ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年09月02日 09時46分 公開

iPhoneエクスプロイトのターゲットはウイグルのイスラム教徒?──TechCrunch報道

Google Project Zeroが解説するiPhoneを狙う無差別攻撃は、新疆(しんきょう)ウイグル自治区のコミュニティを標的とするよう設計された国家(おそらく中国)支援攻撃の一環だと米TechCrunchが情報筋の話として報じた。米ForbesはWindowsおよびAndroidも攻撃されていたと指摘した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleの脆弱性調査プロジェクト「Project Zero」が8月29日(現地時間)に解説したiPhoneを狙ったエクスプロイトのターゲットはウイグル人のイスラム教徒だったと、米TechCrunchが9月1日、この件に詳しい情報筋の話として報じた。

 Googleは、iPhoneでアクセスすると密かに監視プログラムをインストールする複数のWebサイトを発見したと発表したが、具体的なWebサイト名は明らかにしていない。米Forbesによると、GoogleはAppleにはWebサイト名を伝えたという。

 TechCrunchの情報筋は、これらのWebサイトは、中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区のコミュニティを標的とするよう設計された国家(おそらく中国)支援攻撃の一環だと語った。WebサイトはGoogle検索でインデックスされていたため、非ウイグル人でもアクセスした可能性があるという。アクセスすれば、無差別に攻撃を受ける。

 Forbesはまた、これらのWebサイトはiPhoneだけでなく、WindowsおよびAndroid端末ユーザーも攻撃していたという情報筋の話を伝えた。その攻撃方法については不明だ。

 米電子フロンティア財団(EFF)はForbesに対し「これらの攻撃は、ウイグル人に同情し、助けようとする人々をスパイすることを目的としている」と語った。

 中国政府は新疆ウイグル自治区のウイグル人イスラム教徒を弾圧していると報じられている。国連人権理事会(HRC)では7月、中国に対して新疆ウイグル自治区でのイスラム教徒の大量拘禁と人権侵害の停止を求める共同声明(リンク先はPDF)を発表した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.