ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年12月17日 06時23分 公開

Instagramに新いじめ対策 コメントに続きキャプションにもAIが警告

プラットフォームでのいじめ対策に注力するInstagramで、投稿に添えるキャプションに問題があるとAIが判断すると警告カードを表示するようになる。7月に問題コメントに警告する機能を追加したところ、効果があった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebook傘下のInstagramは12月16日(現地時間)、新たないじめ対策として、シェアする写真・動画に添えるキャプションに問題があると投稿前に再考を促す警告を表示するようにしたと発表した。

 入力したキャプションが、過去に報告された問題のあるキャプションと似ているとInstagramのAIが判断すると「このキャプションは過去に報告されたキャプションと同じように見えます」と警告し、キャプションを編集するか、この警告についてのさらなる説明を読むか、警告を無視してそのまま投稿するかを選択するカードが表示される。

 instagram いじめキャプションへの警告

 同社は7月、コメント投稿時に警告する機能を追加した。その結果、警告がある程度効果があることが分かったという。

 警告により、いじめを減らせるだけでなく、ユーザーにどういう行為がポリシーや利用規約に違反するのかを教育できるとしている。

 この機能はいくつかの地域でローリングアウトし、数カ月かけて世界に拡大していく見込みだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.