ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年03月08日 11時51分 公開

Airbnb、ホテル予約サービス「HotelTonight」を買収

年内に上場するとみられる民泊仲介サービスのAirbnbが、ホテル予約サービスのHotelTonightを買収する。Airbnbのサービスで従来より多くのブティックホテルが選択肢として表示されるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米民泊仲介サービスのAirbnbは3月7日(現地時間)、米ホテル予約サービスのHotelTonightを買収することで合意に達したと発表した。買収総額などの詳細は公表されていない。

 HotelTonightは201年創業のカリフォルニア州サンフランシスコに拠点を置く非公開企業。ブティックホテルや独立系ホテルのオンライン予約を簡易化するサービスを提供している。Accel PartnersやBattery Venturesなどが出資していた。ホテルとの契約により、当日夜でも予約可能な部屋を紹介している。

 bnb 1 HotelTonightのサービス

 Airbnbは主に一般の家屋や部屋を使っていない間貸し出すいわゆる民泊サービスを中心に提供しているが、2018年からブティックホテルも選択肢として紹介するようになっている。同社によると、ブティックホテルの予約は1年間で3倍に増えたという。

 bnb 2 Airbnbでもブティックホテルの予約が可能になっている

 HotelTonightは買収完了後も独立したサービスとして運営を続けるが、同社と提携するホテルの情報がAirbnbにも表示されるようになる見込み。これにより、Airbnbでの宿泊先の選択肢が拡大する。

 Airbnbのブライアン・チェスキーCEOは昨年5月、米Recodeのカンファレンスに登壇した際、2019年中に上場する準備ができていると語った

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.