ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GACKT」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「GACKT」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

GACKT、初対面のつるの剛士とコラボ動画でツーリング つるののサインに「この人は悪人です」とイタズラ書きも
GACKTさんのバイク姿は貴重。(2021/1/10)

鬼龍院翔、“格付けチェック”に参戦 1年前の“スライディング土下座”から「『平和』って感じがしますよね!」
名誉挽回……!(2021/1/2)

ROLAND、デザイン模倣騒動後に各所へ謝罪行脚 今後は「結果でしっかり証明したい」「格好いい姿をまた見せられるように」
スタッフに頭を下げ、今後の思いを伝えたROLANDさん。(2020/12/28)

ROLAND、プロデュースした「G&R」のデザイン模倣を謝罪 言い訳せずに頭を下げる姿を評価する声も
問題の商品は販売中止と回収に。(2020/12/22)

GACKT、「G&R」のデザイン模倣を謝罪 「プロジェクトの顔となった責任が自身にもある」「最後まで見届けようと思う」
ディレクターの門りょうさんは「やってることやばすぎて引くねんけど」などとコメント。(2020/12/21)

ROLAND、GACKTとのブランド「G&R」との契約解除を発表 デザイン模倣で商品回収騒ぎ
12月16日に発表会が行われたばかりでした。(2020/12/20)

鬼龍院翔、“格付けチェック”に呼ばれず安堵「よかった…」 2020年は“GACKTの悪夢”でスライディング土下座
再来年、楽しみにしています。(2020/12/17)

GACKT、『鬼滅の刃』無惨コスで「炎」をアカペラ 鬼気迫る歌唱姿がファンを平伏させてしまう
これはカリスマ性のある無惨様。(2020/11/9)

石橋貴明、50代最後の誕生祭生配信が190万再生 視聴者13万超えに「東京ドーム2個分やばい」の声飛ぶ
みんなタカさんが好きなんだよなぁ。(2020/10/23)

GACKTが失恋女子を全肯定&“背中ヨシヨシ”する姿に「底がない優しさ」とファンほれぼれ
GACKT様ぁあああああ!!!!(2020/10/10)

「新潟とは文明から取り残された未開のへき地である! 」 魔夜峰央『2万光年翔んで新潟』10月16日発売、埼玉の次は出身地をディスる
表題作など5作品を収録。(2020/9/18)

紀里谷和明監督、伊勢谷友介容疑者と名前混同するツイートに苦言 「一般人であろうと勘違いではすまされません」
既に弁護士チームが動いているとのこと。(2020/9/10)

GACKT、Mステ出演辞退の理由説明 歌唱予定だった「島唄」のアカペラに「最高すぎます……」と反響
発表された番組内容が最初の話と違う内容になっていたそうです。(2020/8/22)

「PUBG MOBILE」「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」のマーケ担当者が語る:
ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが、ことプロモーション活動となると課題もある。「PUBG MOBILE」「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」のマーケティング担当者が実情を語った。(2020/7/3)

「新型コロナ問題に便乗し、違法アップロードで日銭を稼ぐ不届き者は許さない」 牙狼シリーズ出演俳優が漫画村運営者特定弁護士と最恐タッグを組み摘発へ
エンタメ業界が大きな打撃を受ける中、違法アップロードが急増しているとのこと。(2020/5/8)

「みんなが協力して乗り越えなきゃいけない」 GACKT、ロンブー淳が企画した“リモート卒業式”で卒業ソングを熱唱
卒業ソング「野に咲く花のように」を披露したGACKTさん。(2020/3/16)

GACKT、ライブ中に顔面強打で失神「完全に気を失ってしまった」 ファンからは心配の声相次ぐ
本日の公演は予定通り行われたようです。(2020/2/2)

本当に払えるのか!? GACKT、オークションに出品した“5カラットダイヤ”が99億円になってしまう
どうなっちゃうんだ。(2020/1/14)

GACKT、「格付けチェック!」の公約通り“5カラットダイヤ”をオークションに出品 開始価格は999万9999円
時価4000万円!(2020/1/13)

どうしてこうなった! 「King Gnu」常田大希&綾野剛、3日間飲み続けて“まさかの場所”にたどり着いてしまう
常田さん「正月怖い……」。(2020/1/5)

金爆・鬼龍院翔、GACKTとペアの「格付けチェック!」後Twitterが土下座仕様に 「ヘッダーがダメ押しだった」
仕事が早い。(2020/1/2)

「YouTube荒らします」 GACKTが“がくちゃん”開設、まさかのオチにファンからは「最高すぎる」「立派な門松ですね」の声
これは立派な……ってコラ。(2020/1/1)

「ふざけすぎだろ……」 GACKT、「翔んで埼玉」全力パロディーのツアーポスターにツッコミ
思わず二度見した。(2019/10/17)

GACKT、ホスト界の帝王・ROLANDとテキーラまみれの“W誕生会” 兄弟ショットに反響「弟顔のローランドかわいい」
肝臓強めの兄弟。(2019/7/31)

LUNA SEAライブに託児所 ファン「とても助かった」 利用増えるライブの臨時託児サービス、実態は
“ライブ会場の出張託児所”をどのような経緯でやることになったのか。ベビーシッター請負事業所・あいねを取材しました。(2019/6/14)

美しい顔があああ! GACKT、「翔んで埼玉」麻実麗のイラストを添削するも大反省「変な人になった!」
赤ペン先生失格!(2019/4/9)

「会ったことはないけれど、魔夜峰央先生は私の“恩師”」――千葉の女がMOVIXさいたまで「翔んで埼玉」を見た話
大事なことはだいたいみんな、魔夜作品から教わった。(2019/3/1)

「埼玉県民でよかった」「もう少しディスられても」 映画「翔んで埼玉」、強烈な“埼玉ディス”も県内では大盛り上がり
埼玉県民のハートが強すぎる。(2019/2/26)

これには埼玉県民もニッコリ 映画「翔んで埼玉」、初週の動員数であの東京を上回る快挙
埼玉県におけるオープニングの興行収入はこれまでの記録を4倍以上上回る。(2019/2/25)

「諦めたら終わりだぞ」 脊髄損傷の滝川英治、リハビリ生活を支えた“兄貴”GACKTの存在を明かす
GACKTさん「将来、一緒に共演できることをボクも信じている」。(2019/2/25)

千葉県民歓喜! YOSHIKI、映画「翔んで埼玉」の“YOSHIKI大漁旗”に困惑からの「まーいいか」
千葉県民のソウルフレンドYOSHIKI様。(2019/2/22)

ロックスター大集合! HYDE、50歳の誕生日をYOSHIKIやDAIGOら豪華メンツが祝福
HYDEさんのバースデー凱旋ライブ後に集まったもよう。(2019/1/30)

「どっちも男みたいでしょ」 和田アキ子、妻夫木聡とジムで仲良く筋トレ2ショット 笑顔が完全に乙女!
これは乙女。(2019/1/28)

「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ!」 映画「翔んで埼玉」コラボで“そこらへんの草”味のフード登場
気になる味は……。(2019/1/7)

GACKT&YOSHIKI、元旦「格付けチェック」でタッグ復活! 60連勝&もぐもぐタイムに期待高まる
YOSHIKIさんのもぐもぐタイムも楽しみ。(2018/11/29)

「愛してるよ」「これからもいいオトコで」 GACKT、YOSHIKIの誕生日を“兄弟”呼びで祝福する
なんてステキな友情なんだ。(2018/11/21)

映画「翔んで埼玉」、埼玉VS千葉の最新映像が解禁 出身地対決でYOSHIKIと高見沢俊彦の姿も
やりたい放題。(2018/11/12)

本気のやつだこれ! 映画「翔んで埼玉」GACKT、二階堂ふみらの“濃すぎる”ビジュアルがついに解禁
ポスターでも全力でディスってくる。(2018/10/31)

「やっと行けた」 GACKT、“父”緒形拳の墓参りへ 線香の煙に思いを託す
2018年10月5日で没後10年を迎えた緒形さん。(2018/10/28)

「やっぱ芸能界って怖い。。。」 GACKT、和田アキ子に捕獲された“馬乗りショット”がリアル進撃の巨人
人は戦うことをやめた時初めて敗北する……。(2018/10/19)

「別れに立ち会えなくてごめんな」 GACKT、愛犬エネルが息を引き取る “長年の相棒”に追悼の声
GACKTさん「最後までよく頑張った」。(2018/10/10)

「早いもんだ。会いたい」「父さんまだまだ頑張りますよ」 GACKT、“父”緒形拳の没後10年で胸中明かす
もう10年かぁ。(2018/10/6)

映画「翔んで埼玉」の特報が解禁! W主演のGACKT&二階堂ふみ、“ゴメンなさいポスター”で埼玉県人に全力謝罪
特報映像では、埼玉県人役として「パタリロ!」の加藤諒さんが登場。(2018/8/17)

「3匹のうちの家族です」 GACKTの愛犬家っぷりが伝わってくる動画が最高に癒やし
GACKTさんの幸せそうな顔よ。(2018/7/25)

炭水化物断ちしていたGACKT、4年ぶりのパンにニヤける 「美味しいなぁ」「愛しいゼぇ」
ストイックな食生活を実践中のGACKTさん。(2018/6/13)

常見陽平のサラリーマン研究所:
西城秀樹さんの訃報を聞いて、 “Webおくりびと”の言動を考える
著名人が亡くなると、気になることがある。Web上で、著名人のことをあれこれ書く人たちのことである。ひたすら悲しみをつづったり、思い出を書いたり、うんちくを披露したり。筆者の常見氏はこうした発言に異論を唱えているわけではないが、「何かが足りない」と感じている。その何かとは……。(2018/6/1)

「新潮に背後からタックルされたようなもの」 GACKT、週刊誌の報道に反論 日本の未来と若者を憂う
GACKTさん「オトナが夢を与えられない国に未来はない」。(2018/5/25)

「危うく押し出しを喰らうところ」 GACKT、横綱白鵬との“酒豪2ショット”が空き瓶を無限に生みだしそう
さすが横綱。(2018/5/8)

伝説の“埼玉ディス”漫画『翔んで埼玉』、2019年に実写映画化 二階堂ふみ&GACKTのダブル主演
魔夜峰央さん「本当にいいんですか?」。(2018/4/9)

「相変わらずお茶目なニィチャン」 GACKT、「X JAPAN」YOSHIKIのイタズラにまんまと引っかかる
カリスマ兄弟。(2018/4/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。