ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2019年11月20日 16時30分 公開

Anker、スター・ウォーズとコラボ “R2-D2”デザインのモバイルプロジェクターとモバイルバッテリー

アンカー・ジャパンが映画「スター・ウォーズ」とコラボしたモバイルプロジェクターとモバイルバッテリーを発売する。

[山口恵祐,ITmedia]

 アンカー・ジャパンは11月20日、映画「スター・ウォーズ」に登場するロボット「R2-D2」をイメージしたデザインの筒状モバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule ll R2-D2 Edition」を発表した。2020年1月下旬に1138個限定で発売する。価格は7万9800円(税別)。

photo

 同社の「Nebula Capsule ll」をベースに、R2-D2のデザインを採用した限定モデル。本体には固有のシリアルナンバーを刻印し、起動音にR2-D2のボイスを採用するなど、外観だけでなく細部にもこだわったという。ベースモデル同様、OSにAndroid 9.0を搭載し、好みのアプリをWi-Fi経由でインストールして動画配信サービスなどを視聴できる。

photo
photo

 製品パッケージもオリジナルのスター・ウォーズデザインで、本体を収納して持ち運びやすくするシリアルナンバー付きオリジナルトラベルケースが付属する。ちなみに1138という数字は、ジョージ・ルーカス監督のデビュー作にちなんだ数字で、スター・ウォーズ各作品にも登場する、ファンにはなじみのある数字という。

 プロジェクターのスペックは明るさ200ルーメン、解像度1280×720ピクセル。本体にバッテリーを内蔵し、約2.5時間の充電で動画を約3時間視聴できるという(ローカルに保存された動画再生時)。Wi-FiとBluetoothの他、HDMIを使った外部入力にも対応する。サイズは約150(幅)×80(直径)ミリ、重さ約740グラム。

デス・スターデザインのモバイルバッテリーも

 「Anker PowerCore 6700 デス・スター エディション」「Anker PowerCore 6700 ミレニアム・ファルコン エディション」は、劇中に登場する宇宙要塞「デス・スター」と宇宙船「ミレニアム・ファルコン」のデザインを施したモバイルバッテリー。付属ケーブルや本体のLEDもイメージに合わせてそれぞれ赤と青を採用。製品パッケージもオリジナルデザインとした。

photo

 バッテリー容量は6700mAhでiPhone XSを約2.5回、Galaxy S9やXperia XZsなどのAndroidスマートフォンは1.5回以上充電できるという。サイズは約96(幅)×43(奥行き)×23(高さ)ミリ、重さ約125グラム。価格はいずれも3980円(税別)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.