倍以上上回る。(2019/2/25)

「諦めたら終わりだぞ」 脊髄損傷の滝川英治、リハビリ生活を支えた“兄貴”GACKTの存在を明かす
GACKTさん「将来、一緒に共演できることをボクも信じている」。(2019/2/25)

千葉県民歓喜! YOSHIKI、映画「翔んで埼玉」の“YOSHIKI大漁旗”に困惑からの「まーいいか」
千葉県民のソウルフレンドYOSHIKI様。(2019/2/22)

ロックスター大集合! HYDE、50歳の誕生日をYOSHIKIやDAIGOら豪華メンツが祝福
HYDEさんのバースデー凱旋ライブ後に集まったもよう。(2019/1/30)

「どっちも男みたいでしょ」 和田アキ子、妻夫木聡とジムで仲良く筋トレ2ショット 笑顔が完全に乙女!
これは乙女。(2019/1/28)

「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ!」 映画「翔んで埼玉」コラボで“そこらへんの草”味のフード登場
気になる味は……。(2019/1/7)

GACKT&YOSHIKI、元旦「格付けチェック」でタッグ復活! 60連勝&もぐもぐタイムに期待高まる
YOSHIKIさんのもぐもぐタイムも楽しみ。(2018/11/29)

「愛してるよ」「これからもいいオトコで」 GACKT、YOSHIKIの誕生日を“兄弟”呼びで祝福する
なんてステキな友情なんだ。(2018/11/21)

映画「翔んで埼玉」、埼玉VS千葉の最新映像が解禁 出身地対決でYOSHIKIと高見沢俊彦の姿も
やりたい放題。(2018/11/12)

本気のやつだこれ! 映画「翔んで埼玉」GACKT、二階堂ふみらの“濃すぎる”ビジュアルがついに解禁
ポスターでも全力でディスってくる。(2018/10/31)

「やっと行けた」 GACKT、“父”緒形拳の墓参りへ 線香の煙に思いを託す
2018年10月5日で没後10年を迎えた緒形さん。(2018/10/28)

「やっぱ芸能界って怖い。。。」 GACKT、和田アキ子に捕獲された“馬乗りショット”がリアル進撃の巨人
人は戦うことをやめた時初めて敗北する……。(2018/10/19)

「別れに立ち会えなくてごめんな」 GACKT、愛犬エネルが息を引き取る “長年の相棒”に追悼の声
GACKTさん「最後までよく頑張った」。(2018/10/10)

「早いもんだ。会いたい」「父さんまだまだ頑張りますよ」 GACKT、“父”緒形拳の没後10年で胸中明かす
もう10年かぁ。(2018/10/6)

映画「翔んで埼玉」の特報が解禁! W主演のGACKT&二階堂ふみ、“ゴメンなさいポスター”で埼玉県人に全力謝罪
特報映像では、埼玉県人役として「パタリロ!」の加藤諒さんが登場。(2018/8/17)

「3匹のうちの家族です」 GACKTの愛犬家っぷりが伝わってくる動画が最高に癒やし
GACKTさんの幸せそうな顔よ。(2018/7/25)

炭水化物断ちしていたGACKT、4年ぶりのパンにニヤける 「美味しいなぁ」「愛しいゼぇ」
ストイックな食生活を実践中のGACKTさん。(2018/6/13)

常見陽平のサラリーマン研究所:
西城秀樹さんの訃報を聞いて、 “Webおくりびと”の言動を考える
著名人が亡くなると、気になることがある。Web上で、著名人のことをあれこれ書く人たちのことである。ひたすら悲しみをつづったり、思い出を書いたり、うんちくを披露したり。筆者の常見氏はこうした発言に異論を唱えているわけではないが、「何かが足りない」と感じている。その何かとは……。(2018/6/1)

「新潮に背後からタックルされたようなもの」 GACKT、週刊誌の報道に反論 日本の未来と若者を憂う
GACKTさん「オトナが夢を与えられない国に未来はない」。(2018/5/25)

「危うく押し出しを喰らうところ」 GACKT、横綱白鵬との“酒豪2ショット”が空き瓶を無限に生みだしそう
さすが横綱。(2018/5/8)

伝説の“埼玉ディス”漫画『翔んで埼玉』、2019年に実写映画化 二階堂ふみ&GACKTのダブル主演
魔夜峰央さん「本当にいいんですか?」。(2018/4/9)

「相変わらずお茶目なニィチャン」 GACKT、「X JAPAN」YOSHIKIのイタズラにまんまと引っかかる
カリスマ兄弟。(2018/4/7)

GACKT、ぽっちゃりになって“我苦豚”に改名!? フルヌード写真集やミミガー封入シングルなどネタ満載
ひたすら手が込んでる。(2018/4/1)

「影響力がまだ残っているうちは続けるよ」 GACKT、初の女子校で卒業式シークレットライブ
そこにシビれる憧れるゥ!(2018/3/7)

GACKTのバナナを食べさせてもらえるだと? 意味深なサプライズ特典にネット大混乱
GACKTのバナナというパワーワード。(2018/3/2)

GACKT、愛車のベントレーで接触事故に遭う 「怪我はなかったし怒る必要もなし」
「いきなりボクのベントレーの横っ腹に右折してきたクルマがぶつかってきた」(2018/2/12)

「2人で何かやるのかな!?」 YOSHIKIとHYDEの2ショットにファンの期待値が爆上がりする
神と神の戯れ。(2018/1/26)

「なんでも書けばいいという風潮に笑えます」GACKT、仮想通貨SPINDLE関連のネットニュースに言及
リテラシーって難しいね。(2018/1/18)

YOSHIKIが「格付け」で食べまくったチーズおかき 注文殺到でネット販売一時休止 販売元「放送がきっかけ」
YOSHIKI効果すごい。(2018/1/16)

2017年“ものまねメイク”総決算! ざわちんが人気ランキングを発表、ファン「全部似てて拍手しちゃった」
2018年も楽しみ。(2017/12/30)

GACKT、“本名”で仮想通貨事業に参画 「より多くの人が投資を体験するべき」
自己投資の必要性を述べました。(2017/12/27)

恐るべし格付けチェック! GACKT、深刻なプレッシャーから高熱ダウン&5キロ減を明かす
一流芸能人にのしかかるプレッシャー。(2017/12/14)

「やっと重い腰をあげます」 ものまねメイクのざわちん、YouTuber宣言
YouTubeざわちんは「いろいろなメイク法をシェアしていきたい」とのこと。(2017/11/15)

「映えってる?」 DAIGO、人生初の“インスタ映え”が完璧な仕上がり
ISB(インスタ映え)。(2017/10/10)

「あの出会いがあったからこそ、今のボクがある」GACKT、“父”緒形拳への感謝つづる
そんな父さんに合掌。(2017/10/7)

「パンツの匂いかぁ」 GACKT、山田孝之、早乙女太一の“怪しい会話”にファン興味津々
真相が知りたすぎる。(2017/9/30)

「キメるときはこれだな」 GACKT、久々のオールバックにファン「CM出るのかと思った」
CMとかきそう。(2017/9/25)

GACKT、綾野剛と久しぶりの再会で朝までテキーラ再び? 「強すぎてウケる」「でも負けません」
6月に初めて会い、意気投合した2人。(2017/9/10)

バイオリン、7000円の廉価品と3100万円のビンテージでどっちの音色がきれい? プロ奏者が「格付けチェック」めいた実験を披露
あらためてGACKTはすごいと思いました(小学生並みの感想)。(2017/9/3)

山下智久、ざわちんの”ものまねメーク”に「似てるかな?」 ものまねされるのは「ありがたい」
山下さんがパーソナリティーを務める「Sound Tripper!」での一コマ。(2017/8/16)

股間ぱっかーん! GACKT、乗馬挑戦も大事な部分がビリビリに「暴れん坊将軍が暴れてた」
どんな体勢で撮ったんだ。(2017/8/5)

GACKT、世界的ポーカー大会「WSOP」サイドイベントで日本人最高位を獲得!
そのうち本当に優勝しそう。(2017/7/16)

44歳になったGACKT、鍛え上げられた肉体美に熱視線 「顔も肉体も全部素敵」「20代でも通じる」
綾野剛さんからはテキーラをもらったようです。(2017/7/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。