ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年07月19日 10時22分 公開

Instagram、アカウント削除前に警告し、異議申し立てしやすくする新機能

Instagramがコミュニティガイドライン違反で削除するアカウントに事前警告するようになった。「また違反投稿をしたらあなたのアカウントは削除されます」という警告とともに、過去に違反して削除された投稿が一覧表示される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebook傘下のInstagramは7月18日(現地時間)、コミュニティガイドライン違反で無効にするアカウントに対し、事前に警告する新しい通知プロセスを導入したと発表した。

 Instagramでは親会社のFacebookと同様に、コミュニティガイドライン違反を繰り返すアカウントを無効にしている。これまではユーザーにとっては突然無効になっていたが、どの投稿が違反しているのかが分かるようになり、警告段階で自重し、それ以降ガイドライン違反になるような投稿を自重すれば無効を避けられる。

 「あと1回ガイドラインに違反する投稿をしたら、あなたのアカウントは削除されます」という警告とともに、過去に問題ありとして削除された投稿が一覧表示される。誤って削除されたと考えられる場合は、この画面から直接異議申し立てが可能だ。

 alert

 画面からの異議申し立てが可能なのは、まずはヌードやポルノ、いじめや嫌がらせ、差別的発言、麻薬販売、テロなどに関連するとされた投稿のみ。今後数カ月で対象を拡大していく予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.