ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「格付け」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「格付け」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

孤立際立つ:
ロシアは事実上デフォルト、経済の苦境はどこまで続く?
ロシアが発行したドル建て国債で利払いの不履行が起きたと認定された。米欧格付け会社が“正式”な認定を出せない状況での判断とはいえ、金融市場は既に事態を織り込んでおり、事実上のデフォルト(債務不履行)といえそうだ。(2022/6/3)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
日本企業のサステナビリティ(ESG)開示に関する誤解と収益機会
日本企業のサステナビリティ(ESG)・レーティングは、欧州企業に比べて通常低い格付が付与される傾向にあります。しかしこれは情報開示に対する考え方や言語といった文化的な理由によるものが要因だと考察しています。(2022/6/3)

サプライチェーンのリスクもまとめて診断
セキュリティの格付け&攻撃者目線のセルフチェックで防御を固めるこつ
セキュリティ事故が後を絶たない。セキュリティ対策が十分にできているのかどうかの判断は難しい。取引先を入り口とするサプライチェーン攻撃が広がる中で、自社や取引先のセキュリティを客観的に把握するには。(2022/3/9)

太陽光:
太陽光発電所を「格付け」する新サービス、設備の“良し悪し”を判断可能に
エクソルが太陽光発電の設備、法的デューデリジェンス、発電量などを検査・評価してランク付けし、価格査定する新サービス「XSOL SOLAR STAR 制度」を開始すると発表した。判断がつきにくい太陽光発電所の“良し悪し”を客観的に評価することで、太陽光発電のスムーズかつ安心な取引を支援する。(2022/2/21)

CES 2022オンライン向けプレスカンファレンス映像を「格付け」する
西田宗千佳さんの恒例、CESで登場した主要企業のプレスカンファレンス評価記事。今回はオンラインのみでお届け。(2022/1/30)

BCP:
森ビルが都市全体の震災リスクを見える化、加速度センサーとLPWAで地盤と建物を格付け
森ビルは、省電力かつ長距離通信のLPWA通信と加速度センサーを組み合わせ、ビルに設置して地震が起きた際の揺れを計測することで、土地と建物の震災リスクを格付けするシステムを開発した。(2022/1/20)

昇格、降格人事を考える:
職能等級・職務等級・役割等級の違いは? 目的ごとに異なる人事等級制度のつくり方
事等級制度で、社員それぞれがどの等級ランクに位置付けられるかを決めることを「格付」いいます。この格付の基準を「等級基準」といい、「職能基準」「職務基準」「役割基準」の3つがあります。それぞれについて解説します。(2021/12/22)

情報セキュリティ体制の“格付け”、IT連が開始 初年度は42社が星獲得
日本IT団体連盟が、日経500の銘柄企業を対象に情報セキュリティへの取り組みや情報開示の体制について“格付け”する取り組みを始めた。初年度は500社中42社が「特に優良で他の模範となる」として星を獲得した。(2021/11/30)

BIG BOSS新庄剛志、稲葉GMを口説き落とし「格付け」出演へ 「チャンス」と意気込みつつ「どんな番組なのかよく知らん」
他球団のファンからも期待の声が。(2021/11/18)

BIGLOBEモバイル、HDI格付けベンチマークで「Webサポート」三つ星を取得
ビッグローブが展開するMVNOサービス「BIGLOBEモバイル」が、HDI-Japanが実施する「格付けベンチマーク」の2021年分において、「Webサポート」の三つ星を取得した。「問合せ窓口」でも、二つ星を取得した。(2021/8/13)

リアル格付けチェックかな? 神田うの、総額50億円のヴァイオリン「ストラディバリウス」をプライベートで聴き比べる
これがセレブ。(2021/3/17)

CES 2021プレスカンファレンス映像を「格付け」する
オンライン開催だったCES 2021を、カンファレンスの出来栄え評価で、西田宗千佳さんがまとめてくれた。(2021/1/21)

鬼龍院翔、“格付けチェック”に参戦 1年前の“スライディング土下座”から「『平和』って感じがしますよね!」
名誉挽回……!(2021/1/2)

鬼龍院翔、“格付けチェック”に呼ばれず安堵「よかった…」 2020年は“GACKTの悪夢”でスライディング土下座
再来年、楽しみにしています。(2020/12/17)

2016年から導入:
ソニーに聞く、ジョブ型制度の運用方法 ポイントは「現在の役割で格付け」
ジョブグレード制度を導入したソニーでは、管理職比率が半減(4割→2割)したほか、過去の実績にとらわれず、現在の役割で格付・評価する運用を徹底。年功要素を完全に廃止した。その仕組みは?(2020/11/11)

小学6年生の「手作り魚図鑑」が圧倒的な熱量! “珍しさ”と“おいしさ”から独自に格付けし書籍化
作者の伊藤くんは漁業関係者も顔負けの知識の持ち主です。(2020/8/23)

サポート品質が優れているスマホ決済は? HDI-Japanが格付け結果を発表
HDI-Japanは、3月5日にキャッシュレス業界を対象としたWebサポート/問合せ窓口の格付け結果を発表した。Webサポートでは「PayPay」が三ツ星を獲得した一方、問合せ窓口は低評価となる傾向が見られた。(2020/3/5)

キャッシュレス決済のサポート格付け 唯一の三つ星はPayPay
Webでのサポート格付けで唯一の三つ星となったのはPayPayだった。「キャッシュレス業界は、2019年全業界平均と比べて、『見つけやすく使いやすい』の評価項目以外はすべて低い結果」(2020/3/5)

「格安SIM」のWebサポート/問合せ窓口格付け、mineoが高評価
HDI-Japanは、2月6日に格安SIM業界のWebサポート/問合せ窓口での格付け結果を発表した。HDI国際サポート標準に基づき、顧客視点で三つ星〜星なしで格付けしたものとなる。審査員は一般消費者のボランティアと、HDIの国際認定資格を有する専門審査員が行う。(2020/2/6)

GACKT、「格付けチェック!」の公約通り“5カラットダイヤ”をオークションに出品 開始価格は999万9999円
時価4000万円!(2020/1/13)

金爆・鬼龍院翔、GACKTとペアの「格付けチェック!」後Twitterが土下座仕様に 「ヘッダーがダメ押しだった」
仕事が早い。(2020/1/2)

サダタローの「お仕事サボったろー」:
ベテラン漫画家が「買って良かったもの」を格付け、納得の1位は……
「できるだけ楽をしてお金を稼ぎたい」。そんな身もふたもないことを堂々と宣言する漫画家が楽しく仕事をサボれるITツールやネットサービスを試していく、そんな連載です。(2019/12/28)

米マーサー、豪モナッシュ金融研究センターが発表:
世界各国の年金格付けが発表 日本は何位?
コンサルティング会社の米マーサーとオーストラリアのモナッシュ大学内にあるモナッシュ金融研究センターは、「グローバル年金指数ランキング」(2019年度版)を発表した。調査では、生活に対して十分に支払われているかなどを評価する「十分性」、国の借金状況や支給年齢などを評価する「持続性」、ならびに「健全性」の3分野、40項目以上から各国の制度を検証している。それぞれのスコアを合計し、「A」から「E」までの7ランクに格付け。日本は35〜50点の国が属し、下から2番目の「D」ランクだった。(2019/10/23)

ヤフー、ユーザーの“格付け”「Yahoo!スコア」を企業向けに提供開始へ 
「プライバシーには十分配慮」するとのことです。(2019/6/3)

ゲーマー漫画家がNintendo Switchでハマったゲームを勝手に格付け
2018年は年末進行に苦しんだ漫画家のサダタロー氏。ゲーム好きな彼は、止まらないインディーゲーム愛を編集担当K氏にぶつけていく。ゲーマー漫画家が選ぶお薦めゲームは?(2019/1/22)

「ポストパリ協定時代」における企業の気候変動対策(5):
環境分野で最重要の格付指標となった「CDP」、効果的に活用するポイントとは?
「パリ協定」以降の企業の気候変動対策について解説する本連載。最終回となる今回は、ESG投資家が企業の気候変動対策についての重要指標として参照する「CDP」の活用手法と、気候変動対策に関する企業の「情報発信」の手法について解説する。(2018/12/14)

GACKT&YOSHIKI、元旦「格付けチェック」でタッグ復活! 60連勝&もぐもぐタイムに期待高まる
YOSHIKIさんのもぐもぐタイムも楽しみ。(2018/11/29)

「センターオブエクセレンス」確立が鍵
事例:ロボティックプロセスオートメーション(RPA)導入で顧客サービスは向上したか
信用格付機関のEquifax、住宅ローン金融サービス機関のColorado Housing and Finance Authority(CHFA)、保険会社のUnumがRPAを導入した事例と、その成果を紹介する。(2018/7/12)

6月5日まで無料で格付けリスト提供:
米調査会社が仮想通貨格付けランキングを発表 ワースト4は……
米調査会社Weiss Ratingsは93種類の仮想通貨で構成する仮想通貨格付けランキングを発表した。(2018/5/30)

1位は6年連続であの空港:
世界の空港ランキング、日本の空港が上位に
英航空サービス格付け会社Skytraxはこのほど、「世界で最も素晴らしい空港ランキング」の2018年版を発表した。トップ10に日本から2空港が入り、上位はアジアとヨーロッパの空港が占めた。(2018/3/23)

YOSHIKIが「格付け」で食べまくったチーズおかき 注文殺到でネット販売一時休止 販売元「放送がきっかけ」
YOSHIKI効果すごい。(2018/1/16)

恐るべし格付けチェック! GACKT、深刻なプレッシャーから高熱ダウン&5キロ減を明かす
一流芸能人にのしかかるプレッシャー。(2017/12/14)

バイオリン、7000円の廉価品と3100万円のビンテージでどっちの音色がきれい? プロ奏者が「格付けチェック」めいた実験を披露
あらためてGACKTはすごいと思いました(小学生並みの感想)。(2017/9/3)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Surfaceはおすすめしない」 Consumer Reportsの格付けに思うこと
米国で影響力がある情報誌のConsumer Reportsが、「Surface」シリーズを「おすすめしない」と評価。Microsoftはこれに反論し、注目を集めている。(2017/8/18)

ざわちん、似過ぎている“GACKT風メイク”を披露 「このまま格付けランキングにでられそう」と評判に
高校生ぶりの黒髪姿も披露。これはとんだアジアンビューティー。(2017/1/14)

「ポケモン総選挙720」の全順位が公開! 注目のポケモンをグループごとに格付けしてみた
なおバオッキーさんが単独最下位だったことも判明。(2016/6/23)

自動運転技術:
自動車保険のビジネスモデルを自動運転車が破壊する――格付け会社が予測
格付け会社のMoody’s(ムーディーズ)は、自動運転車の普及によって自動車保険会社のビジネスモデルが大きな影響を受けるだろうという見通しを発表した。(2016/3/31)

「格付け」後のGACKT ファンとの交流で名言連発、プレッシャーで円形脱毛症になっていたことも告白
「格付け」の相当なプレッシャーで円形脱毛症になっていたことも告白。(2016/1/5)

“人間格付けアプリ”に海外ネット民が猛反発 だが開発は継続?
知り合いなどを評価・格付けするスマートフォンアプリ「Peeple」がネットユーザーの猛烈な批判を受けているが、開発者はリリースを中止するつもりはないという。(2015/10/6)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 :BoxとDropboxどっちの箱を選ぶ?
特集は、異なるアプローチで企業導入を目指すBoxとDropboxの比較。他に、Windows 7のサポート終了後の市場動向予測、グリーンピースによる主要サイト格付けチェックなどのトレンド解説、「Angry Birds」を作ったRovioのCIOインタビューをお届けする。(2015/8/10)

意外な企業がグリーンピースに賛同
一流サイトは? 環境保護団体グリーンピースが主要サイトを格付けチェック
AmazonやWikipedia、Tumblrなどのサイトをグリーンピースが再生エネルギー使用度で格付けし、結果を公表した。すると、ある大手Webサイトがその活動を歓迎し、ユーザーからの圧力に期待すると語った。(2015/8/7)

【連載】インターネット時代の企業PR 第34回:
企業の言葉は意外と信頼してもらえる――ならばブランドジャーナリズムの手法で情報発信を
マスメディアのみならずあらゆる「情報源」を格付けしてみると面白いことが分かってきました。この連載で度々話題にする「ブランドジャーナリズム」の追い風となるかもしれません。(2015/7/10)

4コマまんが「飯田橋のふたばちゃん」:
【その179】この格付けがしつこい!?
今回の被害者は……。(2015/4/9)

誠トレンド格付2013:
東京五輪、コンビニコーヒー、あまちゃん――Business Media 誠編集部が注目した2013年のトレンド
2013年もいよいよ大詰め。今年も年末恒例企画の「誠トレンド格付」を発表します。Business Media 誠の編集部員が注目した(ハマった)トレンドは何だったのでしょうか。(2013/12/27)

ソフトバンク、7月10日にもSprint買収完了へ S&Pが2段階格下げ
ソフトバンクが、7月10日のSprint買収完了を見込んでいると発表した。格付け会社のS&Pは、この買収でソフトバンクの債務が膨らむとして、同社の長期信用格付けを2段階下げて「BB+」とした。(2013/7/9)

経営層が押さえるべきクラウド選択の勘所:
PR:シンクタンクの調査結果で分かった ビジネスで使える「クラウド」の条件
ついに本格的な普及期を迎えたクラウドコンピューティング(以下、クラウド)。一方で、ユーザー企業からは「何を基準に選ぶべきか判断が難しい」といった声も聞かれるようになった。そこで、MM総研では「真のエンタープライズ用途」に適したクラウドサービスを見極めるため、第1回「ビジネスクラウド総合評価調査」を実施した。ここでは、同調査において最高クラスの「AAA(トリプルエー)」の格付けの中で第1位に選ばれたNTTコミュニケーションズの「Bizホスティング」を例に、企業に必要なクラウドの要件について考えてみたい。(2013/3/13)

M2Mネットワークの業界リーダーは「Vodafone」――英調査会社が格付け
調査会社Analysis Masonの調査によると、M2M(Machine to Machine)ネットワークおよび標準化のトップ企業はVodafoneという結果に。(2013/2/26)

自分を相対的に評価しアピールを:
ランサーズ、フリーランスのスキルや実績を格付けする機能を発表
2月20日、ランサーズはフリーランスのスキルや実績を格付けするサービス「ユーザーランク」を開始すると発表した。(2013/2/20)

ビジネステレビ誠:
『さおだけ屋』著者と語る、どうなる? 消費増税――第15回ビジネステレビ誠アーカイブ
毎月1回のネット生放送「ビジネステレビ誠」。12月は「電子書籍ランキング」「オレならこう売る研究所、読者プレゼント発表!」「インターネットと選挙、公職選挙法を考える」「誠トレンド格付2012発表――どうなる? 消費増税」をお届けしました。(2012/12/12)

経済紙一面に載った企業の各付けが分かる――スマホアプリ「今日の一面」
リスク管理情報研究所が、大手経済紙の一面に載った企業の格付けを閲覧できるスマートフォン向けアプリのiPhone版をリリースした。(2012/11/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。