ITmedia NEWS > 製品動向 >
レビュー
» 2019年04月19日 07時00分 公開

構えた姿はまるで銃 職質必至?の細長レンズ「LAOWA 24mm F14 2×」でマクロの世界を激写する (3/3)

[林佑樹,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

 LAOWA 24mm F14 2×MACRO PROBEは、一般用途での出番はあるかといえば、あまりないだろう。想定されているのは昆虫や小動物の撮影なのだが、今回のように水にぬれそうな状況や、身近な物体がフィールドになるのは新鮮で、新しい趣味の道を開くかもしれない。筆者の場合であれば実験機器の奥の方や、容器内の直接撮影に使えそうであり、購入の検討に入っている。

例えば、ものすごくゴチャゴチャしたケーブルの隙間からの絵は面白いかもしれない。写真はNIMSにある「コンビナトリアルスパッタコーティング装置」

 ただ率直に言って、年に数回の出番があるかないかなので、大変迷う。年間使用頻度で迷う人が多そうなのだが、LAOWA製品の代理店であるサイトロンジャパンによるとLAOWA 24mm F14 2×MACRO PROBEの初回入荷分はすべてさばけているそうだ。ユーザーによる作例は今後増えていくと思われるので、本稿で興味を持ったのであれば、写真共有サイトなどでもLAOWA 24mm F14 2×MACRO PROBEをチェックしてみるといいだろう。いろいろな世界が待っているハズだ。そのとき、ティンときたらダイブしてしまっていい。そんなレンズだ。

 なお、サイトロンジャパンは、LAOWA製レンズのレンタルサービスを行っているが、LAOWA 24mm F14 2×MACRO PROBEについてもレンタルを実施するかは未定とのこと。

 答え合わせ。いずれも「TENGA エッグ」内部。そのまま撮影したところ生々しすぎたので、外部から光を入れ、WBを調整してファンシーな感じにした。撮影前に光も透けるし、面白いんじゃないかなと思ったら、ホームランだった。

ライター:林佑樹

ライター・カメラマン。IT/PC/スマートフォン/周辺機器/ゲーム/テクノロジーなどのライティングが多い雑色系ライター。撮影はメカメカしい物体が得意。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.