ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年04月02日 10時19分 公開

SlackからのMicrosoft Teamsのビデオ会議への参加が可能に アプリをβ公開

Slack Technologiesが、Slack内からMicrosoft Teamsのビデオ会議の開始・参加を可能にするアプリ「Microsoft Teams Calls」をβ版で公開した。Zoom PhoneやCisco Jabberなどとの統合により、Slack内から電話番号に電話することも可能になった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Slack Technologiesは4月1日(現地時間)、企業向けコラボレーションツール「Slack」から米Microsoftの競合サービス「Microsoft Teams」のビデオ会議に参加するためのアプリ「Microsoft Teams Calls」をβ版で公開した。スチュワート・バターフィールドCEOが3月26日に予告していたものだ。

 slack 1 「Microsoft Teams Calls」

 Slack内から直接Teamsの会議に参加できるわけではない。このアプリをデフォルトの通話プロバイダーに設定すると、SlackからMicrosoft Teamsのビデオ会議を開始したり、開催中のビデオ会議に参加したりできるが、teams.microsoft.comが開くか、既にインストールしてある場合はTeamsアプリが開く。

 slack 2

 既に連携しているOutlookあるいはGoogleのカレンダーからMicrosoft Teamsの会議に参加する機能もある。

 slack 3 SlackのOutlookアプリの通知からTeams会議に参加

 Slackは同日、Microsoft Teamsだけでなく、Zoom Phone、Cisco Jabber、RingCentral、DialpadとのVoIP通話も統合したと発表した。これにより、これらのVoIP通話サービスのユーザーは、Slack内で直接電話番号を呼び出せる。

 Slackによると、新型コロナウイルス感染症がパンデミックと認定された3月の1カ月で、Slack通話とZoom、BlueJeans、Cisco Webex MeetingsなどのSlackアプリの利用率はほぼ350%増加したという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.