ITmedia NEWS >
ニュース
» 2019年02月09日 07時00分 公開

荻窪圭のデジカメレビュープラス:ポケットに入る超望遠、イマドキのコンデジはここまで進化していた(後編) (4/4)

[荻窪圭,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

スマホとの接続はPowershotの方が上だった

 デジカメがスマートフォンに負けているのは撮った写真を見せる機能。インターネットを使って直接送ったり、シェアしたりするわけで、そこはスマートフォンの力を借りなければならないのがデジカメのつらいところだ。

 で、どの機種もスマートフォンとの接続に力を入れているのだが、スマートフォンとの接続はキヤノンの方が強い。

 無線ボタンを持っているし、Bluetoothで常時接続しておけば、撮った写真の自動転送もできるし、カメラの電源がオフになっていてもスマートフォン側からBluetoothを使って起こして、好きな写真だけ引っ張ってこれる。これはなかなか良い。

カメラの電源がオフでもBluetoothでつながっていればスマホからの操作でカメラのWi-Fiを起動し、そこにつないでくれる
後は写真を選んで転送するだけ。いつでも手が空いたときにすぐ転送できるのは便利

 ソニーももちろんWi-Fi転送機能は持っていて、BluetoothやNFCにも対応しているのだが、転送時の操作がやや面倒くさい。

 ただ、どちらも「2M相当に縮小した画像かフルサイズの画像」しか転送できないのは難点。2000万画素の絵を送ると時間かかるし、かといってイマドキ2Mでは小さすぎる。そろそろ4Mサイズでの転送もサポートしてほしい。

強引にまとめてみよう

 さて強引にまとめると、より小さくハイテクっぽいスタイリッシュさではソニーのCyber-shotシリーズが上。特にHX99のファインダー付きやタッチパッドAFはよくて、小さいながらカメラを操ってる感がある。

 逆に見た目は普通だけど、自撮り時の美肌や料理モードがあったり、無線接続関係が充実しているなどうまく時代に合わせているのがキヤノンのPowershotだ。

 どちらも画質面では(特に感度が上がると)、高級コンパクトやデジタル一眼には劣るし、ハイエンドのスマートフォンに比べていいわけじゃないけど、ポケットに入る大きさで超望遠を撮れるというスゴさは捨てがたい。望遠撮影が不要なら手を出す必要はないけど「ポケットに入る超望遠」で、いい写真が撮れたらその場でスマートフォンに転送って使い方に魅力を感じたらいいかも。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.