ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年06月16日 14時30分 公開

LINE、スタンプを「うれしい」「OK」など感情で探せるように カテゴリー別の表示に対応

LINEが、トーク画面でスタンプを「うれしい」「OK」といった感情ごとに分類するカテゴリー表示に対応した。タブの位置の変更や使用期限を示す印を付けるなど視認性の向上も図ったという。

[谷井将人,ITmedia]

 LINEは6月16日、メッセージアプリ「LINE」のトーク画面で、スタンプを「うれしい」「OK」といった感情ごとに分類するカテゴリー表示に対応したと発表した。まずはAndroid版で提供し、iOS版も近日公開する。

photo

 対応するのはバージョン10.10.0から。スタンプ選択画面で「OK」「ありがとう」「うれしい」「笑う」「好き」「驚き/あせり」などの感情に沿ったカテゴリーを表示し、ユーザーの選択したカテゴリーに適したスタンプを表示する。カテゴリー分けは自動で行う。スタンプを表示する「スタンプキーボード」は、これまでスタンプのセットごとの表示のみ対応していた。

photo

 これまでスタンプキーボードの下に配置していたスタンプのセットを選ぶタブは、スタンプキーボードの上部に移動。使用期限が迫っているスタンプには黄色い印、期限切れのスタンプには赤い印を表示するなど、視認性の向上も図ったという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.