ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年10月16日 17時32分 公開

会話できるAI搭載の盆栽「BonsAI」 仕事の悩みを相談してみたCEATEC JAPAN 2018

AIを搭載した盆栽「BonsAI」(ボンスエーアイ)が「CEATEC JAPAN 2018」で一般向けに初披露された。悩みを相談すると偉人の言葉を引用して応答する。

[村上万純,ITmedia]

 悩みを相談すると、音声で答えてくれるAI(人工知能)搭載の盆栽「BonsAI」(ボンスエーアイ)が、「CEATEC JAPAN 2018」(10月16〜19日、千葉・幕張メッセ)で展示されている。開発したのは総合電子部品メーカーのTDK(東京都港区)で、一般向けには初披露。製品化の予定はないという。

盆栽 AI(人工知能)搭載の盆栽「BonsAI」(ボンスエーアイ)
動画が取得できませんでした

 人間と会話できる自走式のAI搭載盆栽。磁気センサーを内蔵するじょうろ型デバイスを、磁石を内蔵した盆栽の鉢部分に接触させる(盆栽に水をあげる動作をする)と、BonsAIが集音を開始。水をくれたお礼に悩み相談に答えてくれる。

盆栽

 例えば「料理上手になりたい。どうかなボンスエーアイ」と話しかけると、相談内容を仕事、健康、恋愛、人生の4ジャンルで自動分類し、「『率直な意志の相違は、 進歩を示す健全な兆候だ』。ガンジー」などと、内容に応じて偉人の言葉を引用して返答する。

盆栽
盆栽 質問例

 AIはオープンソースのライブラリを使い、独自にカスタマイズした。鉢型デバイスやじょうろ型デバイスには、電子部品開発で培った同社の技術を集約。鉢には走行制御を行う9軸センサーや、音声を拾う小型マイクロフォンモジュール、フィルム型太陽電池などを搭載し、じょうろには角度センサーや触覚フィードバックを実現するアクチュエータなどを採用した。

 「技術を使って未来を引き寄せよう」という同社のプロジェクト「TDK Attracting Tomorrow Project」の一環で開発した。TDK技術・知財本部の佐藤俊弥さん(TDK MAKER DOJO 道場長)は、「人間が自然界と会話できる世界を表現したかった」と話す。

盆栽

 最後にBonsAIに悩みを相談してみた。

 「最近仕事が忙しい。どうかなボンスエーアイ」――そう話しかけると、しばらく思案(実際は自然言語処理をしている)した後「なるほど、確かにそういうことってあるよね。『リーダーは導くが、ボスは強いる』ってセオドア・ルーズベルトが言ってたよ」との返答。なるほど、上司について考えろってことなのかな。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.